キャラクター設計教室

概 要

ライトノベル作家の養成に定評のあるWebサイト「ライトノベル研究所」による、うけるキャラ、動かしやすいキャラを書店や作家の目線から徹底解析したライトノベル作家志望者のための入門書です。ライトノベルはキャラクター小説ともいわれ、純文学や他のエンターテイメント小説よりもキャラクター作りが重視されるジャンルです。本書では、ライトノベルにおいて最も大切なファクターであるキャラクターを魅力的にする方法から、オリジナリティをだす方法、キャラマップの描き方などキャラクター設計のノウハウをやさしく解説しています。また、さまざまなライトノベルやマンガのキャラクターを例に、具体的なキャラクター設計についても紹介しています。巻末にはキャラクター用語集を収録。

著者 ライトノベル作法研究所
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2339-7
発売日 2009/8/20
判型 A5
色数 1色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 書店員から見たラノベ業界の「現状」と「生き残り策」

キャラクターを作る前に ~昨今の状況~

『売れる』とは、どういうことか?

その他の問題

売り手として

作り手として

来たれ新人! ~新人賞の現在~

理論上、新人賞を受賞する方法

テーマの重要性

物語における『三要素』

キャラクターについて

キャラクターを動かすということについて

舞台設定について

作品と客層

キャラクターに魅力を持たせるには?

現在売れているライトノベルと、今後の予想

『小説を書く』ということ

第2章 キャラ創作対話篇

01 恐るべき批評

02 とにかくインパクトがない!

03 コンセプトだよ、小説は

04 キャラクターの魅力ってなに?

05 読者視点というキャラ

06 必要な設定がある

07 キャラはハジけているか

08 ボタンは押してなんぼの世界

09 キャラは細部に宿る

10 キャラマップってなんだ?

・キャラマップの描き方

11 読者の身になってみる

第3章 キャラクター設計Q&A

はじめに

・自分が楽しめることが最優先。

・Q&A集について

キャラが被ってしまう(ヴィルアスさんからの質問)

キャラクターの設定を生かせない(吾妻 空哉さんからの質問)

主人公・ヒロインが魅力のない人物になってしまう(桜ノ風さんからの質問)

主人公が嫌な奴だとダメ?(薔薇燐火さんからの質問)

主人公には特別な能力を持たせるべき?(雪都さんからの質問)

面識のあるキャラ、作中で出会うキャラの利点・欠点(灰流紀穂さんからの質問)

主人公に好意を抱く女性キャラは何人くらいが適正?(ルルカさんからの質問)

主人公の口の悪さはどこまで許されるか?(藤岡竜郎さんからの質問)

主人公の氏名を姓名判断鑑定で完璧にすると売れる?(がりがりさんからの質問)

主人公はヘタレじゃないと面白くない?(蔵神紫苑さんからの質問)

女性キャラと恋愛の関係(威天さんからの質問)

男性が見ても違和感のない男性キャラクターとは?(まりかさんからの質問)

途中で別のキャラが主人公になってしまう(迷夢 翼さんからの質問)

特異な人格のキャラクターは共感を得られる?(鬼の舌震いさんからの質問)

無表情キャラは陳腐化した?(サイとさんからの質問)

キャラクター・萌え用語

PR

秀和システム