図解入門ビジネス QC七つ道具がよ~くわかる本

概 要

QC(Quality Control)の七つの手法を豊富な図版を使って解説した入門書です。QC七つ道具とは、パレート図、特性要因図、ヒストグラム、グラフ、チェックシート、散布図、管理図の七つを指します。それぞれの手法の特徴を理解し、知りたいことに見合った手法を活用することで、問題を見えるかたちにし、問題解決の方向性を示唆してくれます。本書ではQC七つ道具の特徴と活用法、データの必要性と解析手法、QC的問題解決の進め方、「管理」と「改善」の考え方等を図解と例題で解説。なかなか成果が出ない事例などの問題を見える化し、職場や現場の改善のためのテクニックがわかります!

著者 今里健一郎
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2310-6
発売日 2009/7/16
判型 A5
色数 2色
ページ数 196
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

QC七つ道具の活用

1-1 問題の見える化

1-2 QC七つ道具とは

1-3 データの必要性と取り方

1-4 活用手法の選択

1-5 データの層別

1-6 QC手法活用上の留意点

1-7 手法活用の目的

問題解決あれこれ十カ条 第一条 会合は、参加者の技術を最大公約数にする

パレート図

2-1 重要問題を引き出すパレート図

2-2 パレート図の書き方

2-3 パレート図からわかること

2-4 層別の重要性

2-5 特性値の重要性

2-6 パレート図活用上の留意点

2-7 パレート図による効果の確認

問題解決あれこれ十カ条 第二条 見えないものにうまいものあり、掘り起こしてみませんか

特性要因図

3-1 原因を探す特性要因図

3-2 問題を生み出す仕事の4M

3-3 特性要因図の書き方

3-4 要因の洗い出し

3-5 特性要因図の効用

3-6 重要要因の検証

3-7 最適値検討への展開

問題解決あれこれ十カ条 第三条 テーマを決めたら、やることが見えてきた! でも

ヒストグラム

4-1 ばらつきを知るヒストグラム

4-2 度数表の作成

4-3 ヒストグラムの書き方

4-4 ヒストグラムの見方

4-5 基準との比較

4-6 平均値と標準偏差の計算

4-7 工程能力指数

問題解決あれこれ十カ条 第四条 データを解析していませんか、目的から解析してみては

グラフ

5-1 全体の姿がわかるグラフ

5-2 グラフの種類

5-3 折れ線グラフ

5-4 棒グラフ

5-5 円グラフと帯グラフ

5-6 レーダーチャート

5-7 グラフのビジュアル表現

問題解決あれこれ十カ条 第五条 手法は使うもの、使われるものではない

チェックシート

6-1 漏れをなくすチェックシート

6-2 チェックシートの作り方

6-3 管理用のためのチェックシート

6-4 記録用のためのチェックシート

6-5 調査用のためのチェックシート

6-6 絵形式チェックシート

6-7 図に記入するチェックシート

問題解決あれこれ十カ条 第六条 目標値は数値で決めた方が、誤解が生じない

散布図

7-1 二つの特性の関係がわかる散布図

7-2 散布図の書き方

7-3 散布図の見方

7-4 散布図活用上の留意点

7-5 相関係数の計算

7-6 回帰直線

7-7 重回帰分析への展開

問題解決あれこれ十カ条 第七条 特性要因図 行き詰まれば、日を改めてもう一段下へ

管理図

8-1 異常に気づく管理図

8-2 管理図の仕組み

8-3 管理図の種類

8-4 X ̄-R管理図のデータシート

8-5 X ̄-R管理図の管理限界の計算

8-6 X ̄-R管理図の書き方

8-7 管理図の見方

問題解決あれこれ十カ条 第八条 アイデアに行き詰まったら、1目的2手段で展開してみよう

QC的問題解決法の進め方

9-1 QC的問題解決法の実施手順

9-2 テーマの選定

9-3 現状の把握

9-4 目標の設定

9-5 要因の解析

9-6 対策の立案と実施

9-7 効果の確認と標準化

問題解決あれこれ十カ条 第九条 見せかけの効果にだまされないように、何がよくなったのか

管理と改善の考え方

10-1 維持活動と改善活動

10-2 日常管理と方針管理

10-3 日常管理の対象となる業務区分

10-4 管理尺度と管理水準

10-5 結果系管理項目と要因系管理項目

10-6 重点指向による改善活動

10-7 標準化と管理の定着

問題解決あれこれ十カ条 第十条 使いにくいマニュアルなら作らない方がいい

QC七つ道具の演習問題

演習-1 不具合発生の状況をグラフに書いてみましょう

演習-2 不具合を層別してパレート図を書いてみましょう

演習-3 寸法の管理図を書いてみましょう

演習-4 寸法のヒストグラムを書いてみましょう

演習-5 平均値と標準偏差を計算してみましょう

演習-6 寸法と作業時間の散布図を書いてみましょう

演習-7 相関係数を計算してみましょう

演習の解答

PR

秀和システム