図解入門ビジネス 最新農業と農的暮らしがよ~くわかる本

概 要

日本の農業の最新情報と食の問題点を豊富な図表とイラストでやさしく解説した入門書です。働き方の多様化、世界的な不況の影響もあり「農業」という職に新たな期待を寄せる声が増えています。かつては「きつい、汚い、危険」といわれた農業が、やり方しだいでは儲かる可能性に満ちた職業であると見直され、就農フェアでは農業法人のブースに若い世代が並ぶようになりました。また、団塊世代の定年後の生き方としても農が注目されています。本書では、日本の農業と食生活の問題点、農業体験や就農、起農のヒント、ライフスタイルとしての農業、農の将来と多様な可能性、農産物の生産から消費まで、農と食を応援する農的暮らしを解説。起農、就農、援農に役立つ情報が満載です!

著者 筑波君枝
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2393-9
発売日 2009/9/26
判型 A5
色数 2色
ページ数 220
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 いま、農業に何が起きている?

1-1 注目される「農的暮らし」

1-2 一人でもできる多様な農業

1-3 安心できる食を求めたい

1-4 高齢者が支える日本の農業

1-5 農村が消滅する!

1-6 人が柵の中でイノシシにおびえている?

1-7 食料自給率、ホントの数字

1-8 食生活の変化が自給率を下げた!

1-9 食べ物は石油でできている

1-10 課題は自給率向上だけではない

1-11 環境保全型農業とは何か?

1-12 農のキーワードは生物多様性

1-13 市民レベルで進む生物多様性指針作り

1-14 子どもと農業

1-15 ちゃんと知ろう! 遺伝子組み換え作物

コラム 健康志向で再評価が高まる雑穀

第2章 食べて守ろう! 日本の農

2-1 慣行栽培と特別栽培の違いは?

2-2 有機JAS規格と認証制度

2-3 持続可能な農業を実践するエコファーマー

2-4 なぜ注目されるの? 地産地消

2-5 地産地消とスローフード

2-6 見直される伝統野菜

2-7 地産地消を応援するシンボル、緑提灯の店

2-8 産直に行ってみよう!

2-9 次々登場する新野菜

2-10 たまの贅沢はブランド野菜、果物で

2-11 アメリカで始まった「5 a day」運動が上陸

2-12 毎日くだもの200グラム運動

2-13 意外にお値打ち? わけあり食品

2-14 こだわり生産者を育てる仕組みを応援

2-15 日本食育ちの家畜を食べよう

2-16 どう違う? 飼料米と飼料稲

2-17 可能性広がる米粉最前線

コラム 〝中国製=品質が悪い〟は

思い込みに過ぎない

第3章 プチ農のすすめ

3-1 ベランダ菜園から始めよう

3-2 ベランダ栽培に適した作物は?

3-3 ベランダ菜園に必要な道具は?

3-4 最も重要なのは土と肥料

3-5 肥料はどう選ぶ?

3-6 無農薬で育てるコツは?

3-7 緑のカーテンのすすめ

3-8 生ゴミたい肥に挑戦!

3-9 マナーを守って楽しい野菜作り

3-10 すぐできるキッチンガーデン

コラム 賛否両論、EM菌

第4章 農のあるライフスタイル

4-1 市民農園が静かなブーム

4-2 市民農園を楽しむポイントは?

4-3 農業に必要な道具と資材

4-4 気を付けたいのは連作障害

4-5 固定種とはどんな種か?

4-6 家庭菜園だからこそ楽しく有機栽培

4-7 気軽に楽しめる農業体験農園

4-8 企業が運営する会員制貸し農園も登場!

4-9 クラインガルテンとは何?

4-10 滞在を楽しむ新しい旅のかたち

コラム 野菜で育てる地域社会と人のつながり

第5章 広がる農業体験

5-1 農園の再生目指すオレンジプロジェクト

5-2 お母さんたちが取り組む米作り

5-3 瑞穂の国の原風景、棚田の保全活動

5-4 中越地震で過疎化が加速した集落を支援

5-5 地大豆で起こせ! 大豆レボリューション

5-6 先駆的な試みを行う大分・安心院町

コラム 就農前におすすめの農業体験制度

いろいろ

5-7 農業に一歩近付く新しい働き方

5-8 価値と機能が見直される里山

コラム 環境保全型NPOの増加

第6章 農業を仕事にする! 農業に就職する!

6-1 農業の後継者、新規就農者の現在

6-2 若者が新しい農業を切り開く

6-3 就農に大切なことは?

コラム 就農=生産者だけではない。

農業の多様な可能性

6-4 新規就農相談窓口へ行ってみよう!

6-5 就農候補地を決めよう!

6-6 どんな作物を作ると経営が成り立つのか?

6-7 就農前に農業を学ぼう!

6-8 稲作農家の暮らしを知る1

6-9 稲作農家の暮らしを知る2

6-10 野菜農家の暮らしを知る

6-11 知っておきたい野菜栽培のいろいろ

6-12 畜産農家の暮らしを知る

6-13 有機農業を始めるには?

6-14 就農に必要な資金は?

コラム 農業ってどのくらい儲かるの?

6-15 資金が足りなくても就農できる?

コラム 忘れてはいけない移住前のチェックポイント

6-16 土地の確保が難関の一つ

6-17 一反歩、一町歩ってどのくらい?

6-18 農業委員会、JAなど関係組織

6-19 農家ならではの共済制度

6-20 就農に大切なのは家族の理解

6-21 住居はどうする?

6-22 農業法人とは?

6-23 農業生産法人へ就職するには?

6-24 未来型農業システム、植物工場の可能性

6-25 先輩たちの〝こんなはずでは…〟に学ぼう

コラム 消費者と畑を結ぶ畑直野菜

PR

秀和システム