図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 [第2版]

概 要

激変を続けるアパレル業界の動向とカラクリを解説した、業界入門書の第2版です。紡績メーカーや合繊メーカー、テキスタイル業者、縫製メーカー、問屋、百貨店、GMSなどアパレル業界を構成するグループそれぞれの現状や、アパレル業界の市場規模、モノや情報の流れ、日本のアパレル企業のアジアや欧米への進出、ネット販売への進出で売上を拡大する企業、付加価値戦略は「お客さまの目線」の提案力、アパレル業界で成長し続けるための条件、アパレル業界の問題点や将来像など、様変わりするアパレル業界の最新事情とトレンドをわかりやすく図を使って解説しています。アパレル業界で働く業界人、就職や転職を考えている人に役立つ情報が満載です。

著者 岩崎剛幸
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-2204-8
発売日 2009/2/25
判型 A5
色数 2色
ページ数 272
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 アパレル業界の新常識

アパレル業界の概要

1-1 アパレル業界の価値観大転換

1-2 アパレル業界の市場規模

1-3 マクロにマーケットを見る

1-4 アパレル市場のマーケットサイズ

1-5 ベビー・キッズマーケットの新潮流

1-6 アパレル業界のM&Aの実態

1-7 プライベートブランドの広がり

1-8 マイオリジナル需要の拡大

1-9 モバイル通販という新しいチャネル

1-10 ヤングからおとなの時代

1-11 H&M日本進出が与える影響

1-12 ファストファッションブランド

コラム 流れに逆らって泳ぎなさい

第2章 アパレル業界の現状

2-1 アパレル業界の構成メンバー

2-2 繊維素材産業に未来はあるのか

2-3 世界に誇る日本のテキスタイル産業

2-4 服地卸と染色加工業の現状

2-5 服飾資材製造・卸産業の現状

2-6 アパレル卸商の実態と特徴

2-7 総合商社の果たす役割

2-8 総合アパレルメーカーの現状

2-9 問屋のあり方が問われている

2-10 アパレル小売業の実態

コラム 不況期の売れ筋3条件

第3章 アパレル業界の仕組みと仕事

3-1 モノと情報の流れ

3-2 アパレルマーチャンダイジングフロー

3-3 アイデアメイク

3-4 展示会の意義

3-5 マーチャンダイズシミュレーション

3-6 生産管理の本質

3-7 品質管理がなければ商品にはならない

3-8 アパレル流通を支えるロジスティクス

3-9 販売計画とプロモーション戦略

3-10 社長の仕事

3-11 売れるデザイナー・売れないデザイナー

3-12 洋服はパタンナーで決まる

3-13 プロデューサーは現場監督業

3-14 マーチャンダイザーですべてが決まる

3-15 営業のあり方が変わる

3-16 アタッシェ・ドゥ・プレスという地味な仕事

3-17 FAがいなければ売上は作れない

3-18 総務・人事はこれからの花形職種

3-19 スタイリストは体力第一

3-20 売らないバイヤーは木偶のごとし

コラム Googleの人材採用基準

第4章 アパレル業界の流通構造

4-1 チャネル別アパレル販売企業の実態

4-2 百貨店の再生

4-3 GMSの新潮流

4-4 専門店の本質

4-5 セレクトショップの未来

4-6 単なるSPAはもういらない

4-7 カテゴリーキラーの成長性

4-8 アウトレットストアの意義

4-9 ホールセールクラブ

4-10 無店舗販売の可能性

4-11 ショッピングセンター隆盛の理由

4-12 好調を維持するファッションビル

コラム ドバイのSCに学ぶ

第5章 ファッションとマーケティング

5-1 ファッション市場の領域

5-2 レディスウェアの注目市場

5-3 メンズマーケットの可能性

5-4 人口減少化時代のベビー・キッズ業界

5-5 変わるインナーウェアマーケット

5-6 ジーンズ・ユニフォームの二極化

5-7 スポーツウェアが切り開くファッション

5-8 雑貨が主役になる時代

5-9 顧客セグメンテーションの考え方

5-10 グレードテイストマップ

5-11 日本のブランドブームの変遷

5-12 ブランドとは何か

5-13 スーパーブランドの勢力図

5-14 スーパーブランドが作るファッションエリア

5-15 マスメディアとファッション

5-16 音楽とファッション

コラム 世界で初めて百貨店を作った店

第6章 アパレル業界の問題点

6-1 時代に逆行する商慣行

6-2 百貨店の取引改革

6-3 仕入れて売る力の低下

6-4 流通の複雑さがもたらす高コスト構造

6-5 強いブランド育成の遅れ

6-6 男の目・女の目

6-7 改善が急がれるGMSのアパレル

6-8 百貨店の統合、経営改革の実態

6-9 旧来型専門店の弱体化

6-10 国際化への対応

6-11 SPAはすべてを解決する業態か

6-12 中小アパレルの方向性

6-13 異業種との競合激化

コラム 飽きる期間

第7章 アパレル業界の新しい動き

7-1 街を見ると次が読める

7-2 アパレル業界のIT導入

7-3 SCMの現状と問題点

7-4 ブロードバンドが変えるアパレル業界

7-5 インターネット通販ビジネス

7-6 コラボレーションが変えるビジネス

7-7 百貨店の個別対応戦略

7-8 地域と共生できないSCは潰れる

7-9 外資系流通業の参入激化

7-10 インディーズブランド育成の動き

7-11 セレクトショップの新しい動き

7-12 世界トップレベルの合繊開発力

コラム 独自固有の長所

第8章 アパレル業界と人材

8-1 アパレル業界で働くためには

8-2 技術系かビジネス系か

8-3 アパレル業界が求める人材

8-4 アパレル業界に就職するためには

8-5 アパレル業界における起業のあり方

8-6 自分のブランドを立ち上げる方法

8-7 アパレル業界で必要な知識

8-8 アパレル業界とアウトソーシング

コラム スタンス

第9章 アパレル業界の将来像

9-1 お客様の価値観の大転換

9-2 コンセプトだけを売る時代

9-3 所得の8層化現象

9-4 お金持ちから情報持ちの時代

9-5 ストーリーマーケティング

9-6 ファッションの二極化

9-7 繁盛店の成功方程式

9-8 シルバーよりアクティブエルダー

9-9 アパレルの国際化

9-10 流通業態の変遷から新業態を考える

9-11 ネットワークが変えるアパレル流通

9-12 アパレル業界で成長し続けるための条件

コラム トップほどディテールにこだわる

付録 資料編

1 業界団体・関連企業

2 業界専門誌・マスコミ各社

3 ファッション関連専門学校・各種学校

4 主なアパレル関連企業

5 ファッション情報サイト

PR

秀和システム