TECHNICAL MASTER はじめてのOracle 11g データベース構築・管理入門編

概 要

最新Oracle Database 11gによるデータベース構築と管理入門の決定版解説書です。Windows Server 2008が出荷され、OracleもWindows Server 2008に対応しました。そこで本書では、Windows Server 2008上でのOracleの操作や設定を解説。さらに、Windows VistaクライアントからのSQL*Plusの活用方法も掲載しています。データベースとOracle Database 11gの基礎から、Oracle Database 11gとクライアントの導入、ユーザーの管理やデータベースの作成などの基本操作、索引と監視、バックアップとリカバリ、データのインポートとエクスポートがはじめてでもよくわかります。Oracle Database 11g(Windows Server 2008対応/32-bit)30日間トライアル版を収録したDVD-ROM付き。

著者 長岡秀明
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2359-5
発売日 2009/8/29
判型 B5変
色数 1色
ページ数 480
CD/DVD Windows
対象読者 初級
シリーズ TECHNICAL MASTER
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 01 予備知識 準備編

01-01 データベースを理解する [データベースの基礎]

●データベースとは

●RDBMSとは

●様々なデータベース

01-02 SQLを理解する [SQLの基礎]

●SQLとは

●拡張されたSQL

01-03 Oracle11gを理解する [Oracle11gの予備知識]

●Oracle11gとは

●Oracle11gのエディション

●Oracle11gの概要

Chapter 02 Oracle11gのインストール 準備編

02-01 データベースサーバーの配置を検討する [データベースサーバーの配置]

●ネットワーク環境

●ネットワーク構成

02-02 サーバー用のコンピュータを準備する [サーバー用コンピュータの構成]

●OSの選定

●Oracle11gのWindows対応OS

●Oracle11gのハードウェア仕様(サーバー)

●Oracle11gのハードウェア仕様(クライアント)

02-03 インストールを開始する [インストール]

●インストールの開始

●製品固有の前提条件のチェック

●サマリー

●インストール

●コンフィギュレーションアシスタント

●Database Configuration Assistant

●パスワード管理1

●パスワード管理2

●インストールの終了

02-04 インストール完了後に状態を把握する [データベースへの接続確認]

●サービス状態の確認

●グローバル・データベース名とSIDとの関係

●SIDサービスの開始・停止・再起動

●リスナーサービスの状態確認

●DBConsoleサービスの状態確認

●ORA_DBAグループの確認

●参考:インストールログの確認

●データベースの接続検証

●SQL文の実行

●Oracle Enterprise Managerによる接続確認

02-05 クライアントのソフトウェアをインストールする [クライアントのインストール]

●インストールの開始

●インストール・タイプの選択

●参考:タイプ別プログラムの構成

●インストールの場所

●製品固有の前提条件のチェック

●サマリー

●インストール

●コンフィギュレーション・アシスタント

●Oracle Net Configuration Assistant

●Oracle Net Configuration Assistant:完了

●インストールの終了

Chapter 03 Oracleネットワークの構成 準備編

03-01 ネットワークの構成ファイルを理解する [Oracle Net Services]

●Oracle Net Services

●クライアントからの接続方法

●サーバーへの接続

●参考:SQL*Plusの通常起動による接続

●参考:名前解決

03-02 データベース接続のためのファイアウォールを構成する

[ファイアウォールの構成]

●Windows Server 2008によるアクセス制限

●参考:プログラムの例外設定

●Oracle Enterprise Managerの接続許可

●クライアントからの接続検証

03-03 クライアントのネットワークを構成する [tnsnames.oraの編集]

●Oracle Net Configuration Assistant

●tnsnames.oraファイルの確認

●接続識別子によるアクセス

●Oracle Net Manager

Chapter 04 Oracle11gの基本操作 基本編

04-01 Oracle11gの管理ツールを理解する [管理ツール]

●2大管理ツールの概要

●2大管理ツールとネットワーク構成

●その他のツール

04-02 Oracle Enterprise Managerを使用する [Oracle Enterprise Manager]

●Oracle Enterprise Managerへのログイン

●SYSTEMユーザーによるログイン

●接続モードについて

●SYSユーザーによるログイン

●Oracle Enterprise Managerのログアウト

●Oracle Enterprise Managerの表示間隔

●表示言語について

●SCOTTユーザーによる利用

●Oracle Enterprise Managerの管理者

●セッションの確認

●ヘルプ機能の活用

●参考:SQLワークシート

04-03 SQL*Plusを使用する [SQL*Plus]

●SQL*Plusの起動

●/nologオプションとconnect文

●SYSDBAとしての接続

●OSユーザーによる接続

●SQL*Plusの終了

●disconnect

●接続ユーザーの把握

●SQL文の終端

●ヘルプ機能の活用

●パスワードの変更

●OSコマンドの実行

●出力画面の一時停止

●出力表示サイズの確認と変更

●OS側の設定変更(コマンドプロンプト)

●行数の変更

●列の区切り変更

●コマンドの再実行

●参考:自動的なコミット

04-04 データベースを起動・停止する [データベースの起動・停止]

●データベースの起動とは

●データベースの停止とは

●Oracle Enterprise Managerでの停止

●Oracle Enterprise Managerでの起動

●参考:段階的な起動

●参考:Windows 以外のOSからの管理

Chapter 05 Oracleのシステム構成 基本編

05-01 Oracleの基本構成を理解する [Oracleの基本構成]

●インスタンスとデータベース

●インスタンス

●データベース

●SGAとPGA

●接続モード(専用サーバーと共有サーバー)

05-02 データベースの構成ファイルを理解する [データベースの構成ファイル]

●データベースの構成ファイル

●Oracle Enterprise Managerによるファイルの確認

●SQL*Plusによるファイルの確認

●参考:データディクショナリ

●初期化パラメータファイル

●初期化パラメータファイルのファイル名

●PFILEとSPFILE

●参考:PFILEの作成と使用

●REDOログファイルとグループ

●物理構成と論理構成

05-03 インスタンスの構成を理解する [インスタンスの構成]

●バックグラウンドプロセス

●DBWnとCKPT

●LGWRとARCn

●SGA

●Oracle Enterprise ManagerによるSGAの確認

●REDOログバッファの確認

Chapter 06 ユーザーの管理 基本編

06-01 ユーザーを作成する [ユーザー管理]

●ユーザーの作成とスキーマ

●ユーザーのロックとロック解除

●ユーザーの作成

●ユーザーの削除

●プロファイルの活用

06-02 システム権限やオブジェクト権限を与える

[システム権限とオブジェクト権限]

●システム権限とオブジェクト権限

●システム権限の付与

●オブジェクト権限の付与

●オブジェクトの指定

06-03 ロールを与える [ロール]

●ロール

●ロールの付与

●参考:権限が削減されたCONNECTロール

Chapter 07 データベースの作成 基本編

07-01 データベースを複数(追加)構成する [データベースの作成]

●Database Configuration Assistant

●Database Configuration Assistant:ようこそ

●ステップ1/15:操作

●参考:データベースの削除手順

●ステップ2/15:データベーステンプレート

●ステップ3/15:データベース識別情報

●ステップ4/15:管理オプション

●ステップ5/15:データベース資格証明

●ステップ6/15:記憶域オプション

●ステップ7/15:データベース・ファイルの位置

●ステップ8/15:リカバリ構成

●ステップ9/15:データベース・コンテンツ

●ステップ10/14: 初期化パラメータ

●ステップ11/14: セキュリティ設定

●ステップ12/14: 自動メンテナンス・タスク

●ステップ13/14: データベース記憶域

●ステップ14/14: 作成オプション

●構成の進行と完了

●参考:スクリプトによるデータベースの作成

●バッチファイルの起動

●バッチファイルの実行によるデータベースの作成

07-02 追加データベースの状態確認と管理を実施する [複数データベースの管理]

●サービス状態の確認

●Oracle Enterprise Managerによる管理

●SQL*Plusでの接続

●クライアントからのSQL*Plusによるアクセス

●クライアントでの接続識別子の構成

●tnsnames.oraファイルの確認

●クライアントからの接続識別子によるアクセス

●クライアントでのOracle Net Managerによる確認

Chapter 08 テーブルとオブジェクトの作成 基本編

08-01 テーブルを理解する [テーブル]

●テーブル

●主キー(Primary Key)

●テーブルの基本設定項目

●表領域

●データ型

●テーブルの設定内容の表示

●テーブルの検索

●参考:ROWID

08-02 テーブルを作成する [テーブルの作成]

●テーブルの作成

●テーブル作成のSQL文の把握

●テーブルの作成手順

●デフォルト値

●主キー(PRIMARY KEY制約)の設定

●順序の作成

●リレーションシップの作成

●参照整合性制約(FOREIGN KEY制約)の追加

●データの入力

●参考:テーブルの結合

08-03 各種オブジェクトを作成する [オブジェクトの作成]

●データベース・オブジェクト

●ビュー

●ビューの作成

●ビューのオブジェクト権限付与

●シノニム

●シノニムの作成

Chapter 09 バックアップとリカバリ 管理編

09-01 バックアップとリストア・リカバリを理解する [バックアップ・リストア・リカバリ]

●バックアップ

●オンラインバックアップとオフラインバックアップ

●ARCHIVELOGモードとNOARCHIVELOGモード

●バックアップの種類(RMAN)

●リストアとリカバリ

●バックアップの流れの概要(オフラインバックアップ)

●リストアの実施

●NOARCHIVELOGモード~ARCHIVELOGモードの変更

●ARCHIVELOGモードの変更確認

09-02 バックアップを実行する [バックアップの実行]

●RMAN(Recovery Manager)

●バックアップのテスト

●バックアップの実行

●全体バックアップの実行

●増分バックアップの実行

●最新データの入力と障害発生

09-03 リストア・リカバリの基本操作を実施する [リストア・リカバリの基本]

●リストア・リカバリの実行

●データベース全体のリカバリ

●データベースのオープン

●アドバイスの活用

●データベースのオープン

09-04 リストア・リカバリを活用する [リストア・リカバリの活用]

●リストア・リカバリの起動

●データファイルの指定

●表領域の指定

●制御ファイルの障害

●フラッシュバック・ドロップ

Chapter 10 SQL 管理編

10-01 DML・DDL・DCLとは [DML・DDL・DCL]

●DML

●DDL

●DCL

●参考:NULLの扱い

10-02 SQL*Plusを活用する [SQL*Plusの活用]

●sqlplus.exe

●editコマンド

●Windows Vistaでのeditコマンド利用

●エディタの指定

●列の長さの調整

●スクリプトの実行

●SQL文の実行時間の測定

●SQLワークシート

10-03 SQLを実行する [SQLの実行]

●ユーザーの管理

●ロールの付与

●システム権限の付与

●オブジェクト権限の付与

●権限やロールの削除

●クォータの設定

●プロファイルの内容変更

●ユーザーの削除

●表領域のオフラインとオンライン

●テーブルの作成

●順序の作成

●ビューの作成

●シノニムの作成

Chapter 11 索引 管理編

11-01 索引を理解する [索引]

●索引

●索引の種類

●参考:索引構成表

●索引の構造

●索引の効果の確認

11-02 索引を作成する [索引の作成]

●索引の作成

●SQL*Plusからの索引作成

●作成された索引の効果確認

●索引のメンテナンス

●参考:AUTOTRACEによる索引の確認

●参考:SQLワークシートの統計

Chapter 12 監視 管理編

12-01 メモリーの監視と管理を実施する [メモリー]

●OS側の機能によるメモリの監視

●Oracle Enterprise ManagerによるCPUとメモリーの監視

●進化する自動メモリー管理

●自動メモリー管理の使用

●自動メモリー管理の無効化

●自動メモリー管理の有効化

●自動メモリー管理のサイズ変更

●SGAのコンポーネントの設定

●参考:可用性の確認

12-02 アラートを活用する [アラートの活用]

●アラートの活用

●しきい値の変更

●しきい値のレベルの把握と領域管理

Chapter 13 インポートとエクスポート 管理編

13-01 エクスポートとインポートを理解する [エクスポートとインポート]

●エクスポートとインポート

13-02 エクスポートを実行する [エクスポートの実行]

●エクスポートの実行(データベース全体)

●参考:ディレクトリ・オブジェクトの場所

●エクスポート先

●エクスポートの実行(テーブル単位)

13-03 インポートを実行する [インポートの実行]

●インポートの実行

●インポートの応用実行

13-04 CSVファイルを取り込む [CSVファイルの格納]

●CSVファイル

●CSVファイルの格納

PR

秀和システム