ポケットスタディ データベーススペシャリスト

概 要

情報処理技術者試験「データベーススペシャリスト」合格のためのコンパクトな試験対策本です。データベーススペシャリストでは、過去に出題されたのと同じパターンの問題が多く出されるため、過去問題の演習が合格のための重要なポイントと言えます。しかし、難易度の高い午後問題をいきなり解くのは無理があり、知識を全て獲得してから過去問に挑んでいては時間が掛かりすぎます。そこで本書では「解説を少し読む→該当する過去問を解く」というパターンの勉強方法で効率よく学習をすすめます。得点の取りこぼしをなくす「鉄則」「要暗記」も掲載。コンパクトサイズなので、仕事の合間や電車の中でのすき間勉強、直前対策にも最適です。

著者 具志堅融
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2420-2
発売日 2009/12/25
判型 B6
色数 1色
ページ数 424
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ 資格試験
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 データベース

1 データベース方式

1 データベーススペシャリストの業務

2 4種類の論理データモデル

3 ANSI/SPARC 3層スキーマアーキテクチャ

2 データベース設計

4 E-R図

5 スーパタイプとサブタイプ

6 キー

7 関数従属性

8 正規化理論

9 特殊な正規形

3 データ操作

10 関係代数

11 SQLによる検索

12 SQLによるテーブルの結合

13 相関副問合せ

14 SQLによるデータ追加・更新・削除

15 SQLによるテーブル作成

16 SQLによるビュー作成

17 SQLによる権限の付与

18 SQLによるロール作成と付与

19 カーソル

4 トランザクション処理

20 トランザクションのACID特性

21 コミットメント制御による原子性の実現

22 排他制御による一貫性,独立性の実現

23 独立性のレベルを示す隔離性水準

24 障害回復機能による耐久性の実現

25 インデックスによる性能向上

26 データベースのパフォーマンス設計

5 データベース応用

27 データウェアハウス

28 データマイニング

29 分散データベース

30 その他の応用技術

第2章 コンピュータシステム

6 コンピュータ構成要素

31 プロセッサ

32 メモリ

33 入出力アーキテクチャ及びデバイス

7 システム構成要素

34 システムの構成

35 システム性能の評価指標

36 システム信頼性の評価指標

第3章 情報セキュリティ

8 情報セキュリティ

37 暗号技術

38 認証技術

39 情報セキュリティ管理

40 情報セキュリティ技術評価

41 情報セキュリティ対策・実装技術

第4章 開発技術

9 システム開発技術

42 要件定義及び設計工程

43 製造工程及びテスト工程

44 ソフトウェア導入・受入・保守

10 ソフトウェア開発管理技術

45 開発プロセス・手法

46 開発業務の標準化と契約管理

第5章 午後試験の特徴を理解する

11 午後試験対策の基本的な考え方

47 午後試験対策の基本的な考え方

48 午後Ⅰ対策の最重要ポイント

49 午後Ⅱ対策の最重要ポイント

50 午後Ⅰ・Ⅱ学習における心得

第6章 午後Ⅰ試験のトレーニング

12 解答ロジックをマスター

51 ロジック1 候補キー・非キーの列挙

52 ロジック2 部分関数従属性の列挙

53 ロジック3 推移的関数従属性の列挙

54 ロジック4 関数従属性の抽出

55 ロジック5 主キー・外部キーの列挙

56 ロジック6 第○正規形である説明

57 ロジック7 更新時異状・問題点の指摘

58 ロジック8 第3正規形まで正規化

59 ロジック9 テーブル構造を完成させ問題解決

60 その他 午後Ⅰ分野の集中演習

第7章 午後Ⅱ試験のトレーニング

13 業務プロセス毎のモデリングをマスター

61 プロセス1 販売管理業務

62 プロセス2 物流業務の全体像

63 プロセス3 調達業務

64 プロセス4 生産業務

65 プロセス5 倉庫業務

66 プロセス6 配送業務

67 プロセス7 商品企画業務

68 プロセス8 分析業務

69 プロセス9 会員管理業務

70 プロセス10 勤務・稼働管理業務

PR

秀和システム