図解入門ビジネス 最新 食料問題の基本とカラクリがよ~くわかる本

概 要

日本と世界の食料自給、農業、畜産、漁業の現状について図解でわかりやすく解説した入門書です。近年では、オーストラリアの大干ばつにより日本でも食品が値上がりしたり、開発途上国の消費拡大やバイオ燃料の需要拡大、異常気象など、食料の6割を海外からの輸入に依存する日本にとって、食料の安定供給を脅かす不安材料が増えています。本書では、日本や世界の農産/畜産/水産需要の動向や展望、米/小麦/トウモロコシ/大豆の生産・供給の仕組み、食料の国際取引、灌漑に関わる土地と農業用水の問題、価格決定の仕組み、食料の安定供給に向けた日本の取り組みなどを徹底解説しました。

著者 及川忠、鈴木宣弘(監)
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2235-2
発売日 2009/4/2
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 深刻化する食料危機

1-1 世界的な食料価格の高騰

1-2 途上国の食料危機

全世界で暴動続発!

1-3 日本の食料自給率は先進国で最も低い

39%の衝撃

1-4 食料の奪い合いで、日本の食料調達に支障が生じている

1-5 北海道洞爺湖サミットでも食料危機が主要課題に

コラム 食料自給率を高める食事法

第2章 食料問題の基礎 食料供給の仕組み

2-1 穀物

米、小麦

2-2 飼料穀物と油糧種子

トウモロコシ、大豆

2-3 バイオ燃料の原料となる穀物

2-4 農産物の生産

2-5 農産物の貿易

2-6 農産物の国際価格と期末在庫率

2-7 魚介類の生産

漁業と養殖業

2-8 魚介類の貿易と国際価格

2-9 漁業規制の現状

2-10 食料自給率ってどうやって計算するの?

コラム 食生活を見直して環境への負担を軽くする

第3章 食料問題の背景 食料危機はこうして生まれた

3-1 世界各地で異常気象が頻発

地球温暖化が世界の食料生産に大きな影響1

3-2 食料生産への影響

地球温暖化が世界の食料生産に大きな影響2

3-3 世界的な人口増加

2050年には92億人

3-4 人口大国・中国、インドの欧米型食生活への移行

3-5 バイオ燃料の生産拡大

穀物の燃料仕向け量の増加

3-6 世界的な健康ブーム

欧米や中国における魚の消費量の増加

コラム 日本の農産物輸出が増えれば自給率が上がる

第4章 世界の農産物需給の現状と将来展望

4-1 世界の農産物需要はどうなっているか

4-2 世界の農産物生産(供給)はどうなっているか

4-3 世界の農産物の価格はどうなっているか

4-4 世界の農産物の需給動向

4-5 小麦・米

世界の農産物の品目別需給動向1

4-6 トウモロコシ・大豆

世界の農産物の品目別需給動向2

4-7 世界の農産物需要の見通し

4-8 世界の農産物生産(供給)の見通し

4-9 世界の農産物の需給・価格の見通し

4-10 世界のバイオ燃料の需給動向

4-11 中国の農産物の需給動向

4-12 中国の農産物需給の見通し

4-13 インドの農産物の需給動向

4-14 インドの農産物の需給見通し

4-15 2018年における世界の農産物の需給見通し

コラム バーチャル・ウォーターとは?

第5章 日本の農産物需給の現状と将来展望

5-1 日本の農産物需要はどうなっているか

5-2 日本の農産物生産(供給)はどうなっているか

5-3 日本の農産物の輸入はどうなっているか

5-4 日本の農産物の備蓄はどうなっているか

5-5 日本の農産物需要の見通し

5-6 日本の農産物生産(供給)の見通し

5-7 日本の農産物の輸入と見通し

5-8 日本の稲作はどうなる

コラム 地球温暖化が日本の農業に与えるインパクト

第6章 世界の畜産物需給の現状と将来展望

6-1 世界の畜産物需要はどうなっているか

6-2 世界の畜産物供給はどうなっているか

6-3 世界の畜産物需要の見通し

6-4 世界の畜産物生産(供給)・価格の見通し

6-5 中国の畜産物の需給動向

6-6 2018年における世界の畜産物の需給見通し

コラム インドの食と宗教

第7章 日本の畜産物需給の現状と将来展望

7-1 日本の畜産物需要はどうなっているか

7-2 日本の畜産物生産はどうなっているか

7-3 日本の畜産物の輸入はどうなっているか

7-4 日本の畜産物需要の見通し

7-5 日本の畜産物供給の見通し

7-6 チーズ、バターの需給動向と見通し

コラム 和牛を世界に売り込め!

第8章 世界の水産物需給の現状と将来展望

8-1 世界の水産物需要はどうなっているか

8-2 世界の水産物生産(供給)はどうなっているか

8-3 世界の水産物需給・価格の見通し

8-4 世界的な水産資源管理の動向

8-5 中国の水産物の需給動向

8-6 インドの水産物の需給動向

コラム 「水産大国」になった中国

第9章 日本の水産物需給の現状と将来展望

9-1 日本の水産物需要はどうなっているか

9-2 日本の水産物生産(供給)はどうなっているか

9-3 日本の水産物の輸入はどうなっているか

9-4 日本の水産物需給の見通し

9-5 クロマグロ規制はどうなる

コラム 魚を食べると頭がよくなる!?

第10章 食料生産に欠かせない水、土地の問題

10-1 世界の水資源の状況と見通し

10-2 世界のかんがい耕地の状況と見通し

10-3 河川からの取水

10-4 地下水からの取水

10-5 農業用ダム

10-6 淡水化施設

コラム イギリスの食料自給率はなぜ回復したか

第11章 日本の農業、畜産業、漁業の現状と将来展望

11-1 日本の農業はだいじょうぶ?

11-2 若手就農者をどう確保する

誰が日本の農業を担うのか1

11-3 外国人研修生が急増

誰が日本の農業を担うのか2

11-4 日本の畜産業はだいじょうぶ?

11-5 日本の漁業はだいじょうぶ?

11-6 家族労働によって営まれる沿岸漁業経営

コラム メタボリック対策でエビの消費量が減っている!?

第12章 食料の安定供給の確保のために 日本の取り組み

12-1 国内の農業資源を有効活用する

12-2 米粉製品の開発・普及

12-3 稲発酵粗飼料、水田における飼料米の生産

12-4 食品廃棄物の飼料化

12-5 先端技術や知的財産を活用した農業

12-6 地球温暖化への対応

12-7 国産バイオ燃料の開発

コラム 遺伝子組み換え技術の光と影

第13章 食料問題への対策

13-1 食料サミットの開催

その成果

13-2 遺伝子組み換え作物

食料増産のキーテクノロジー

13-3 農産物輸出規制の解除

13-4 WTOの多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の早期妥結

コラム 遺伝子組み換え技術をめぐるビジネスの現状

PR

秀和システム