Eclipse 3.5ではじめる Javaプログラミング入門 Eclipse 3.5 Galileo対応

概 要

これからJavaをはじめる初心者を対象にしたJavaの統合開発環境「Eclipse 3.5 Galileo」の入門書です。Eclipseは、強力な支援機能を持ったエディタ、パソコン用アプリケーションからサーバサイド開発、携帯Java開発にまで応できる拡張性と柔軟性を備えた強力な開発環境です。本書では、Eclipseの基本操作から、Javaプログラミングの基本、ウインドウやボタンなどを使ったGUIプログラミング用のライブラリ「AWT」の使い方、TomcatとJSPを使ったサーバサイドスクリプト、サーブレットの基本と開発手順、データベースの利用、さらにiアプリなどの携帯電話用Java開発まで、Javaプログラミングのノウハウを幅広く解説しています。Eclipse IDE for Java EE Developersを収録したCD-ROM付き。

著者 掌田津耶乃
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2348-9
発売日 2009/8/26
判型 B5変
色数 2色
ページ数 552
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Eclipseの基本を覚える

1.1 Eclipseの基礎知識

1-1-1 Eclipseとは?

1-1-2 JavaとJDKについて

1-1-3 Eclipseの追加機能プラグインとバージョン

1-1-4 Eclipseのインストール

1-1-5 インストールされたファイルについて

1-1-6 Javaのパスの設定について

1.2 Eclipseを使う

1-2-1 Eclipseを起動する

1-2-2 プロジェクトを作成する

1-2-3 Javaパースペクティブとビュー

1-2-4 Javaのソースコードファイルを作成する

1-2-5 ソースコードの記述

1-2-6 プロジェクトのビルドと実行

1-2-7 作成されたファイルについて

1-2-8 デバッグについて

1-2-9 デバッグ作業の実際

1-2-10 その他の各種設定について

1-2-11 プロジェクトの終了とインポート

Chapter 2 Javaプログラミングの基本を覚える

2.1 Javaアプリケーションの基本

2-1-1 生成されたJavaのコードを理解する

2-1-2 クラスの定義について

2-1-3 メソッドの定義について

2-1-4 修飾子について

2-1-5 返値と引数について

2-1-6 メソッドを定義してみる

2-1-7 フィールドについて

2.2 Javaの基本文法

2-2-1 ソースコードを記述する際の基本

2-2-2 値と変数について

2-2-3 タイプについて

2-2-4 変数とリテラルについて

2-2-5 コメントについて

2-2-6 配列について

2-2-7 演算子について

2-2-8 その他の演算子

2-2-9 if構文について

2-2-10 switch構文について

2-2-11 while/do構文について

2-2-12 for構文について

2-2-13 タイプの異なる値の演算について

2-2-14 実数は正しい値を示せない?

2-2-15 値のキャストについて

2-2-16 テキストと数値の変換

2-2-17 プログラム実行時に引数を指定する

2-2-18 例外処理について

2-2-19 変数のスコープについて

2-2-20 列挙型(Enum)のサポート

2-2-21 staticメンバのインポート

2-2-22 変数引数のサポート

2-2-23 汎用型について

2-2-24 オートボクシング/アンボクシング

2.3 オブジェクト指向の基本

2-3-1 クラスとインスタンスについて

2-3-2 インスタンスの作成と操作

2-3-3 継承について

2-3-4 インスタンスのキャストについて

2-3-5 参照について

2-3-6 アクセス制限について

2-3-7 SetterとGetterの作成

2-3-8 オーバーロードとオーバーライド

2-3-9 コンストラクタについて

2-3-10 インスタンスの比較について

2-3-11 equalsメソッドをオーバーライドする

2-3-12 クラスメソッドとクラスフィールドについて

2-3-13 抽象クラスについて

2-3-14 インターフェイスについて

2-3-15 内部クラスと無名クラス

2.4 ソースコード作成の支援機能

2-4-1 <ソース>メニューと<リファクタリング>メニュー

2-4-2 Getter/Setterの作成

2-4-3 メソッド、コンストラクタのオーバーライド

2-4-4 tryの自動生成機能

2-4-5 名前の変更

2-4-6 メソッドの抽出

Chapter 3 AWTによるGUIプログラミング

3.1 AWTアプリケーションの基本

3-1-1 JavaのGUIライブラリについて

3-1-2 ウインドウを表示する

3-1-3 Frameクラスを表示する

3-1-4 Frame継承クラスを作成する

3-1-5 コンポーネントを追加する

3-1-6 Buttonを使ってイベント処理を行う

3-1-7 イベントリスナーの組み込み方法

3-1-8 クローズボックスでプログラムを終了する

3-1-9 実行可能Javaアーカイブを作る

3.2 コンポーネントの主な属性

3-2-1 色の値について

3-2-2 フォントについて

3-2-3 位置と大きさに関する属性

3-2-4 レイアウトマネージャについて

3-2-5 レイアウトマネージャの種類

3-2-6 レイアウトマネージャを変更する

3.3 主なコンポーネントの利用

3-3-1 Checkboxについて

3-3-2 ラジオボタンとCheckboxGroup

3-3-3 テキスト入力を行うコンポーネント

3-3-4 Choiceによるポップアップボタン

3-3-5 一覧リストを表示するList

3.4 主なイベントの利用

3-4-1 マウス関連イベントについて

3-4-2 MouseEventを利用する

3-4-3 キーボード関連イベントについて

3-4-4 イベントが発生したコンポーネントを調べる

3-4-5 フォーカス移動に関するイベント

3-4-6 その他の主なイベントについて

3.5 Visual EditorによるGUI開発

3-5-1 Visual Editorとは?

3-5-2 Visual Editorの入手とインストール

3-5-3 VEプロジェクトを作る

3-5-4 GUIをデザインする

3-5-5 生成されたソースコードを見る

3-5-6 イベントを追加する

3-5-7 生成されたイベントの組み込み

3-5-8 VEのデメリットとは?

Chapter 4 その他の主な機能について

4.1 グラフィック処理の基本

4-1-1 AWTのグラフィック表示の仕組み

4-1-2 paintメソッドとGraphicsクラス

4-1-3 Graphicsクラスの描画メソッド

4-1-4 イメージファイルの表示

4-1-5 パッケージ内のイメージを表示する

4-1-6 paint以外のところから描画する

4-1-7 Imageインスタンスを使ったバッファリング

4.2 ファイルアクセスについて

4-2-1 テキストファイルのアクセス

4-2-2 Reader/Writerを利用する

4-2-3 テキストファイルアクセスの流れ

4-2-4 バイナリファイルのアクセス

4-2-5 バイナリアクセスの実際

4-2-6 オブジェクトの保存について

4.3 マルチスレッドについて

4-3-1 スレッドの利用

4-3-2 スレッド処理の実際

4-3-3 スレッドの一時停止と再開

4-3-4 タイマーを使う

4.4 さまざまな値の処理

4-4-1 日時の値について

4-4-2 日時の演算について

4-4-3 日時のフォーマットを考える

4-4-4 Java 6による和暦の表示

4-4-5 動的配列について

4-4-6 テキストの操作について

4-4-7 正規表現の利用

Chapter 5 JSPによるサーバサイドスクリプト

5.1 JSPとTomcatの基本

5-1-1 サーバサイドのJavaとは?

5-1-2 サーバサイドJavaの学習予定

5-1-3 TomcatとEclipse

5-1-4 Tomcatの入手とインストール

5-1-5 Tomcatの起動と終了

5-1-6 Web Tools Platform(WTP)について

5-1-7 サーバ設定を作成する

5-1-8 「サーバー」ビューについて

5-1-9 動的Webプロジェクトを作成する

5.2 JSPの基本を覚える

5-2-1 JSPファイルの作成

5-2-2 文字コードの設定とソースコードの作成

5-2-3 プロジェクトのサーバー設定への追加と実行

5-2-4 JSPにWebブラウザからアクセスする

5-2-5 公開アドレスを変更する

5-2-6 プロジェクトのファイル構成

5-2-7 Tomcatのディレクトリ

5-2-8 server.xmlについて

5-2-9 WARファイルを作る

5-2-10 Web関連ファイルの編集設定

5.3 JSPの基本機能を使う

5-3-1 Javaの文を出力させる

5-3-2 Pageディレクティブを使う

5-3-3 Javaのコードを実行する

5-3-4 フォームからのsubmit情報を得る

5-3-5 複数の値を持つパラメータの処理

5-3-6 ヘッダー情報の取得とEnumeration

5.4 Javaクラスライブラリの利用

5-4-1 ファイルを利用したカウンタ

5-4-2 イメージを作成して表示する

5-4-3 イメージの作成から出力まで

5-4-4 クッキーを利用する

5-4-5 他のJSPにジャンプする

5-4-6 変数・メソッドを定義する

5-4-7 セッションについて

Chapter 6 サーブレットの基本と開発

6.1 サーブレットの基本

6-1-1 JSPとサーブレットの関係

6-1-2 JSPのサーブレットコードを見る

6-1-3 サーブレットを作成する

6-1-4 デプロイメント記述子「web.xml」

6-1-5 プロジェクトの公開

6-1-6 web.xmlの仕組み

6-1-7 暗黙オブジェクトを確認する

6.2 サーブレット開発を行う

6-2-1 POSTされたフォームの情報を得る

6-2-2 ページの移動とインクルード

6-2-3 複数サーブレットの連携

6-2-4 ファイルのダウンロード

6-2-5 ファイルのアップロード

Chapter 7 JDBCによるデータベースの利用

7.1 JDBCとMySQLについて

7-1-1 JavaとSQLデータベースについて

7-1-2 MySQLとJDBCドライバのインストール

7-1-3 その他の設定

7-1-4 MySQLを使う

7-1-5 データベースを作成する

7-1-6 データの作成

7-1-7 WTPからMySQLへアクセスする

7-1-8 SQLファイルの作成

7-1-9 「データベース開発」パースペクティブ

7.2 JSP/サーブレットからのJDBCの利用

7-2-1 JDBCを使ったSQLの利用方法

7-2-2 管理用ページの作成

7-2-3 ユーザの登録と削除

7-2-4 ログインシステムを作る

7-2-5 ログイン用JSPの作成

7-2-6 ログイン用ユーティリティJSPの利用

7.3 応用例・カートシステムの基本

7-3-1 買い物とカートのシステムについて

7-3-2 商品管理ツールの作成

7-3-3 商品と在庫の操作

7-3-4 買い物リストと買い物の処理

7-3-5 カートシステムの作成

7-3-6 商品の購入とメールの送付

Chapter 8 携帯Javaプログラムの開発

8.1 iアプリ開発ツールのインストール

8-1-1 Javaと携帯電話

8-1-2 CLDCとMIDP

8-1-3 携帯電話Javaの主な種類

8-1-4 DoJaの開発環境について

8-1-5 開発ツールのインストール

8-1-6 iappliTool for Doja-5.1について

8-1-7 Eclipseとの連携について

8.2 DoJaプロジェクトの基本を理解する

8-2-1 プロジェクトを作成する

8-2-2 プロジェクトの構成を見る

8-2-3 ソースファイルを作成する

8-2-4 プロジェクトのビルドと実行

8-2-5 ビルドして生成されるファイル

8-2-6 iアプリのソースコード

8-2-7 HTMLタグの働き

8-2-8 ADFの内容を調べる

8.3 PanelによるGUI作成

8-3-1 Panelへのコンポーネントの組み込み

8-3-2 HTMLLayoutの利用

8-3-3 レイアウトマネージャをOFFにする

8-3-4 コンポーネントのイベント

8-3-5 ComponentListenerの基本

8-3-6 ソフトキーの利用

8-3-7 SoftKeyListerの基本

8-3-8 KeyListenerを使う

8-3-9 ダイアログの表示

8.4 Canvasによるグラフィック描画

8-4-1 Canvasを使った画面表示

8-4-2 Graphicsの描画メソッド

8-4-3 主な描画メソッド

8-4-4 Canvasのイベント処理

8-4-5 processEventの基本

8-4-6 イメージの表示

8.5 その他の覚えておきたい機能

8-5-1 スクラッチパッドについて

8-5-2 テキストをスクラッチパッドに保管する

8-5-3 スクラッチパッド利用の基本 ――loadDataメソッド/saveDataメソッド

8-5-4 サーバーからのデータ取得

8-5-5 Tomcatでiアプリを公開する

8-5-6 ネットワーク通信の流れ

8-5-7 この先の学習

PR

秀和システム