ポケット図解 病原体と免疫がよ~くわかる本

概 要

病原体と免疫の仕組みを豊富なイラストと写真で解説した入門書です。最近話題になった新型インフルエンザや、三大感染症として知られる結核・エイズ・マラリア寄生虫、抗生物質が効かない薬剤耐性菌、ガンなど、医学の発達した現代でも人類は多くの疾患に脅かされています。そうした疾患から身を守る最後の砦が免疫細胞ですが、その反面、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を引き起す原因でもあります。本書では、免疫をキャラクターに見立て、その役割や働きをやさしく解説。細菌やウイルスから身を守る方法、エイズやガン治療の最新研究、花粉症やアレルギーのメカニズム、免疫力を適度な状態に保つための工夫など、免疫に関するトピックが満載です。

著者 夏緑
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2292-5
発売日 2009/6/11
判型 四六
色数 2色
ページ数 216
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 体の中の小さな大戦争・免疫軍の生体防衛戦

1-1 免疫軍の突撃兵

1-2 突撃白血球兵のエリート・マクロファージ

1-3 免疫軍の華麗なチームプレー

1-4 免疫軍の特殊部隊

1-5 戦場の便利屋・B細胞

1-6 獲得免疫は二度目の侵入を許さない警備網

1-7 病原体との戦法は高等動物ほど高度になる

1-8 どちらが強い? 自然免疫と獲得免疫

1-9 予防接種を何度も打たないといけない理由

1-10 免疫は薬が効かない病原体も殲滅する

1-11 ワンマンアーミー・NK細胞

1-12 単騎の重装スナイパーNK細胞の攻撃戦略

1-13 毛色の違う殺し屋たちの完璧な共同作業

1-14 NK細胞・強さゆえの束縛

1-15 友軍兵の印・MHCという身分証

1-16 自然免疫・好中球と顆粒球の仲間たち

1-17 戦場の炎上・サイトカインストームの恐怖

1-18 炎症のメカニズムと防衛上の利点

1-19 痛みが早める自然治癒

1-20 膿の色いろいろ 化膿菌もいろいろ

1-21 風邪が治りかけると鼻水が黄色くなる

1-22 風邪を引くと熱があるのに寒気がする矛盾

1-23 温める炎症と冷やす炎症

1-24 温める風邪と冷やす風邪

1-25 免疫軍の防衛最前線

1-26 免疫が邪魔をする医学的治療

1-27 免疫軍最大の敵・後天性免疫不全症候群

1-28 免疫軍の援軍養成で難病を治療する

1-29 免疫軍を援護する医療技術

1-30 免疫軍と万能ワクチンの共闘

1-31 免疫兵の記憶が薄れるとき

1-32 免疫軍を効率的に指揮する戦略

1-33 免疫軍、傭兵となる

1-34 ガンをワクチンで予防・治療する

1-35 免疫軍を召喚する薬・インターフェロン

1-36 免疫軍、世界を救う

1-37 免疫軍の前に立ちはだかる新型ウイルス

1-38 新型ウイルスに対して無力な免疫軍

コラム 軍隊と群体はよく似ている

第2章 免疫軍の反乱分子・自己攻撃とアレルギー

2-1 免疫軍の誤爆・アレルギー症状

2-2 花粉症と風邪の見分け方

2-3 免疫軍の自爆・自己免疫疾患

2-4 免疫軍のクーデター・白血病

2-5 免疫軍がはばむ輸血

2-6 免疫軍がはばむ臓器移植

2-7 免疫軍が攻撃しないクローンブタの臓器

2-8 食物アレルギーが起こる原因

2-9 増えるアレルギー

2-10 減るアレルギー

2-11 かゆみの戦犯・肥満細胞兵

2-12 命にかかわるアレルギー

2-13 家庭で襲いかかるアナフィラキシー

2-14 細菌感染に対するアレルギー反応

2-15 寄生虫と免疫軍

2-16 自分の中の異生物・胎児と免疫軍

2-17 免疫軍がはばむ出産・血液型不適合妊娠

2-18 動物にも存在するアレルギー

2-19 主なアレルゲン

2-20 アレルギー物質の少ない作物

2-21 遺伝子組み換え米を食べて花粉症を治す

2-22 遺伝子組み換え作物で増えるアレルゲン

2-23 他人にうつされた風邪が重症化する理由

2-24 金属アレルギーはなぜ起こるのか

2-25 太陽の光がアレルギーを起こす

2-26 運動で起こるアナフィラキシー・ショック

2-27 医療に役立つアレルギー・ツベルクリン

2-28 免疫軍の流れ弾が悪化させる結核

2-29 アレルゲンは少量でも重篤な症状を起こす

2-30 アレルゲンが無くてもかゆいアトピー

2-31 自軍の赤血球を攻撃・破壊する免疫軍

2-32 免疫軍が自分の細胞を破壊する病気

2-33 免疫軍がスイッチを壊すバセドウ病

2-34 アレルギーと液性免疫・細胞性免疫の関係

2-35 様々なアレルギーの分類

コラム 「免疫」の語源と歴史

第3章 強すぎず弱すぎず・免疫軍を完全制御する方法

3-1 免疫軍の有利になる戦局

3-2 免疫軍に投下すべき救援物資

3-3 免疫軍・偽りの救援物資

3-4 「子供は風の子」で免疫力は上がるか

3-5 ペットを飼うとアレルギー予防になる?

3-6 納豆菌と乳酸菌でアレルギーの体質改善

3-7 アトピーを軽減するステロイドと漢方薬

3-8 アトピー性皮膚炎の治療法

3-9 抗炎症薬と上手に付き合う

3-10 喫煙が下げる免疫軍の活性

3-11 免疫を利用した新しい結核検査方法

3-12 パンデミックから日本を守る検疫防衛線

3-13 人間から動物に感染する結核菌

3-14 免疫軍の衰退が結核を復活させる

3-15 病原体を防ぐ免疫軍のパワーアップ

3-16 免疫兵の数を増やす食事

3-17 ワクチン未接種層を脅かすはしかと百日咳

3-18 地球温暖化で復活するマラリア

3-19 免疫軍の誤算・ワクチンがエイズの原因?

3-20 エイズを防ぐT細胞でエイズを軽減する

3-21 免疫軍を抑えて血液型不適合妊娠を予防

3-22 免疫が弱るとウイルスが目を覚ます

3-23 「病は気から」のメカニズム

コラム 免疫軍が戦うべき強敵たち

PR

秀和システム