オープンソース徹底活用 Zend Frameworkによる Webアプリケーション開発

概 要

PHPの本家(Zend Technologies)が開発したMVCアーキテクチャーの標準的フレームワーク『Zend Framework』の導入から重要機能の使い方までを紹介した入門書です。PHPによるWebアプリケーションの開発においてフレームワークへの期待は年々高まっていますが、中でもZend Frameworkはその機能の豊富さ、信頼性の高さなどで最も注目されています。本書では、膨大なZend Frameworkの機能の中からMVCに関する機能を中心に、ユーザ認証、セッション管理、クッキー管理、メール送信、多言語対応、PDF生成、Ajaxライブラリ連携など、Web開発における重要機能をピックアップして解説しました。付属のCD-ROMにはZend Framework、XAMPP、さざなみフォントのほか、サンプルソースも収録(Windows XP/Vista推奨)。

著者 掌田津耶乃
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2297-0
発売日 2009/6/23
判型 B5変
色数 1色
ページ数 432
CD/DVD Windows
対象読者 中級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 フレームワークとZend Framework

1-1 フレームワークとZend Framework

■なぜ、PHPではまずいのか?

■なぜ、フレームワークなのか?

■MVCアーキテクチャーとは?

■フレームワークというご主人様

■Zend Frameworkとは?

1-2 Zend Frameworkの準備

■サーバー環境とPHPについて

■XAMPPのインストール

■Zend Frameworkを入手する

■プログラムのインストール

■Zend Frameworkのファイル構成

■1.8のzfコマンドについて

Chapter 2 コントローラーとビュー

2-1 MVCアプリケーションの基本を理解する

■Webアプリケーションの構成

■.htaccessの作成

■フロントコントローラーについて

■index.phpの作成

■コントローラーを作る

■コントローラーの定義

■モジュールについて

■ビューを使わないで表示する

■コントローラーからビューへ値を渡す

■フォームの送信

■POSTで送信する

■サニタイズについて

2-2 レイアウトの作成

■Zend_Layoutによるレイアウト

■レイアウトのスクリプト

■テンプレートの機能

■スタイルシートの作成

■ヘッダー、フッターの作成

■コンテンツの作成

■レイアウト用の設定を行う

■Zend_Layoutを使う

■initメソッドの働き

■iniファイルによる設定

■XMLファイルによる設定

2-3 MVCを使わないビューとレイアウト

■Zend_Viewを単体で使う

■PHPスクリプトファイルの作成

■ビュースクリプトの作成

■Zend_Layoutを単体で使う

■レイアウトスクリプトの作成

■レイアウトを使ったPHPスクリプトの作成

■Zend_Layoutの利用手順

■設定ファイル(XML)の利用

■PHPスクリプトの修正

■nomvc-layout.phtmlの修正

2-4 パーシャルとプレースホルダ

■ビューの便利な機能〔1〕パーシャルによる部品化

■サンプル・パーシャルの作成

■パーシャルに値を渡す

■パーシャルを繰り返す

■ビューの便利な機能〔2〕プレースホルダによる値の受け渡し

■配列の要素をまとめて出力する

■プレースホルダの値を整形する

■キャプチャーによるプレースホルダ

■プレースホルダの実装例

2-5 例外処理

■例外はどこで処理するか

■コントローラーでの例外対応

■例外に関する情報を取り出す

■エラー表示ビューの用意

■ErrorControllerの作成

■例外を発生させる

Chapter 3 モデルとデータベース

3-1 データベース利用の基本

■モデルとZend_Db

■データベースについて

■php.iniの修正

■作成するデータベースの基本設計

■SQLite3の準備

■addressbookモジュール

■レイアウト関係の準備

■コントローラーを作成する

■データベース接続の流れ

■データベースからレコードを取得する

■index.phtmlの作成

■データベース設定をXMLファイルに切り離す

■MySQLを利用する

■設定ファイルの修正

3-2 データベースアクセス

■レコードの新規追加

■コントローラーの処理

■レコードの編集・更新

■コントローラーの作成

■更新処理の流れ

■レコードの削除

■コントローラーの作成

■検索を行う

■コントローラーの作成

3-3 データベースを使いこなす

■クエリーを直接実行するには?

■フェッチ・モードについて

■その他のデータベースアクセス・メソッド

■選択したIDのレコードを表示する

■findActionメソッドの作成

■Zend_Db_Statementによるステートメント

■ステートメントによるレコード取得

■Zend_Db_Statementの実行メソッド

3-4 テーブルの連携処理

■複数テーブルの結合

■Scheduleテーブルの作成

■INNER JOINによるレコード一覧の表示

■コントローラーの作成

■LEFT JOINとRIGHT JOIN

■レコードの追加

■コントローラーの作成

■addressbookを参照するscheduleの取得

■コントローラーの作成

3-5 Zend_Db_Selectを使いこなす

■Zend_Db_Selectを更に考える

■ORDER BYによるソート

■LIMITによる表示項目数の指定

■表示されるレコードの場所を指定する

■limitPageによるページ分け

■WHEREの複数条件設定

■columnsによる取得フィールドの設定

■addressから名前とメールアドレスだけ表示する

■GROUP BYによるまとめ

■WHEREとHAVING

■Zend_Db_Selectの実行クエリーについて

Chapter 4 MVCの基本機能をより深く理解する

4-1 Zend_Db_Tableによるテーブルの利用

■モデルとZend_Db_Table

■Zend_Db_Tableの基本形

■Zend_Db_Tableを作成する

■コントローラーからAddressbookを使う

■fetchAllを作成する

■XMLファイルから設定を読み込む

■Addressbookを拡張する

■Addressbookのメソッド利用例

■Zend_Db_TableでのJOIN

4-2 Zend_Db_Table_Rowによるレコード操作

■Zend_Db_Table_Rowの利用

■Zend_Db_Table_Rowによる新規レコード作成

■addActionの修正

■Zend_Db_Table_Rowによるレコード修正

■editActionの修正

■Zend_Db_Table_Rowによるレコード削除

■delActionの修正

■Zend_Db_Table_Rowを独自に作る

■Zend_Db_TableにZend_Db_Table_Rowを設定する

■AddressbookRowによるレコード表示

■Zend_Db_Table_Rowsetについて

■AddressbookRowsetの作成

■AddressbookRowsetを使ってindexを表示する

4-3 Zend_Formによるフォーム

■Zend_Formによるフォームの作成

■addフォームの作成

■Zend_Form利用の流れ

■パーシャルで切り分けるには?

■どこにZend_Formを用意すべきか?

■タグの属性を設定する

■Zend_Form_Elementによるエレメント作成

■コントロール関係のクラスについて

■複数コントロールを生成するクラス

■設定ファイルからZend_Formを生成する

■ビューでのコントロール生成

■コントロール生成メソッド

4-4 Zend_ValidateとZend_Filter

■Zend_Validate(バリデーション)とZend_Filter(フィルター)の基本

■Zend_Validateを使ったaddフォーム

■バリデーションクラスを利用する

■バリデーション処理の流れ

■エラーメッセージを利用する

■エラーメッセージの日本語化

■Zend_Validateで直接設定する

■主なバリデーションクラス

■Zend_Filterによるフィルター処理

■Zend_Filterから直接利用する

■主なフィルタークラス

4-5 Zend_Formとフィルター・バリデーション

■Zend_Formでの使用

■バリデーションとフィルター処理の流れ

■エラーメッセージの設定

■Zend_Filter_Inputを使った方法

■コントローラーの修正

4-6 ページネーション

■データベースとページネーション

■indexアクションのページネーション表示

■コントローラーの処理の用意

■ページ移動のリンクを作る

■ページ番号によるリンク

■スクロール形式の違い

Chapter 5 Webアプリケーションを強化するための機能

5-1 Zend_Authと認証

■Zend_Authとアダプタークラス

■Zend_Auth_Adapterクラスの作成

■配列でデータ管理する認証アダプタークラス

■認証処理の流れ

■ログインページのビューを作成する

■コントローラーの修正

■ログインチェックの流れ

■indexを認証対応にする

■Zend_Auth_Adapter_DbTableによる認証

■コントローラーを作成する

5-2 アクセス制御リストとZend_Acl

■アクセス制御とは?

■Zend_Aclを使う

■Zend_Acl作成の流れ

■設定ファイルを使ったACLの設計

■設定ファイルを利用したACLクラスの作成

■データベースを使ったACLクラスの作成

■TableAclクラスの作成

5-3 ロケールと国際化

■ロケールとZend_Locale

■日時の情報とZend_Date

■日本語と英語を切り替えて日時を表示する

■言語名を自動翻訳する

■Zend_Translateによる翻訳

■配列を使った翻訳テキスト管理

■Zend_Translateによる翻訳の流れ

■TMXファイルの利用

■TMXから翻訳データを読み込む

5-4 Zend_Mailによるメール送信

■mailとZend_Mail

■Zend_Mailでメールを送信する

■コントローラーの作成

■メール送信の流れ

■HTMLメールを送信するには?

■添付ファイルの送信

■ファイルアップロードのビュー

■コントローラーの修正

■ファイルのアップロードから送信までの流れ

■メールデータを読み込む

■Zend_Mail_Storageの基本

Chapter 6 その他のライブラリについて

6-1 セッションとZend_Session

■セッションと名前空間

■セッションに言語情報を保管する

■名前空間のロック

■有効期限の設定

6-2 PDFドキュメント

■PDFファイル生成とZend_Pdf

■簡単なテキストを表示するPDFを作る

■コントローラーの作成

■Zend_Pdf利用の基本処理

■フォントファイルを使用する

■さざなみフォントを使った描画

■図形描画の基本設定

■図形の描画メソッド

■塗りつぶしの種類について

■図形描画を使ってみる

■図形の透過

■イメージの描画

■クリッピング領域

■クリッピングのためのメソッド

■座標変換について

■scale、translate、skewが動かない問題

■座標軸変換を行う

■座標軸の保存と復帰

6-3 その他のフレームワーク機能

■Zend_Cacheによるキャッシュ

■addressbookのindexの表示

■indexのデータベースアクセスをキャッシュする

■キャッシュ利用の仕組み

■キャッシュファイルについて

■キャッシュの更新

■ページのキャッシュ

■Outputキャッシュの仕組み

■ログ出力とZend_Log

Chapter 7 Ajaxライブラリとの連携

7-1 Zend_Dojoの基本

■AjaxとDojo Toolkit

■Dojoでスクリプトを動かす

■ビューでDojoを利用する

■Dojo利用の基本的な仕組み

■<div>タグで結果を表示させる

■サーバーに非同期通信する

7-2 Dijitウィジェットの基本

■Dojoウィジェットの組み込み

■Zend_Dojo_Formとエレメント

■ビュー側でのフォームの実装

■Dijitウィジェットについて

■Editorウィジェットについて

■Editorのテキストを利用する

■プラグインによるEditorの強化

■dijit_Calendarによるカレンダー表示

■スライダーの表示

7-3 より高度なGUI表現

■レイアウト・コンテナ

■JSONを使ったツリー表示

■Treeの作成

■AjaxでJSONデータを送信する

■その他のAjax機能

PR

秀和システム