入門 Google App Engine for Java

概 要

Googleが提供する無料のクラウドコンピューティング環境「Google App Engine for Java」の入門書です。Google App Engine for Javaを使うことにより、Javaで作った自作のWebアプリケーションをGoogleのサーバ上で動かすことが可能です。また、Googleから配布されているEclipse用のプラグイン「Google Plugin for Eclipse」を使うことで実装、テスト、デプロイが容易にできます。本書では、WebアプリケーションやJava、Eclipseの知識がある人を対象に、Google App Engineとは何かを解説し、チュートリアルプログラムについて分かりやすく解説。さらに、簡単な独自のアプリケーションを開発しながらGoogle App Engineについて学びます。

著者 石黒尚久
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2452-3
発売日 2009/11/26
判型 A5
色数 2色
ページ数 184
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Google App Engine for Javaとは

1-1 Google App Engine for Javaの捉え方

無料で使えるサーバ

Webアプリケーションがパッケージ化

1-2 Google App Engine for Javaのメリット

開発環境構築が容易

実行環境(サーバ)を準備する必要がない

Googleからいくつかのサービスが提供されている

無料で使い始めることができる

拡張性を気にする必要がない

管理画面が準備されている

1-3 Google App Engine for Javaの制約

DBがRDBではない

ファイルの書き込みができない

メールの受信はできない

1回のリクエストが30秒

スレッドが使えない

アプリケーションの数が限られている

1-4 Google App Engine for Javaの意味するところ

制約はあるが応用範囲は広い

企業ユースに可能性大

アプリケーションを動かす環境がインフラ

App Engineベンダーの増加

第2章 Google App Engine for Javaの開発環境

2-1 開発環境の概要

開発に必要なものは?

Java SE 開発キット(JDK)

Eclipse

Google Plugin for Eclipse

2-2 開発環境の構築

PC上での準備

Java SE 開発キット(JDK)のインストール

Eclipseのインストール

Eclipseの日本語化プラグイン(Pleiades)のインストール

Google Plugin for Eclipseのインストール

Eclipseのテキスト・エンコーディングの変更

2-3 「日報ボード」の作成

Google App Engineのサイトについて

テンプレート(ひな形)プログラムの実行

Googleが提供しているJavaのAPIについて

Googleのユーザーサービスを利用する

JSPの実行

データの保存と取り出し

静的ファイルの扱い

アプリケーションのデプロイ(配置)

第3章 サンプルプログラム開発

3-1 「簡易アラーム」の設計

概要

画面設計

DB設計

内部設計

3-2 実装

実装するソースファイル

web.xmlの修正

logging.propertiesの修正

Cronサーブレットの登録

3-3 テスト

テストの仕様について

チェック項目

デバッガの使い方

3-4 デプロイ

ブラウザを使ってアプリケーションIDの確保

Eclipseでデプロイ

GAE上で管理コンソールを確認

GAE上でプログラムの動作確認

第4章 Strutsの利用

4-1 StrutsのExsampleを動かす

Strutsについて

Strutsのサンプルアプリケーションのダウンロード

Strutsのwarの特徴

Struts examplesをGAEJプロジェクトとして動作させる

warフォルダの内容をマージする

Strutsのライブラリをプロジェクトのビルド・パスに追加する

srcフォルダの中身をコピーする

コンパイルエラーの対処をする

動作確認をする

4-2 Strutsを使って「日報ボード」を動かす

Strutsを使ったアプリケーションについて

作成するプログラムの構成

プログラム開発概要

Strutsを利用した「日報ボード」アプリケーションの開発

第5章 アプリケーション管理コンソール

5-1 管理コンソールの開き方

Google App Engineのユーザー画面

5-2 主要機能

アプリケーション管理コンソールトップ画面(ダッシュボード)

管理コンソールメニュー

割当詳細

ログ

クローンジョブ

タスクキュー

5-3 データストア

インデックス

データビューワー

統計情報

5-4 管理機能

アプリケーション設定

開発者

バージョン

管理ログ

5-5 課金

課金設定

課金履歴

PR

秀和システム