検索エンジン対策の常識! SEO&SEMアクセスアップ技大全

概 要

Google、Yahoo、Bingといった検索エンジンにWebサイトを最適化する「SEO」「SEM」のノウハウ本です。SEOという言葉が浸透し、誰もが内部要素をチューニングするようになった結果、単純なSEO対策だけでは検索順位を上げることが難しくなっています。本書ではSEOの本来の意味である「良いサイトを作る」ことを前提に、サイト自体の使い勝手や閲覧性をおろそかにしない、ユーザーをないがしろにしないSEO対策を紹介。HTMLの最適化はもちろん、リスティング広告の出し方、アクセス解析の活用方法、ソーシャルブックマークの活用方法、回遊率を上げる方法などWeb管理者に役立つ情報を満載。Movable TypeやWord Pressなどのブログツールにも対応しています。

著者 吉村正春
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-2404-2
発売日 2009/10/24
判型 A5
色数 1色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

PART1 テクニックを実践する前に本質を理解しよう

1-1 SEOを理解しよう

1-1-1 検索エンジンのシェアを確認しよう

検索するネットユーザーはほぼ100%

日本の検索エンジンは、Yahoo!とGoogleの2強

1-1-2 検索エンジンのメカニズムを知ろう

サイトの情報を収集するクローラー

表示順位を決定するアルゴリズム

1-1-3 SEOの本当の目的とは?

検索結果上位を目指すことがSEOの本質ではない

人に好かれるサイト>検索エンジンに嫌われているサイト

1-2 SEMを理解しよう

1-2-1 SEOとSEMの違いを知ろう

検索結果にはSEOとSEMが並存している

SEOを補完するSEM

1-2-2 SEMのメリット・デメリット

SEMのメリット

SEMのデメリット

1-3 集客と回遊率を理解しよう

1-3-1 回遊率の重要性を確認しよう

コストをかけずに成果を2倍にする

回遊率を上げない方がいいケース

1-3-2 外部サービスと連携しよう

検索エンジンだけに頼らない集客

サイトの成果は「露出×回遊率」で決まる

PART2 アクセス解析ツールでサイトの長所・短所を見極めよう

2-1 Google Analyticsを使ってみよう

2-1-1 Google Analyticsに登録しよう

Googleアカウントを取得する

Google Analyticsを設定する

2-1-2 Google Analyticsを使ってみよう

Google Analyticsの仕組み

トラッキングコードを挿入する

GrepReplaceで一括置換する

2-1-3 Google Analyticsをブログに導入してみよう

ブログならもっと簡単にトラッキングコードを埋め込める

Movable Typeの場合

WordPressの場合

FC2ブログの場合

アメーバブログの場合

Google Analyticsが使えないブログサービス

2-1-4 自己アクセスを分析対象から除外しよう

自分のアクセスは参考にならない

自分のIPアドレスを調べる

Google Analyticsに登録する

2-1-5 アクセスデータを分析してみよう

混同しやすいデータを区別して理解しよう

Google Analyticsでアクセスデータを見る

重要なデータを押さえよう

2-1-6 サイトのカテゴリー別のアクセス状況を確認しよう

コンテンツによって重要視するデータも変わる

サブディレクトリを登録しよう

フィルターの応用技

2-1-7 閲覧者の動きをチェックしよう

コンバージョンレートを理解しよう

Google Analyticsでコンバージョンレートをチェック

2-1-8 同じリンクからのアクセスを区別しよう

そのページは読まれていますか?

同じリンクを区別してカウントする

ページの精読率を視覚的に確認する

2-2 複数のアクセス解析を併用しよう

2-2-1 Yahoo!アクセスを使ってみよう

リアルタイム分析が可能な「Yahoo!アクセス解析」

Yahoo!アクセス解析を設置する

Yahoo!アクセス解析のレポートを見る

2-2-2 集客もできる「Yahoo!ログール」を使おう

アクセス解析を公開する「Yahoo!ログール」

「Yahoo!ログール」を設置する

「Yahoo!ログール」を使う

Yahoo!ログールの注意点

2-2-3 「うごくひと2」でケータイからのアクセス状況を確認しよう

ケータイからのアクセス解析に特化した「うごくひと2」

うごくひと2を設置してみよう

「うごくひと2」でアクセス解析してみよう

PART3 内部要素を最適化しよう

3-1 効果的なキーワードを見つけよう

3-1-1 複合キーワードを狙おう

複合キーワードを狙うべき2つの理由

複合キーワードの方が検索結果上位に表示されやすい

複合キーワードを使う検索ユーザーの方が検索ニーズを掴みやすい

複合キーワードは、メインキーワード+サブキーワードの組み合わせ

3-1-2 キーワード選びのコツ

競合サイトからキーワードをピックアップする

ツールを使って競合サイトのキーワードをチェックする

3-1-3 効果的な関連キーワードを探そう

ニッチ過ぎないサブキーワードを選ぶ

関連キーワードアドバイスで勝てる土俵を探す

3-1-4 ユーザー視点のキーワードを使おう

検索キーワードは25%はタイピングミス

ユーザー視点に立った表記を使う

3-1-5 Google Insights for Searchで検索トレンドを掴もう

キーワードの検索数の推移に注目

キーワードの年間サイクルを知る

3-2 <head>部分を最適化しよう

3-2-1 <title>を適切に設定しよう

<title>タグの役割を知ろう

ページタイトルの付け方

ページタイトルの注意点

3-2-2 <keywords>を適切に設定しよう

<keywords>の役割

Movable Typeでタグやカテゴリー名を<keywords>に設定する

WordPressで、タグやカテゴリー名を<keywords>に設定する

3-2-3 <description>を適切に設定しよう

<description>の役割

Movable Typeで自動的に<description>を設定する方法

WordPressで自動的に<description>を設定する方法(1)

WordPressで自動的に<description>を設定する方法(2)

3-2-4 Googleウェブマスターツールで<head>部分をチェックしよう

<title>タグ、<meta>タグの重複はSEO的にマイナス

Googleウェブマスターツールで重複チェック

3-2-5 URL正規化タグで、重複URLを一本化しよう

意図しない重複コンテンツは意外と多い

URL正規化タグの注意点

Movable TypeとWordPressでURL正規化タグを使う

3-3 <body>部分を最適化しよう

3-3-1 記事タイトルや小見出しには<hx>タグを使おう

<hx>タグの役割

文章構造に見合った見出しタグを使おう

3-3-2 重要な箇所には強調タグを使おう

強調箇所を示す<strong>タグ、<em>タグ

強調タグ使用上の注意

引用部分を強調しない

強調させない強調タグ

3-3-3 略称と住所に論理タグを付けよう

略称を定義できる<abbr>タグと<acronym>タグ

住所を表す<address>タグ

<address>タグを使うときの注意点

3-3-4 画像には<alt>と<title>を設定しよう

画像に<alt>属性を付ける

<alt>と<title>の使い分け

3-3-5 アンカーテキストにはキーワード名を含めよう

リンク先を指定する<a>タグ

過剰な内部リンクは意味がない

相互リンクの書式を徹底させよう

3-3-6 リンクの価値を左右する<nofollow>属性を知ろう

<nofollow>属性の役割

サイト内リンクへの<nofollow>属性

発リンクに<nofollow>属性を付けるべきか?

3-4 サイト構造を最適化しよう

3-4-1 CSS(スタイルシート)レイアウトを使おう

テーブルレイアウトを使っていませんか?

CSSとJavaScriptは外部化しよう

1ページに情報を詰め込み過ぎない

3-4-2 フレーム構造は避けよう

フレーム構造のデメリット

フレーム構造を変えられないときの対処法(1)

フレーム構造を変えられないときの対処法(2)

3-4-3 どのページもトップページから3クリック以内で到達させよう

ユーザーを迷子にさせない

階層の深さにはこだわらない

3-4-4 日本語URLを意識してみよう

AmazonやWikipediaで使われている日本語URL

日本語URLのデメリット

Movable Typeで日本語URLを使うには

WordPressで日本語URLを使うには

WordPressで日本語URLを使うときの注意点

3-4-5 エイジングフィルタに気を付けよう

新規サイトにはハンデが与えられている

エイジングフィルタの対応策

サイト開設時の絶好調期「Googleハネムーン」

3-4-6 「wwwあり」と「wwwなし」を統一させよう

「www」があってもなくてもアクセスできますか?

「wwwあり」と「wwwなし」を統一する方法

3-5 検索エンジンに登録しよう

3-5-1 XMLサイトマップを検索エンジンに登録しよう

サイトを検索エンジンに登録する2種類の方法

XMLサイトマップの問題点

XMLサイトマップからサイト戦略が筒抜け

3-5-2 XMLサイトマップを自動生成しよう

XMLサイトマップの作り方

Movable TypeのXMLサイトマップ生成法

WordPressのXMLサイトマップ生成法

その他のサイトのXMLサイトマップ生成法

3-5-3 Googleウェブマスターツールを利用しよう

Googleウェブマスターツールに登録しよう

Googleウェブマスターツールを使いこなそう

3-5-4 Yahoo!検索サイトエクスプローラーを利用しよう

Yahoo!検索 サイトエクスプローラーに登録しよう

Yahoo!検索サイトエクスプローラーを使いこなそう

3-5-5 Bing Webmaster Centerを使いこなそう

Bing Webmaster Centerに登録しよう

3-5-6 Yahoo!カテゴリに登録しよう

個人サイトをYahoo!カテゴリに申請する

商用サイトはYahoo!ビジネスエクスプレスで登録しよう

Yahoo!ビジネスエクスプレスは登録代行業者を使おう

3-6 検索エンジンスパムに気を付けよう

3-6-1 内部要素の検索エンジンスパムに気を付けよう

検索エンジンスパムのボーダーライン

コンテンツスパムの代表的な4つの手法

隠しテキストをWebページに埋め込む

コンテンツに関係のないキーワードをWebページに記載する

オリジナルのコンテンツがほとんどないWebページ

クローキング、リダイレクト、誘導ページ

3-6-2 外部要素の検索エンジンスパムに気を付けよう

不正な手段でリンクを獲得するリンクスパム

隠しリンク

有料リンク(ペイドリンク)

リンクファーム

トラックバックスパム・コメントスパム

リファラースパム

3-6-3 検索エンジンスパムと判断されたときの対処法

ペナルティの種類

検索順位の変動に一喜一憂しない

サイトの再審査を申請する

3-6-4 検索エンジンスパムを通報しよう

検索品質を高めるために検索エンジンに協力しよう

検索エンジンスパムの通報ページ

PART4 SEMに取り組もう

4-1 リスティング広告を出稿しよう

4-1-1 リスティング広告の特徴を理解しよう

リスティング広告の双璧、「アドワーズ」と「スポンサードサーチ」

4-1-2 Googleアドワーズを始めてみよう

Googleアドワーズの登録

Googleアドワーズを使ってみよう

4-1-3 御見積計算ツールで予算を予測しよう

リスティング広告のランニングコストを予測する

4-1-4 1日の上限コストを設定してみよう

急激な検索数の上昇に備えてストッパーを用意する

4-1-5 大量出稿してみよう

大量出稿から始めて範囲を徐々に絞っていく

リスティング広告の勝利の方程式は、100:10:1

4-1-6 複合キーワードを狙っていこう

メインキーワードを起点に複合キーワードを探す

サイトコンテンツから複合キーワードを探す

4-1-7 除外キーワードを設定しよう

同音意義語を複合キーワードで除外する

除外キーワードを設定する

4-1-8 地域を設定して無駄なコストを抑えよう

成果に繋がりやすいユーザーにリーチ

リスティング広告の表示地域を設定しよう

半径Xkm以内の地域に広告を出稿する

4-1-9 ユーザー層を指定して出稿しよう

ターゲットユーザーにだけリスティング広告を表示する

4-1-10 広告のリンク先をコントロールしよう

リスティング広告に重要なLPO

PART5 回遊率・PVの向上を狙おう

5-1 ナビゲーションを強化しよう

5-1-1 パンくずリストを設置しよう

パンくずリストとは

パンくずリストの役割と効果

Movable Typeにパンくずリストを設置する

WordPressにパンくずリストを設置する

5-1-2 フッターからの離脱を阻止しよう

フッターを活用して回遊率を上げる

Yahoo!ニュースに見るフッターの重要性

5-1-3 関連記事を表示しよう

Webに浸透している関連記事

関連記事の仕組み

手動型の関連記事を表示しよう

タグ型の関連記事を表示しよう

解析型の関連記事を表示しよう

5-1-4 RSSにも関連記事を表示しよう

RSSだけで完結させない

5-1-5 カテゴリーとタグできちんと誘導しよう

分かりやすいカテゴリー名を付けよう

記事同士を繋ぐタグ

5-1-6 ページを分割しよう

長過ぎるページにメリットなし

Movable Type・WordPressでページを分割する

5-1-7 ワンラインサイトリンクを狙おう

サイト内人気コンテンツへのショートカット、サイトリンク

発動の敷居が低いワンラインサイトリンク

5-1-8 サイトマップを設置しよう

人間用のサイトマップを置く

Movable Typeでサイトマップを生成する

WordPressでサイトマップを生成する

5-1-9 回遊率・PVの落とし穴を知ろう

ナビゲーションをあえて整備しない選択肢

「回遊しているのか、迷っているのか」を見極めよう

5-2 内部・外部の「検索」に対応しよう

5-2-1 Googleカスタム検索でサイト内検索を強化しよう

サイト内検索にGoogleを使う

Google AdSenseを使っている人には「検索向けAdSense」

「Yahoo!検索カスタムサーチ」もお忘れなく

5-2-2 Googleカスタム検索を実際に設置しよう

Movable Typeに設置(デフォルトのデザインの場合)

WordPressに設置(デフォルトのデザインの場合)

一般のWebサイトに設置

5-2-3 Google AnalyticsでGoogleカスタム検索のデータを見よう

サイト内検索キーワードでニーズを掴もう

Google AnalyticsにGoogleカスタム検索を連動させる

5-2-4 LPOを意識してみよう

検索結果と飛び先のミスマッチを無くす「LPO」

検索結果に相応しい関連記事を表示する

Movable TypeでLPOを実現する

WordPressでLPOを実現する

PART6 集客力と被リンクを獲得しよう

6-1 更新情報を送信しよう

6-1-1 Pingを送信しよう

更新を通知する信号「Ping」

国内主要Pingサーバー一覧

Movable TypeでPingを発信しよう

WordPressでPingを発信しよう

6-1-2 Ping一斉配信サービスを使おう

Pingを一斉配信してくれるPingoo

Pingooの使い方

6-1-3 RSSを配信しよう

RSSとは

1クリックでRSS登録を完了させよう

6-1-4 FeedburnerでRSSを配信しよう

RSSの可能性を広げるFeedburner

Feedburnerの登録

Feedburnerで分かること

Feedburnerのお役立ち機能

6-1-5 Feedburnerでメールマガジンを配信しよう

Feedburnerでメールマガジンを配信するメリット

Feedburnerメルマガの登録フォームを表示しよう

Feedburnerメルマガの設定

6-2 被リンクを獲得しよう

6-2-1 ソーシャルブックマークで記事をアピールしよう

ブックマークを共有する「ソーシャルブックマーク」

ブックマークされるには

6-2-2 SBMボタンを表示しよう

ブックマークを促すSBMボタン

Add Clipsを使う

Movable TypeにSBMボタンを付ける

WordPressにSBMボタンを付ける

6-2-3 ブログランキングに登録しよう

ブログの人気ランキング

クリックしてもらうために大事なこと

クリックすることにメリットを与える

ランキングサイトの注意点

6-2-4 トラックバックを送ってみよう

被リンクを獲得できるトラックバック

6-2-5 類似性の高いブログに出会える「あわせて読みたい」を使おう

似たブログに出会えるブログパーツ「あわせて読みたい」

6-2-6 ブログ同士を繋ぐシムエントリを活用しよう

関連記事同士を結ぶブログパーツ「シムエントリ」

6-2-7 Twitterを活用しよう

140文字で繋がるTwitter

フォローしよう

とにかくたくさんの人をフォローしよう

自分の記事をつぶやいてもらおう

6-2-8 Google ローカル ビジネス センターを活用しよう

Googleマップからの誘導力をさらにアップ

Google ローカル ビジネス センターに登録しよう

PR

秀和システム