いちばんやさしい 生理学の本

概 要

北海道新聞の朝刊生活面で人気のコラム「生きるしくみ」を1冊にまとめた生理学のやさしい入門書です。生理学とは「どうして生きているのか」「どうやって生きているのか」などの日常的な疑問を解明しようとする学問ですが、あまりに高度化したため、はじめて学ぶ学生には難解な学問と受け取られがちです。そこで本書では、生理学の原点である日常の何気ない体の働きを平易に紹介。血液が体をめぐるしくみ、ごはんを食べるしくみ、脳のしくみ、年をとること、ホルモンのしくみ、など「生きているってどういうこと?」にやさしく答えます。より詳しい生理学の知識を得たい方には同著者の『図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ』がおすすめです。

著者 當瀬規嗣
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-2511-7
発売日 2010/1/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 196
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

chapter 1 生きるしくみ

1-1 証しは、動くこと(キネシスとホメオスタシス)

chapter 2 血液が体をめぐるしくみ(循環系と血液)

2-1 心臓は時計つきのポンプ(心臓ポンプ機能)

2-2 左側で感じる鼓動(心尖拍動)

2-3 脈と拍(心拍と脈拍)

2-4 胸騒ぎ(動悸)

2-5 出血はなぜ危険?(血液循環)

2-6 酸素と血液(酸素運搬能)

2-7 毛細血管って何?(微小循環)

2-8 リンパ液の正体(リンパ循環)

2-9 リンパ管の役割(リンパ循環)

2-10 上の血圧、下の血圧(動脈血圧)

2-11 しなやかな動脈(血圧の変動)

2-12 血圧が高くなるわけ(高血圧)

2-13 塩分と血圧(高血圧症)

2-14 メタボと動脈硬化(脂肪と動脈硬化)

2-15 鼓動の始まり(心臓の自動能)

2-16 鼓動のキッカケ(活動電位と心電図)

2-17 心臓の発電機(心筋イオンチャネル)

2-18 鼓動の引き金は?(カルシウムチャネル)

2-19 二酸化炭素の効用(二酸化炭素の血管拡張作用)

2-20 心臓と音楽(心拍数)

2-21 1秒間(心拍数)

2-22 血圧は変わる(血圧制御)

2-23 鉄道と鼓動(心拍数)

chapter 3 息をするしくみ(呼吸系)

3-1 息をするわけ(内呼吸)

3-2 酸素を取り込む(肺胞機能)

3-3 力を抜いて!(呼吸筋)

3-4 カラオケと運動(強制呼気)

3-5 せきとせき払い(せき反射とせき中枢)

3-6 くしゃみはつらいよ!(くしゃみ反射)

3-7 せきとくしゃみの境目(耳管と鼻腔)

3-8 しゃっくりのナゾ(横隔膜の働き)

3-9 うぶごえ(第一声)

3-10 居眠りのしかた(いびきのしくみ)

chapter 4 ごはんを食べるしくみ(消化器系)

4-1 胃が必要なわけ(胃の貯蔵機能)

4-2 胃とお酒(アルコール吸収)

4-3 おもちに用心(嚥下反射)

4-4 おなかいっぱいで幸せ!(血糖と満腹感)

4-5 昼食と昼寝(脳と糖分)

4-6 人間竹輪理論(消化管機能)

4-7 お酒に強い人、弱い人(肝臓のアルコール代謝)

4-8 胆のうと脂(脂肪吸収機構)

4-9 食物繊維とは(食物繊維の役割)

4-10 うんちの正体(大便の内容)

4-11 快食!快便!(胃大腸反射)

4-12 牛乳が苦手(乳糖不耐症)

4-13 下痢、止める?(下痢の意味)

4-14 つばを吐くな!(唾液の機能)

4-15 吐き気と嘔吐(嘔吐反射)

4-16 間借り人(常在細菌叢)

4-17 体を冷やさない(消化管運動)

4-18 おならのにおい(腸内発酵)

4-19 胃液の役割(胃の消化機能)

chapter 5 栄養のしくみ(栄養と代謝)

5-1 寒い朝は……(特異動的作用)

5-2 ご飯はなぜ脂肪になる?(中間代謝)

5-3 血糖のはなし(血糖値)

5-4 誤解されているインスリン(同化ホルモン)

5-5 夏バテを無視しないで(疲労感、倦怠感)

5-6 誤解されているビタミン(ビタミンの役割)

5-7 脳と空腹(空腹感のしくみ)

5-8 お酒は太る?(アルコール代謝)

5-9 エネルギー切れ(交感神経とショック)

5-10 毎日食べるわけ(栄養素の役割)

5-11 サプリだけ?(栄養素とサプリメント)

5-12 骨とカルシウム(骨質とカルシウム)

5-13 ビタミンDと肝油(ビタミンDの機能)

5-14 カルシウム不足(上皮小体ホルモン)

5-15 おそばの話(ポリフェノールの効用)

5-16 脳のエネルギー(脳と糖分)

5-17 尿酸って何?(尿酸代謝と痛風)

5-18 褐色脂肪組織(非ふるえ熱産生)

5-19 コラーゲン(タンパク質の消化吸収)

5-20 細胞のおきて(糖代謝の意義)

5-21 脂肪は大事(脂肪の意義)

5-22 まかない料理(肝臓のエネルギー源)

5-23 カニ味噌(肝臓と胆汁の役割)

chapter 6 おしっこのしくみ(腎泌尿器系)

6-1 おしっこは毒か?(尿毒症)

6-2 ノドが「渇く」(口渇と飲水中枢)

6-3 濃いおしっこ、薄いおしっこ(尿濃縮希釈機構)

6-4 血液の浄化装置(腎機能)

6-5 おしっこの回数(膀胱の機能)

chapter 7 脳のしくみ(脳神経系)

7-1 緊張のしるし(交感神経)

7-2 リラックスしましょう!(副交感神経)

7-3 あくびのナゾ(あくびの意義)

7-4 脳波の誤解(脳波と脳活動)

7-5 睡眠と脳波(レム睡眠)

7-6 脳の電源装置(上行性網様体賦活系)

7-7 反復練習の意味(小脳)

7-8 体を温めよう(ストレスと自律神経)

7-9 朝の光でお目覚め(メラトニン)

7-10 ノド越しの涼しさ(口渇感)

7-11 猫の額(前頭葉の働き)

7-12 認知と認知症(認知症の意味)

7-13 いい顔(感情と表情)

7-14 口八丁手八丁!(運動野)

7-15 言葉というもの(言語中枢)

7-16 春は眠い(睡眠サイクル)

7-17 リズムを体感(運動感覚と振動感覚)

7-18 脳のクッション(脳脊髄液)

7-19 体をチェンジ!(自律神経のバランス)

7-20 集中力(無視する力)

7-21 産みの苦しみ(産道と頭蓋骨)

chapter 8 温かみのしくみ(体温)

8-1 汗をかくわけ(発汗機構)

8-2 いろいろな汗(精神性発汗、味覚性発汗)

8-3 体はなぜ温かい?(体熱産生と血流)

8-4 日差しにご用心(熱放散のしくみ)

8-5 ブルブルの秘密(ふるえ熱産生)

8-6 熱が出た!(体温調節中枢と発熱)

8-7 発熱と汗(解熱剤の作用)

8-8 アイスクリーム頭痛(片頭痛)

8-9 汗とだるさ(発汗とエネルギー消費)

chapter 9 感じるしくみ(感覚系)

9-1 朝のコーヒー(嗅覚と睡眠)

9-2 味と風味(味覚と嗅覚)

9-3 お酒の味わい(味蕾の分布)

9-4 辛味の秘密(辛味のしくみ)

9-5 苦さの効用(苦さの意義)

9-6 痛みはガマンしない(痛覚)

9-7 体を知る(固有感覚)

9-8 「暑い」と「熱い」(温覚、冷覚)

9-9 老眼鏡のすすめ(老視)

9-10 聖なる夜に(聴覚と振動)

9-11 目が頼り(視覚)

9-12 手ブレ補正(前庭眼反射)

9-13 眼精疲労(目と脳活動)

9-14 鼻がムズムズ(鼻粘膜の役割)

9-15 涙の役割(涙と精神安定)

9-16 くすぐったい(触圧覚)

9-17 しぶ~い(タンニンと渋味)

chapter 10 動くしくみ(筋肉)

10-1 体はどのように動くのか(筋肉の種類)

10-2 筋肉は力の源(骨格筋の構造)

10-3 縞模様の中の秘密(筋原線維)

10-4 内臓を動かす(平滑筋運動)

10-5 コリとハリ(肩こりと筋肉)

10-6 瞬発力と持久力(解糖過程とクレブス回路)

10-7 息をしながら(有酸素運動と無酸素運動)

10-8 赤いお肉(ミオグロビン)

10-9 ハイハイのわけ(乳児の運動機能)

chapter 11 ホルモンのしくみ(内分泌系)

11-1 寝る子は育つ(成長ホルモン)

11-2 甲状腺ホルモン(代謝亢進機能)

11-3 幻のホルモン(唾液腺ホルモンは存在しない)

11-4 ビールを飲むと……(バゾプレッシン)

11-5 更年期を乗り切る(女性ホルモン)

chapter 12 年をとること(老化)

12-1 老いるということ(老化の意義)

12-2 寿命ということ(生殖能力と寿命)

12-3 しわと老化(しわと日光)

12-4 白髪は老化か(毛髪の色素)

12-5 元気なお年寄り(姿勢)

chapter 13 体のしくみ(細胞・全身)

13-1 カルシウムシグナル(体液電解質)

13-2 体の水(細胞内液と細胞外液)

13-3 子供がかわいいわけ(世代交代と育児)

13-4 傷を治す(自然治癒力)

13-5 新陳代謝(細胞での物質交代)

13-6 細胞と経済(細胞の機能分化)

chapter 14 皮のしくみ(皮膚)

14-1 日焼け(メラニン色素)

14-2 ツメの甘い話(つめの構造)

14-3 ヒゲの話(ヒゲの意義)

chapter 15 くすりのこと

15-1 カンフル注射(カンフルの意味)

15-2 ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)

15-3 ヒスタミン(抗ヒスタミン薬)

15-4 特異体質(くすりの有害反応)

おわりに 「生理学は日常にあり」

PR

秀和システム