図解入門ビジネス 国際金融の基本と仕組みがよ~くわかる本

概 要

初学者向けに、国際金融を理解する上で基本となる事項を厳選し、図版と写真でわかりやすく解説した入門書です。米国のサブプライム・ローン問題を起点とする信用不安が、世界の金融市場を直撃し、グローバル化した世界経済が危機に瀕しているいま、ビジネスパーソンはもとより、すべての社会人にとって国際金融への理解は必須です。本書では、国際収支の決定や為替レートの仕組み、通貨危機発生のメカニズムや国際通貨制度の歴史、また国際金融の最新動向などもふんだんに盛り込みました。グローバル金融ビジネスのダイナミズムがまるごとわかる一冊です!

著者 宮﨑哲也
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2311-3
発売日 2009/6/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 200
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 そもそも「国際金融」って何?

1-1 国際金融をカンタンに説明すると?

1-2 国内金融と国際金融の違い

1-3 国際金融市場の役割

1-4 なぜ、いま国際金融が注目されるのか?

1-5 日本の金融界におけるグローバル化の影響

コラム1ドル=360円となったウラには

第2章 国際金融のキープレイヤーは誰だ?

2-1 銀行

2-2 輸出入企業

2-3 旅行者

2-4 中央銀行

2-5 IMF

2-6 国際決済銀行と世界銀行

2-7 機関投資家

2-8 ヘッジファンドと為替ブローカー

コラムストレステストって何?

第3章 国際通貨制度の基本を押さえておこう!

3-1 国際通貨制度の変遷

3-2 金本位制と国際金本位制

3-3 国際金為替本位制

3-4 ブレトンウッズ体制

コラムIMF体制改革の動き

3-5 ニクソン・ショックとスミソニアン協定

3-6 固定相場制から変動相場制へ

3-7 プラザ合意とその後の世界金融秩序

3-8 先進国蔵相・中央銀行総裁会議

3-9 通貨統合の理論とユーロの誕生

コラムG7の「G」は何の略?

外国為替市場の仕組みを知っておこう!

4-1 外国為替市場の意義と必要性とは?

4-2 外国為替市場はどこにある?

4-3 インターバンク市場と対顧客市場

4-4 為替相場って何?(まず円高と円安を理解しよう)

4-5 為替相場はどうやって決まるの?

4-6 為替相場とビッグマック(購買力平価)

4-7 為替相場の決定理論(金利平価説)

4-8 フロー・アプローチとアセット・アプローチ

4-9 為替相場あれこれ(スポット、フォワード、クロス、実質)

4-10 裁定取引の実際

4-11 貿易と為替相場の関係

4-12 為替相場とJカーブ効果

4-13 為替市場と株式市場の関係

4-14 為替市場と債券市場の関係

4-15 いまはやりの利殖法、FXって何?

コラム円キャリートレードって何?

4-16 金融・為替リスクとその回避法

コラムグリーンバック、キーウィって何のこと?

4-17 通貨オプション、通貨スワップ、通貨先物

コラムレパトリって何?

第5章 国際収支の構造をスッキリ整理しよう!

5-1 国際収支の概念と国際収支表

5-2 国際収支の構成

5-3 経常収支

5-4 所得収支

5-5 経常移転収支

5-6 資本収支

5-7 投資収支(直接投資と間接投資)

5-8 国際資本移動

コラム対日直接投資減少には裏の理由がある!?

第6章 いつ起きてもおかしくない? 国際的な通貨危機

6-1 通貨危機発生のメカニズム

6-2 通貨危機伝播の法則

6-3 1980年代の通貨危機

6-4 ERM通貨危機

6-5 アジア通貨危機(「東アジアの奇跡」が崩壊した理由)

コラムサブプライム問題とドル暴落の危機

転換期を迎える国際金融

7-1 BRICs(台頭する新興国市場1)

7-2 ネクスト11(台頭する新興国市場2

7-3 デカップリング論とその限界

7-4 SWF(政府系ファンド)の台頭

7-5 ダントツ1位の中国の外貨準備高

7-6 イスラム金融の概要と台頭の背景

7-7 イスラム金融の起源と動向

7-8 ODAの今

7-10 金融政策における国際的協調の時代

コラム日、米、欧、中の国際収支の特徴とは?

PR

秀和システム