「金融」のことがスラスラわかる本

概 要

長い年月をかけて構築されてきた金融システムの基礎と歴史を解説した入門書です。サブプライムローン問題をきっかけとした世界的な金融危機が起きていますが、これまでも金融システムは歴史の中で進化し、その過程で恐慌が何度も繰り返されてきました。本書では、経済への影響が大きく、生活に多大な影響を与える金融がどのように確立し発展してきたのか、世界史と日本史両方の観点からわかりすく解説しています。貨幣の誕生から、日本おける金利、金融機関の誕生、世界初のバブル事件、金本位制への復帰、円の誕生、アジア通貨危機、現代金融の世界的フレーム、グローバル金融危機の到来まで金融史がスラスラ読めます!

著者 久保田博幸
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2219-2
発売日 2009/3/19
判型 四六
色数 1色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 古代における金融(世界編)

1 貨幣の誕生

2 金利の起源

第2章 古代における金融(日本編)

1 日本における貨幣と金利

第3章 中世・近世における金融(世界編)

1 金融機関はこうして誕生した

2 世界を結びつけた金と銀

3 三大バブル事件の発生

4 イギリスにおける市場の発達

第4章 中世・近世における金融(日本編)

1 中世日本は金融先進国だった

2 幕府、金融と格闘する

3 デリバティブのルーツは日本にあった

第5章 近代における金融(世界編)

1 金融大国イギリスの誕生

2 アメリカの発展と苦悩

3 二十世紀の金融世界

第6章 近代における金融(日本編)

1 「円」の誕生

2 進む金融の近代化

3 金融の「一等国」へ

4 恐慌と戦争に翻弄される金融

第7章 現代における金融(世界編)

1 現代金融の世界的フレーム

2 ドル基軸通貨体制の亀裂

3 発達する金融技術

4 金融政策と金融危機の連鎖反応

5 世界で続発する金融危機

6 一体化する市場と世界同時危機

第8章 現代における金融(日本編)

1 経済大国へのゼロからの出発

2 危機下の経済と金融

3 こうしてバブルは起こった

4 「失われた一五年」の時代へ

5 金融市場の希望と絶望

6 非常事態の金融環境へ

7 グローバル金融危機の到来

PR

秀和システム