図解入門業界研究 最新 旅行業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版]

概 要

2005年の旅行業法及び約款の大幅改正を受け、大きく変貌した旅行業界の最新動向をわかりやすく解説した業界入門書です。来日旅行者数の急増を受けて2008年には観光庁が設置されるなど、日本は観光立国への歩みを本格化しようとしています。本書は、急激に変化しつつある旅行業界、ツーリズム産業の現状と未来を豊富な図解とデータで詳細に解説します。旅行会社の仕事と収益の仕組み、企画旅行へのシフト、インターネットを使った集客モデル、新型インフルエンザの影響など、業界の最新のトピックも紹介。巻末には「総合旅行業務取扱管理者試験」の出題例や業界用語集、関連団体、関連資格などをまとめた資料集付きです。業界人のみならず、旅行・観光関連業界に就職、転職などを考えている読者にもおすすめします。

著者 中村恵二
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2337-3
発売日 2009/7/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 旅行業界の現在(いま)を知る

1-1 新型インフルエンザによる影響

1-2 円高と燃油サーチャージ

1-3 老後の不安と景気・雇用の不安

1-4 アウトバウンドとインバウンド

1-5 国内旅行の動向

1-6 旅行消費額の動向

1-7 日本経済への貢献度

1-8 世界のツーリズム産業と比較して

1-9 観光立国推進基本法

1-10 観光庁の設置

1-11 地域活性化と旅行業法の改正

1-12 ニューツーリズムの創出と流通の促進

1-13 IT化とシニア市場、富裕層

第2章 旅行業の全体像を知る

2-1 アゴ、アシ、マクラ、旅の三要素

2-2 旅行商品の特性

2-3 旅行商品の種別

2-4 旅行会社の機能

2-5 標準旅行業約款

コラム よくある旅行会社とのトラブル

2-6 企画旅行と手配旅行

2-7 流通の仕組み

2-8 専門業務に特化した旅行会社

2-9 業者登録

2-10 旅行会社の種類(業態別の分類)

2-11 旅行会社の種類(資本系列からの分類)

第3章 旅行会社の仕事と仕組み

3-1 旅行会社の仕事と内訳

3-2 旅行会社の営業形態

3-3 添乗業務と現地受け入れ業務

コラム 漫画やドラマに登場する旅行添乗員達

3-4 企画旅行ができるまで

3-5 企画旅行商品の骨組み

3-6 仕入れと予約の方法

3-7 仕入れと手配、予約のカラクリ

3-8 格安航空券とツアー企画のカラクリ

3-9 旅行業が必要とする知識、技能、資格①

3-10 旅行業が必要とする知識、技能、資格②

3-11 旅行業のアウトソーシング

3-12 就職希望が多い旅行業界

コラム 大学も観光ブーム!観光関連学部・学科の増加

第4章 旅行業の現在を知る

4-1 旅行業のこれまでを振り返る

4-2 旅行業界の現状

4-3 主要旅行業者の動向

4-4 旅行会社の経営状況

4-5 増加を続ける旅行会社の倒産

4-6 大手旅行会社のねらい

4-7 JTBの最新動向

4-8 JTBグループの姿

4-9 近畿日本ツーリスト(KNT)の最新動向

4-10 KNTグループの新中期ビジョン

4-11 日本旅行の最新動向

4-12 日本旅行グループの動向

4-13 阪急交通社の最新動向

4-14 HISの最新動向

4-15 トップツアーの最新動向

4-16 クラブツーリズムの最新動向

4-17 中堅旅行会社の動向

4-18 ホールセラー会社の動向

コラム 旅行も健康志向

第5章 インターネット時代の旅行業

5-1 急速に拡大するインターネット利用者

5-2 五万を超える旅行サイト

5-3 インターネット利用者による評価と不安

5-4 社内向けから一般へ旅行サイト急成長の歩み

5-5 サプライヤーによるネット利用

5-6 既存旅行会社のネット利用動向

5-7 楽天トラベルの最近の動向

5-8 楽天トラベルを追うヤフーとリクルートの動向

5-9 新しい旅行サイトの動向

コラム 新富裕層向け旅行商品

第6章 旅行需要と旅行業の役割

6-1 団塊世代を取り込む

6-2 きめ細かい旅行ニーズへの対応

6-3 新しいツーリズム

6-4 動き出した宇宙旅行

6-5 富裕層向け旅行商品

6-6 JATA2000万人プロジェクトの取り組み

コラム 日本国際ツーリズム殿堂

6-7 企業、法人、自治体向けサービスの展開

コラム 世界遺産の観光への活用

最終日(結びに)

PR

秀和システム