積立による長期国際分散投資で実現する 「いそがない資産運用」のススメ。

概 要

「のんびり、自然体に」無理をしないで資産形成をしたいと考えている、時間のないビジネスパーソン向けの投資入門書です。日本株、海外株、日本債券、海外債券に分散投資をすることでリスクを軽減する長期国際分散投資は、リスクが低く、仕事が忙しく投資に割ける時間のない人向けの投資です。本書は、資産形成プランの考え方、長期投資の実践的な資産運用、金融危機への対処法など、デイトレードのようなマネーゲーム的な投資ではなく、長期的に経済全体のプラスになる投資方法を紹介します。ハッピーリタイヤに向けた準備を考えている人におすすめです。

著者 中野晴啓、田口智隆
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2247-5
発売日 2009/3/26
判型 四六
色数 1色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 長期投資の基本

第1章 なぜ投資が必要なのか?

1「お金持ちになる条件」とは?

普通のサラリーマンでも億万長者になれる!?

「気長にコツコツ」が実を結ぶ

2「ファイナンシャル・インディペンデンス」な人生とは?

働かなくても資産が増える!

3 投資をしないとどうなる?

投資をしないと資産が減る!?

日本人があまり知らないインフレの怖さ

インフレに負けないために必要な利回りは?

第2章 普通のサラリーマンがお金持ちになる4つの条件

1 ハイブリッドワーカーを目指そう

投資なら何でもいいわけではない

専業で投資をすると危険な理由

会社勤めでお金持ちになる「ハイブリッドワーカー」

給与収入の本当の魅力

2 長期投資のススメ

時間を味方に付けるために

人類の最大の発見「複利のパワー」とは?

今すぐ投資を始めるべき理由

3 積立投資のススメ

継続は力なり

「ドルコスト平均法」とは?

4 国際分散投資のススメ

経済の絶好調な国が世界のどこかに存在している

世界の成長を享受する国際分散投資

分散させることの重要性

5 投資信託のススメ

長期積立国際分散投資を手間なく実行するために

今ひとつ日本で投資信託が人気にならない理由とは?

第3章 資産形成プラン作成の基本

1 資産形成の7つのステップ

絶対的なやり方はないが……

2 ファイナンシャルゴールを決める

自分自身に合ったゴールを決めよう

必要なのは「資産形成」か「資産運用」か?

金額より「何をやりたいか」が重要

3 達成までの年数を決める

投資期間が長い方が良い3つの理由

早めのリタイヤを焦らない

4 目標利率を決める

あくまで目安として考える

コストとインフレ率を考慮した目標利率の決め方

「72の法則」を使う

5 毎月の積立金額を決める

積立投資の複利計算はネットを使おう

あなたが毎月無理なく積み立てられる金額は?

6 ポートフォリオを組む

なぜポートフォリオが必要なのか?

株式だけでなく債券にも投資する重要性

株式と債券の比率はどう決める?

日本だけでなく外国へも投資する

7 ポートフォリオに応じて投信を選ぶ

分散投資は投資信託を使うのが現実的

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

アクティブファンドの問題点

インデックスファンドを選ぶ理由

インデックスファンドはどのように選ぶか?

ファンドオブファンズという選択肢

8 年に一度リバランスする

時間とともに勝手にリスクが高まっていく?

リバランスは「予想せず」「機械的に」

リバランスは年に1回程度で十分

第2部 長期投資の実践

第4章 僕の資産運用術

1 長期投資は「放置」が基本

明細すら見ない資産運用術

大切なのは「のんびり、自然体」であること

2 資産バランスについて

リバランスはしなくていい?

難しいポートフォリオ理論は必要ない

3 ファイナンシャル・ゴールについて

「ファイナンシャル・インディペンド」の本当の意味

目安とする利回りは7%程度

なぜ年間7%の運用なのか?

4 毎月の投資金額について

無理に多額の投資をする必要はない

第5章 セゾン投信に込めた思い

1 セゾン投信を作った理由

機関投資家の問題点

既存の業界に馴染まなかったビジネスモデル

直販という販売形態に込めた意味

2 セゾン投信のメッセージ

セゾンが発信する3つのメッセージ

メッセージに共感する仲間を集めたい

3 セゾン投信のポリシー

長期投資だからこだわりたいコスト

儲けようとしないから儲かる運用会社「バンガード」

お金持ちではない普通の人のための会社でありたい

4 セゾン投信の運用する2つのファンドへの思い

なぜこの2つだったのか?

自然体で経済の流れに乗るバランス型ファンド

経済の循環を利用するアクティブファンド

知識がない人のお手伝いをするために

セゾン投信に足りないものはあるか?

第6章 今「長期投資」が大切な理由

1 長期投資の本質的な意味を知ろう

投資教育に本当に大切なものとは?

2 今なぜ長期投資が必要になったのか?

変化した日本の社会構造

成熟した国家の宿命とは?

自立した生き方のために

3「貯蓄から投資へ」の本当の意味とは?

単なるセールス文句ではない

ストップした経済を動かすために

眠れる預貯金が動けば世界が変わる

デイトレードではダメな理由

4 経済は成長し続けるのか?

経済のベースは一人一人の生活

GDPの伸びが加速する理由

グローバリゼーションは止まらない

世界経済の発展の波に乗るために

5 金融危機にどう対処すればいいのか?

今はむしろ買い時?

金融危機の正体とは?

世界中が協力した金融危機対策

相場の下げはしばらく続くが……

僕たちがすべき簡単なこと

品格あるお金の使い方 ~あとがきに代えて~

PR

秀和システム