ロジカル・シンキング 実践ワークブック

概 要

自分の主張を聞き手に伝えるために有効な思考方法「ロジカル・シンキング」(論理思考)を実践で学ぶワークブックです。ロジカル・シンキングとは「理由から結論に至る筋道が適切になるように考えること、適切かどうか考えること」です。ものごとを進めていくうえで、お互いが論理的に考え説明し、そのうえで一致点を見出して協力するという姿勢が不可欠です。本書では、ロジカル・シンキングの基本解説から、演繹法や帰納法の使い方、論理の組み立て、論理思考の文章化まで説明。多数の練習問題を用意しているので、実際に問題を解きながら論理思考を磨くことができます。日本一簡単な初歩からの論理思考入門です!

著者 中野明
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2439-4
発売日 2009/11/21
判型 B5
色数 2色
ページ数 108
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序章 ロジカル・シンキングと論理思考

0-1 ロジカル・シンキングと論理思考

0-2 ロジカル・シンキングと本書の立場

0-3 論理思考を実践するために

コラム ロジック・ツリーとデカルト

CHAPTER1 論理思考の基本

1-1 基本パーツ「理由・だから→結論」

1-2 複数の理由から結論を示す

1-3 論理ブロックを活用する

1-4 論理ブロックを組み合わせる

1-5 3つのブロックで論理を構築する

1-6 論理が適切かチェックする

コラム 論理には暗黙の了解がある

CHAPTER2 演繹法を使いこなす

2-1 演繹法とは何か

2-2 演繹法の代表は三段論法

2-3 条件文を見る目を養う

2-4 条件文を使って論理を展開する

2-5 結論の「ならば」で妙に感じるとき

2-6 「または」や「かつ」を上手に使う

2-7 「だけ」や「には」に注意する

2-8 演繹と推測の違い

2-9 演繹的な推測とその検証

コラム 三段論法の構造

CHAPTER3 帰納法を使いこなす

3-1 複数の事実から法則を見付ける

3-2 帰納法に慣れよ

3-3 漏れ・偏り・ダブりをなくせ

3-4 二分法や三分法で漏れとダブりを解消する

3-5 マトリックスを活用する

3-6 結論を見付け出す代表的手法

コラム 帰納法とアンケート

CHAPTER4 論理を組み立てる

4-1 論理思考の基本手順

4-2 結論から論理展開へ

4-3 論理の骨格を作る

4-4 論理を肉付けする

4-5 「なぜ」を繰り返して内容を説明する

4-6 論理をさらに肉付けする

4-7 ピラミッド原則とは何か

4-8 論理の細部をチェックする

4-9 ディベートを活用せよ

コラム 発散思考と集中思考

CHAPTER5 論理思考を文章にする

5-1 論理ピラミッドを文章化する

5-2 主張を決める

5-3 論理ピラミッドと文章構成との関係

5-4 論理ピラミッドと基本構成の関係

5-5 トピック・センテンスの重要性

5-6 アウトライン機能を活用する

5-7 文書の見せ方

PR

秀和システム