世界でいちばん簡単な Visual C++のe本 標準C++とC++/CLIの基本と考え方がわかる本

概 要

かわいいイラストや図と共に解説した世界でいちばん簡単なVisual C++入門書です。Visual C++には標準C++を使ったプログラミングと、.NET Frameworkに対応したアプリケーションを開発するためのC++/CLIプログラミング機能がありますが、C++の性能を引き出すためには標準C++プログラミングを覚える必要があります。そこで本書では、標準C++の文法や制御構造、配列、関数活用といった基礎を説明したあとで、C++/CLIプログラミングを使ってWindowsアプリケーションを作成するテクニックを解説。豊富なサンプルプログラミングでオブジェクト指向が学べます。本書掲載のサンプルプログラムのダウンロードサービス付き。

著者 金城俊哉
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-2417-2
発売日 2009/10/27
判型 A5
色数 4色
ページ数 352
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

section 01 3分でわかるソフトウェアの役割

●パソコンにOSが必要なワケ

ソフトウェアがなければパソコンは動かない

パソコンは一台でいろんな処理を行う

何でWindowsが必要なのか

●Windowsがパソコンを動かす

Windowsの中身は5段構造

●アプリケーションは専用の画面を使ってOSの機能を利用する

システムコール

アプリケーションからのシステムコールの利用

クラスライブラリで簡単プログラミング

●プログラムとプログラミング言語

電気で動くパソコンは2進数で動く

CPUが理解できるのはマシン語だけ

マシン語をそのまま文字に置き換えたアセンブリ言語

プログラムの開発効率を高めた高水準言語

section 02 VisualC++ってこんな言語

●VisualC++の特徴

Microsoft社がVisualC++を開発

VisualC++は二つの顔を持つ

(1)のネイティブプログラミング

(2)のC++/CLIプログラミング

高速実行を優先するならネイティブコードを使う

VisualC++の構造

●Microsoft.NET

C++/CLIプログラミングを動かす.NET Framework

中間コードにしておけばどんなコンピュータでもプログラムを実行できる

C++/CLIプログラムが動く仕組み

section 03 プログラミングの手順

●アプリケーションを開発するための5つのステップ

どんなアプリケーションを作るのかを決める

アプリケーション用の画面を作る

プログラムコードを入力する

プログラムの間違いを修正する

プログラムを実行するためのファイルを作る

section 04 ヘルプの活用

●ダイナミックヘルプ

[ダイナミックヘルプ]を表示する

プログラムコードの内容を調べる

●!キーによるヘルプのクイック表示

!キーでヘルプを一発表示

●検索ウィンドウを利用したヘルプの検索

●キーワードを利用したヘルプの検索

●目次を利用したヘルプ

section 05 ツールウィンドウの表示とカスタマイズ

●ツールウィンドウの表示

●ツールウィンドウのカスタマイズ

ツールウィンドウを自動非表示にする

ツールウィンドウのサイズを変更する

ツールウィンドウの表示位置を変更する

section 06 プロジェクトとソリューション

●プロジェクトの作成とプログラムの作成

空のプロジェクトを作成する

プロジェクトの保存先を変更する

ソースファイルを追加する

●プログラムコードの入力

プログラムコードを入力する

●プログラムの実行

[出力]ウィンドウ

●プロジェクトの保存と終了

プロジェクトを保存する

プロジェクトを終了する

●作成済みのプロジェクトを開く

第2章 C++の文法徹底解説

section 01 コードを記述する方法

●コードの書き方

コードはすべて半角英数字で入力する

単語と単語の間には半角スペースを入れる

ステートメントの終わりには「;」を記述する

VisualC++の自動補正機能

●コメントの記述

「//」を使って行全体をコメントアウトする

「/*」と「*/」を使って特定の範囲をコメントアウトする

section 02 サンプルを作ってC++プログラムの構造を知る

●C++プログラムの構造を見る

「#include」でヘッダファイルを読み込む

「using namespace std;」でネームスペースを指定

「int main()」は一番最初に実行される関数

「cout << "C++の世界へようこそ!\n";」で文字列を表示

「return 0;」で関数を終了

section 03 エスケープ文字と数値リテラル

●エスケープ文字

エスケープ文字

プログラムの実行

●数値リテラル

●整数リテラル

整数リテラルで数値を表示するプログラムを作成する

プログラムの実行

●浮動小数点リテラル

浮動小数点リテラルで数値を表示するプログラムを作成する

プログラムの実行

section 04 変数とデータ型

●変数の役割

変数を宣言する

変数に値を代入する

変数の値を画面に出力する

プログラムの実行

●データ型

●データ型の指定が必要な理由を探る

変数の仕組み

データ型の指定が必要な理由

●データ型を間違えるとどうなる?

プログラムの実行

●変数の操作

変数の初期化

変数の値を変更する

ほかの変数の値を代入する

それではプログラムを作成して確かめてみよう

プログラムの実行

●変数を利用した計算プログラムの作成

計算プログラムを作成する

プログラムの実行

section 05 定数

●定数の使い方

定数を使うメリット

定数の初期化

●定数を利用した計算プログラムの作成

計算プログラムを作成する

プログラムの実行

section 06 演算子の種類と働き

●算術演算子

●代入演算子

●インクリメント/デクリメント演算子

インクリメント演算子を使ってみる

プログラムの実行

●シフト演算子

プログラムを作って確認してみる

プログラムの実行

●関係演算子

●論理演算子

プログラムを作って確認してみる

プログラムの実行

section 07 データ型のキャスト

●異なるデータ型の演算あれこれ

小さいサイズのデータを大きなサイズのデータ型に代入する

大きなサイズのデータを小さいサイズのデータ型に代入する

異なるデータ型同士の演算を行う

整数型同士の演算で小数を含む結果が出たらどうなる?

●暗黙の型変換とキャスト

データ型の変換が必要な場合はキャストを行う

第3章 制御構造完全マスター

section 01 C++の制御構造(1)―条件分岐構造

●条件分岐構造の役割

条件分岐構造の種類

条件式で使用する演算子を見ておこう

●if...ステートメント

if...ステートメントを使ったプログラムを作成する

プログラムを実行する

●if...elseステートメント

if...elseステートメントを使ったプログラムを作成する

プログラムを実行する

●if...else if...elseステートメント

if...else if...elseを使ったプログラムを作成する

プログラムを実行する

●switchステートメント

switchを使ったプログラムを作成する

プログラムを実行する

●論理演算子を利用した条件分岐

論理演算子の種類

論理演算子を利用したプログラムを作ってみよう

プログラムを実行する

●条件演算子を利用した条件分岐

条件演算子を利用したプログラムを作ってみよう

プログラムを実行する

条件演算子をif...elseステートメントに書き換えてみる

section 02 C++の制御構造②―繰り返し構造

●繰り返し構造の種類

繰り返し構造の種類

●whileステートメント

whileステートメントを使ったプログラムを作成する

プログラムを実行する

●do...whileステートメント

繰り返し処理を最低1回は行うプログラムを作成する

プログラムを実行する

●forステートメント

「for」ステートメントを利用したプログラムを作成する

プログラムを実行する

●breakステートメント

breakステートメントを利用したプログラムを作成する

プログラムを実行する

●continueステートメント

continueステートメントを利用したプログラムを作成する

プログラムを実行する

第4章 配列の完全理解

section 01 配列

●配列の使い方

配列変数を宣言する

配列変数に値を格納する

配列変数を利用したプログラムを作成する

プログラムを実行する

配列の初期化

要素数を指定しないと動的配列になる

●キーボードから入力された値の配列への格納

キーボードからの入力値を配列に代入するプログラムを作成する

プログラムを実行する

プログラムコードを見てみよう

section 02 多次元配列

●多次元配列の使い方

2次元配列の宣言

2次元配列の要素の値を代入する

●2次元配列を利用したプログラムの作成

プログラムを実行する

プログラムコードを見てみよう

section 03 文字配列

●配列を利用した文字の処理

文字列を扱う変数を初期化しよう

配列に格納した文字列を表示してみよう

プログラムを実行する

●文字列をコピーする

文字列を操作する関数を使えるようにする

文字列をコピーする

プログラムを実行する

●文字列を追加する

文字列を追加する

プログラムを実行する

●文字列の長さを調べる

文字列の長さを調べるコードを追加する

プログラムを実行する

第5章 構造体、列挙体、共用体を極める

section 01 構造体

●構造体の使い方

構造体を宣言する

構造体型の変数に値を代入する

●構造体を使ったプログラムの作成

構造体を使ったプログラムを作成する

プログラムを実行する

●構造体のコピー

プログラムを実行する

●構造体の配列

構造体型配列を利用するプログラムを作成する

プログラムを実行する

section 02 列挙体

●列挙体の使い方

列挙体を宣言する

列挙体型の変数を宣言する

列挙体型の変数に値を代入する

列挙体を使う

●列挙体を使ったプログラムの作成

列挙体に格納された値を表示するプログラムの作成

プログラムを実行する

section 03 共用体

●共用体を使う理由

共用体と構造体の違い

共用体はメモリを節約する

●共用体の使い方

共用体を宣言する

共用体型の変数に値を代入する

●共用体を使ったプログラムの作成

共用体に格納された値を表示するプログラムの作成

プログラムを実行する

第6章 関数活用のキモ

section 01 関数の作成と呼び出し

●関数の働き

関数の定義

関数の型

引数(ひきすう)

●関数の呼び出し

●関数を利用するプログラムの作成

関数を利用するプログラムを作成する

プログラムを実行する

プログラムを見てみよう

section 02 引数を使ったデータの受け渡し

●引数の使い方

引数を使う

●引数を利用するプログラムの作成

引数の値を画面に表示するプログラムを作成する

プログラムを実行する

●複数の引数を利用するプログラムの作成

複数の引数を利用するプログラムを作成する

プログラムを実行する

section 03 関数の戻り値

●戻り値を返す関数

戻り値を使う

●戻り値を利用するプログラムの作成

関数の戻り値を画面に表示するプログラムを作成する

プログラムを実行する

section 04 関数プロトタイプ

●関数プロトタイプの使い方

関数プロトタイプの構造は?

関数プロトタイプ宣言を行う

●関数プロトタイプを使うプログラムの作成

関数プロトタイプを使うプログラムを作成する

●デフォルト引数

デフォルト引数を使う

引数を省略して関数呼び出しを行うとデフォルト引数が使われる

デフォルト引数は一部を省略することができる

一部の引数だけにデフォルト引数を指定したときの呼び出しパターン

section 05 インライン関数

●インライン関数の機能

インライン関数を使う

●インライン関数を利用したプログラムの作成

プログラムを実行する

プログラムをイメージしてみよう

section 06 関数の多重定義

●関数のオーバーロード

関数をオーバーロードするメリット

関数をオーバーロードする

●関数をオーバーロードするプログラムの作成

プログラムを作成する

プログラムを実行する

section 07 関数テンプレート

●関数テンプレートの仕組み

関数テンプレートは1つ作っておけば使い回しができる

関数テンプレートを使う

●関数テンプレートを利用したプログラムの作成

プログラムを作成する

プログラムを実行する

第7章 短時間マスター! ポインタ使いへの道

section 01 ポインタと変数

●ポインタの仕組み

ポインタはたんにメモリ上の位置を示す機能

●間接参照と直接参照

ポインタを使って変数の値を知る

●ポインタを使った値の代入

間接参照で値を代入するプログラムを作成する

●ポインタのアドレス設定にまつわる話

section 02 ポインタと配列

●ポインタと配列の関係

配列のアドレスを表示するプログラムを作成する

プログラムを実行する

●ポインタ演算で配列のアドレスを調べる

ポインタ演算の内容

●ポインタを使って配列のアドレスを調べる

ポインタの使い方を見る

●ポインタを使って配列の値を調べる

●ポインタを使って配列へ値を代入する

第8章 これでわかった! オブジェクト指向開発言語C++

section 01 クラスの作成

●クラスの構造

クラスにはデータメンバとメンバ関数が含まれる

クラス内部で関数を定義する

●クラス宣言いってみよう

クラスで定義したメンバを見る

●クラスの利用

クラスを利用するにはインスタンス化を行う

クラスのメンバを呼び出す

●ポインタによるメンバの呼び出し

●動的記憶域の確保

new演算子でメモリ領域を確保する

●2つ目以降のインスタンスの生成

section 02 クラスのアクセス制限

●アクセス制限の必要性

●クラスのカプセル化

クラスをカプセル化してみよう

●インターフェースの実装

●入力された値を画面に表示する関数の定義

●main()関数の定義

ヘッダの追加

●カプセル化されたクラスを持つプログラムの実行

section 03 メンバ関数の内部定義とインライン化

●メンバ関数の内部定義

メンバ関数を内部定義する

●メンバ関数のインライン化

section 04 コンストラクタ

●コンストラクタの働き

コンストラクタを作ってみる

プログラムを実行する

●引数を持つコンストラクタ

プログラムを実行する

●コンストラクタの多重定義

コンストラクタをオーバーロードするプログラムを作成する

プログラムを実行する

第9章 オブジェクト指向プログラミング実践編

section 01 クラスの継承

●基本クラスを継承して派生クラスを作成する手順

●基本クラスの作成

基本クラスを作成する

●継承の仕組みを理解しよう

継承を行う方法

派生クラスの機能を確認しよう

カプセル化されたデータメンバへアクセスできるようにする

●派生クラスの作成

派生クラスを作成する

基本クラスのデータメンバにアクセスできるようにする

基本クラスのコンストラクタを呼び出す

main()関数を変更する

プログラムを実行する

●protectedを使う

基本クラスを書き換える

派生クラスのメンバ関数を書き換える

書き換え後のプログラム

●クラスを継承するときのアクセス指定

section 02 仮想関数

●メンバ関数のオーバーライド

プログラムを実行してみる

オーバーライド

●ポインタによる関数呼び出し

プログラムを書き換えてみよう

プログラムを実行してみる

●仮想関数の作成

静的結合

動的結合

仮想関数を作成する

プログラムを実行してみる

section 03 ポリモーフィズムと実行時型識別(RTTI)

●ポリモーフィズム

●実行時型識別(RTTI)

●実行時型識別を利用したプログラムの作成

プログラムを実行してみる

実行時型識別の仕掛けを見る

section 04 多重継承

●多重継承による派生クラスの作成

●多重継承を利用したプログラムの作成

プログラムを実行してみる

●基本クラスのコンストラクタを多重継承する

●メンバの明示的呼び出し

メンバの明示的呼び出しを行うプログラムを作成する

プログラムを実行してみる

●仮想基本クラス

仮想基本クラスにすることで問題解決

仮想基本クラスを利用したプログラムの作成

プログラムを実行してみる

section 05 デストラクタ

●デストラクタが必要になるシチュエーション

delete演算子によるデストラクタの定義

●デストラクタを定義する

プログラムを作成する

プログラムを実行してみる

section 06 クラステンプレート

●クラステンプレートの機能を知る

●クラステンプレートを作成する

プログラムを作成する

プログラムを実行してみる

section 07 STL

●STLの基本要素

STLの3大要素

●STLを利用したプログラムの作成

プログラムを実行してみる

●STL用ヘッダ

●テンプレートクラスの宣言

●イテレータの宣言

●vectorのメンバ関数

push_back()関数

begin()関数とend()関数

●STLのアルゴリズムを使う

アルゴリズムを利用したプログラムを作成する

プログラムを実行してみる

第10章 挑戦! C++/CLIプログラミング

section 01 Windowsアプリケーションの作成

●C++/CLI用のプロジェクトの作成

●フォーム用のファイル

●操作画面の作成

ラベルを配置する

ボタンを配置する

●プロパティの設定

ラベルのプロパティを設定する

ボタンのプロパティを設定する

●プログラムコードの入力

イベントハンドラは自動的に作成される

プログラムコードを入力する

イベントハンドラの中身を見る

●プログラムの実行

デバッグを開始する

プログラムの間違いを修正する

●実行可能形式ファイルの作成

ビルドを実行する

作成された実行可能ファイルを確認する

section 02 プロパティ

●プロパティの使い方

●[プロパティ]ウィンドウにおけるプロパティの設定

●プロパティを利用するプログラムの作成

コードの解説

プログラムを実行してみる

section 03 メソッド

●メソッドを使う3つの方法

●処理だけを行うメソッドの使い方

プログラムを作成する

コードの解説

プログラムを実行する

●パラメータを指定するメソッドの使い方

プログラムを作成する

コードの解説

プログラムを実行する

コラム

アプリケーションというソフトウェア

コンピュータの構造

ビットとバイト

インタープリタ型言語と中間コード型言語

入力支援機能を使ってラクをする

トークンとリテラル

2進数、8進数、10進数、16進数の関係

相対アドレス

カッコの使い方

trueとfalse

条件式の簡易表記

論理演算子の優先順位

条件式の簡易表記

実引数と仮引数

インスタンス

デフォルトコンストラクタ

純粋仮想関数

ある出来事をきっかけにプログラムは動く

インスタンス化の自動化

PR

秀和システム