図解入門ビジネス 工場管理の改善手法がよ~くわかる本

概 要

価格競争に勝ち抜くために欠かせない、生産準備力を鍛えるポイントと工場管理の改善手法を豊富な図表を使って解説した図解入門書です。生産準備とは、ものを量産するための、工程設計、作業設計、コスト設計、品質設計、生産計画、物流計画を通じてQCDの計画と管理の準備をすることです。国際競争の場では1/5、1/10レベルのコストダウンを実現できなければ、人件費の安い海外企業には勝てません。そのためには、つくり方を抜本的に変える力、つまり新たな工程を設計する生産準備力が不可欠です。本書では、生産準備力を養い、製造のQCDを高めていくための体制作りから、環境作り、工程設計、作業設計、コスト設計、品質計画、生産計画、物流計画について事例を交えながらわかりやすく解説します。

著者 松井順一、石川秀人
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2521-6
発売日 2010/2/18
判型 A5
色数 2色
ページ数 232
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 現場管理体制の構築

1-1 目的・方針の明確化

1-2 目標の立案

1-3 スケジュールづくり

1-4 活動ルールの立案

1-5 体制づくり

1-6 管理指標の設定

1-7 結果指標の管理

1-8 活動の見える化

第2章 現場管理環境づくりの極意は、5S

2-1 5Sは、バラツキの低減

2-2 5Sとは

2-3 5Sの進め方

2-4 エリアを特定し進める

2-5 まずは、整理からスタート

2-6 徹底的に整理を行う

2-7 問題を明らかにし、組織で解決

2-8 整理が終れば、次は整頓

2-9 整頓のポイント

2-10 整理・整頓の維持

2-11 5Sの定着から管理・改善の基盤構築へ

第3章 工程管理の極意は、整流化

3-1 流れでモノをつくる

3-2 在庫はリードタイム

3-3 コスト設計

3-4 工程設計

3-5 作業設計

3-6 整流化の進め方と着眼点

3-7 原単位表

3-8 つくりのマップ

3-9 PQ分析

3-10 小ロット生産と段取り替え

3-11 段取り替え改善のステップ

第4章 品質管理の極意は、工程でのつくり込み

4-1 品質は工程でつくり込む

4-2 現場の品質管理は統計的品質管理

4-3 品質計画

4-4 受入検査で品質をつくり込ませる

4-5 工程内確認と工程内検査

4-6 ポカヨケとインターロック

4-7 段取り替えと初物チェック

4-8 出荷検査

4-9 工程FMEAによる予防管理

4-10 バラツキと工程能力

4-11 製品監査と設備能力承認

4-12 品質改善の進め方

4-13 標準類の整備

第5章 作業管理の極意は、標準化

5-1 人を活かす

5-2 標準作業

5-3 タクトタイムとサイクルタイム

5-4 要素作業分割

5-5 時間観測の仕方

5-6 工程別能力表

5-7 標準作業組合せ票

5-8 標準作業票

5-9 山積表

5-10 少人化と省人化

5-11 標準作業改善のステップ

5-12 標準作業改善の進め方

5-13 ワークサンプリング

第6章 生産管理の極意は、後工程引き取り

6-1 プッシュ方式とプル方式

6-2 売れるスピードとつくるスピード

6-3 後工程引き取りによる工程連結

6-4 かんばんの役割

6-5 かんばんの種類

6-6 平準化

6-7 かんばんの流れ

6-8 原単位を合わす

6-9 かんばんの前提条件と運用ルール

6-10 かんばん枠の管理

6-11 かんばん総量(運用枚数)管理

コラム かんばん導入の注意点

第7章 物流管理の極意は、流れ化

7-1 縦物流と横物流

7-2 物流の流れ化

7-3 物流の種類

7-4 物流現場における5S

7-5 物流現場における作業改善

7-6 物流現場におけるモノの流れの管理

7-7 物流情報の管理

7-8 入口・出口の管理

7-9 集荷・運搬の管理

7-10 モノと情報の流れ図

7-11 モノと情報の流れ図の描き方

第8章 要員管理の極意は、人づくり

8-1 人づくり

8-2 要員管理とは

8-3 能力の見える化

8-4 ローテーションとキャリアパス

8-5 小集団活動でリーダーを養成

8-6 要員配置

8-7 結果だけでなく行動で評価する

8-8 褒めることと叱ること

第9章 日常管理の極意は、見える化

9-1 当たり前のことを当たり前に行う

9-2 始業と終業の管理

9-3 作業手順書・作業要領書

9-4 生産管理板

9-5 変化点管理

9-6 アンドン

9-7 設備保守管理

9-8 稼働率と可動率

9-9 生産性と能率

9-10 日常管理と見える化

PR

秀和システム