基本情報技術者試験 図解でわかるアルゴリズムの基本と仕組み

概 要

基本情報技術者試験の必須問題にして最大の難所である「アルゴリズム」の仕組みや表記法を図解でやさしく解説した入門書です。一見複雑な処理の流れに見えるアルゴリズムも、実際には単純なアルゴリズムが組み合わさったものにすぎません。本書では、小さくて単純なアルゴリズムの解説から始め、複雑なアルゴリズムへとステップアップしながら学習を進めます。また、アルゴリズム学習に欠かせない変数やデータ構造、配列、リストなどのデータ構造や、アルゴリズムの信頼性、計算量の検証方法についても学習します。理解の難しいところは図解でやさしく解説しているので、試験対策はもちろん、スキルアップにも役立ちます。

著者 杉浦賢
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2335-9
発売日 2009/7/30
判型 A5
色数 2色
ページ数 216
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 資格試験
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 アルゴリズムの基礎

1-1 「プログラム」とは

1-2 アルゴリズムとは

コラム スパゲティプログラム1

1-3 アルゴリズムを記述する方法

第2章 擬似言語と構造化プログラミング

2-1 擬似言語とは

2-2 擬似言語の記述形式

2-3 擬似言語の構造

2-4 構造化プログラミングとは

2-5 構造化のためのルール

第3章 変数とデータ構造

3-1 データ型と変数名─変数の基本1

3-2 代入と参照─変数の基本2

コラム スパゲティプログラム2

3-3 配列─データ構造の基本1

コラム 多次元配列を一次元配列で表す

3-4 リスト─データ構造の基本2

3-5 変数と配列の実装

3-6 副プログラム(手続き)の定義─構造化プログラミング1

3-7 段階的詳細化─構造化プログラミング2

第4章 簡単なアルゴリズム

4-1 合計値を求める(合計処理)

4-2 データの個数を求める(件数カウント)

4-3 平均値を求める(平均算出)

コラム C言語に出会うまで

4-4 最大値を求める

4-5 最小値を求める

第5章 番人を使ったアルゴリズム

5-1 文字列の長さを調べる

5-2 ある値より大きい(小さい)要素の検索

コラム ヘッダファイルの活用術

5-3 共通要素の検索

第6章 ソートのアルゴリズム

6-1 単純選択法

6-2 バブルソート(単純交換法)

6-3 単純挿入法

コラム ブロックを表す大括弧{ }をどこに記述するか

6-4 シェルソート

第7章 探索アルゴリズム

7-1 線形探索(リニアサーチ)

7-2 二分探索(バイナリサーチ)1

7-3 二分探索(バイナリサーチ)2

7-4 文字列の照合

第8章 再帰を利用したアルゴリズム

8-1 再帰とは

コラム 時代はC++、そしてJavaへ

8-2 最大公約数を求める

8-3 階乗を求める

8-4 クイックソート

第9章 その他のアルゴリズム

9-1 3ステップで実行する─単一ファイルの処理1

9-2 表形式でデータを管理する─単一ファイルの処理2

コラム ファイルリソースの解放忘れに注意

9-3 複数ファイルの処理(ファイルのマージ)

9-4 ニュートン法

9-5 台形法

9-6 図形に関するアルゴリズム

9-7 ダイクストラ法の考え方─グラフに関するアルゴリズム1

9-8 ダイクストラ法のアルゴリズム─グラフに関するアルゴリズム2

第10章 アルゴリズムの評価

10-1 計算量の求め方─計算量の評価1

コラム プロファイラを活用しよう

10-2 アルゴリズムの計算量を求める─計算量の評価2

10-3 正当性の評価

PR

秀和システム