クリティカル・シンキング 実践ワークブック

概 要

ビジネスだけでなく様々な場面で応用できる、常識や他人の主張が正しいかどうかを検証する「クリティカル・シンキング」を実践で学ぶワークブックです。クリティカル・シンキングとは批判的に考えることです。本書では、クリティカル・シンキングの基本解説から、主張を批判的に分析し理解する方法、主張が適切かどうかを評価する手法、その主張の「原因と結果」が適切であるかを検証する方法、論理を引き出す過程が適切かどうかを評価する手法まで、クリティカル・シンキングの手順を解説。さまざまな例題も用意しているので、実際に問題を解きながら理解を深めることができます。日本一簡単な初歩からの批判思考の入門です!

著者 中野明
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2466-0
発売日 2009/12/15
判型 B5
色数 2色
ページ数 106
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

CHAPTER1 クリティカル・シンキングとは何か

1-1 「疑う」ということ

1-2 クリティカル・シンキングとは何か

1-3 ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキング

1-4 クリティカル・シンキングと創造性

1-5 批判思考の基本手順

コラム 批判思考と読書

CHAPTER2 主張を批判的に理解する

2-1 理由と結論を見極める

2-2 標識に注目する

2-3 他の標識にも注意する

2-4 理論構成の基本パターンを知る

2-5 パターンの組み合わせを見極める

2-6 演繹法の仕組みを知る

2-7 演繹法の大きな落とし穴

2-8 暗黙の前提に注意する

2-9 帰納法の仕組みを知る

2-10 ピラミッド原則を念頭に文章全体を検証

2-11 ピラミッド原則と文章の関係を理解する

2-12 安易なカタカナ文字には要注意

2-13 より深く理解するためのヒント

コラム 「絶対」には要注意

CHAPTER3 理由の適切性を評価する

3-1 主張を評価するポイント

3-2 理由の適切性を検証する

3-3 暗黙の前提を検証する

3-4 理由の矛盾を検証する

3-5 理由の信頼性を検証する

3-6 統計データに騙されない

3-7 帰納法の前提に関する注意点

コラム 帰納法とアンケート

CHAPTER4 原因と結果を正しく把握する

4-1 因果関係の適切性

4-2 共通点と相違点

4-3 一致と差異を併用する

4-4 共変関係と因果関係

4-5 異なる原因を考えてみる

コラム あえて反論する

CHAPTER5 不適切な議論を検証する

5-1 導出の妥当性を検証する

5-2 演繹の不備を指摘する

5-3 「ならば」に気を付ける

5-4 「ならば」の逆に注意せよ

5-5 対偶だからと安心しない

5-6 二者択一には疑いを持つ

5-7 不適切な結論付けを指摘する

5-8 証明できないものは根拠にならない

5-9 論理の飛躍をチェックする

5-10 詰まるところ評価は何か

5-11 ロジカル・シンキングによる主張構築

PR

秀和システム