図解入門ビジネス 最新 知的財産のデューデリがよ~くわかる本

概 要

ブランド、熟練労働者、技術、ノウハウなど、知的財産の獲得を目的としたM&Aを行なう際に対象企業の知的財産を評価する「知財デューデリジェンス」の入門書です。バブル経済の崩壊以後、多くの企業が生き残りをかけて事業の再編に取り組み、その一環としてM&Aによる業界再編が数多く試みられるなかで、知的財産の獲得を主目的としたM&Aを行う事例が増えてきています。本書では、知財デューデリジェンスの概要、主要な監査の観点、M&Aのプロセス、デューデリジェンスの種類、知的財産/知的財産権/産業財産権とは何か、会計基準の共通化の方法、知財の価値評価の種類と方法、契約締結から統合プロセスまで、わかりやすく図解します。

著者 北沢優樹、鈴木公明(編著)
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2278-9
発売日 2009/5/19
判型 A5
色数 2色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 なぜ今、知財デューデリジェンスなのか

1-1 わが国もM&A時代に

1-2 M&Aの目的

1-3 無形資産の時代へ

1-4 知財デューデリジェンスの局面

第2章 知財デューデリジェンスとは何か

2-1 M&Aのプロセス

2-2 デューデリジェンスとは

2-3 デューデリジェンスの観点

2-4 デューデリジェンス前のプロセス

2-5 デューデリジェンスのプロセス

2-6 デューデリジェンスの留意点

2-7 デューデリジェンス後のプロセス

コラム 人事デューデリジェンス

第3章 監査対象としての知的財産

3-1 無形資産、知的資産、知的財産とは

3-2 知的財産権、産業財産権とは

3-3 特許権 技術的資産の法的保護1

3-4 営業秘密 技術的資産の法的保護2

3-5 著作権 コンテンツ資産の法的保護

3-6 商標権 ブランド資産の法的保護

3-7 意匠権 デザイン資産の法的保護

コラム 肖像権、パブリシティー権などにも資産的価値が

3-8 育成者権 品種資産の法的保護

第4章 ビジネスデューデリジェンスと知財

4-1 ビジネスデューデリジェンスとは

4-2 外部環境分析

4-3 内部環境分析

4-4 財務分析

4-5 単体の現状価値算定

4-6 統合に伴うシナジー効果

コラム シナジーと時間を買う

4-7 統合に伴うリスク

第5章 法務デューデリジェンスと知財

5-1 対象知財の特定・確認

5-2 対象知財の存続にかかるリスク

5-3 チェンジ・オブ・コントロール条項の確認

5-4 権利の利用・抵触関係、侵害リスク

5-5 スキームの比較

5-6 善管注意義務と営業秘密

コラム M&Aにおける税務

第6章 財務デューデリジェンスと知財

6-1 収益の源泉としての知財の調査

6-2 キャッシュフロー/ライフサイクル分析

6-3 偶発債務の発生リスクとその影響

6-4 研究開発投資の実績

6-5 シナジー効果の分析

第7章 会計基準の共通化と知財

7-1 会計基準の共通化

7-2 取得原価配分(PPA)

7-3 受け入れた知的資産の計上

7-4 進行中の研究開発の扱い

コラム 知財重視の上場投資信託

7-5 内部創設研究開発の取り扱い

7-6 のれんの計上

7-7 のれんの償却と減損処理

7-8 会計基準共通化の影響

コラム 国際会計基準

第8章 知財の価値評価

8-1 知財デューデリと価値評価

8-2 コスト法

8-3 マーケット法

8-4 残差アプローチ

8-5 インカム法

8-6 DCF法

8-7 ビジネスプランとフリーキャッシュフロー

8-8 キャッシュの時間的価値と予測期間

8-9 加重平均資本コスト(WACC)

8-10 資本資産価格決定モデル(CAPM)

8-11 ルールオブサム(25%ルール、利益三分法)

8-12 リスクを考慮するDCF法

8-13 リスク調整済割引率(RADR)アプローチ

8-14 確実性等価アプローチ

8-15 確率的DCFアプローチ

8-16 DCFベース決定木分析法

8-17 オプション理論ベース法

8-18 バイノミアルモデル

8-19 ブラック・ショールズモデル

第9章 契約締結

9-1 知財関連の契約条項の検討

9-2 表明・保証

9-3 誓約

9-4 補償

コラム ブランド獲得を伴うM&Aと企業価値

9-5 前提条件

コラム 知財デューデリジェンスに対する姿勢

9-6 損害賠償請求権の担保

コラム M&Aと知財部門の将来像

第10章 統合プロセス

10-1 統合時の知財マネジメント

10-2 知財ポートフォリオ・マネジメント

10-3 知財管理組織・管理ポリシー

PR

秀和システム