図解! 成功する人の「心と脳の習慣術」 超実践セルフコーチングで生まれ変わる!

概 要

応用スポーツ心理学にチクセントミハイ博士の提唱する「フロー理論」を加え、著者がスポーツやビジネスの現場で実践してきたノウハウを織り交ぜて完成させた「辻メソッド」によるセルフコーチングの実践書です。スポーツ心理学は、その発展に伴い学問的に体系化され、スポーツだけでなく、ビジネスや芸術の世界にも活かされ、いまでは脳のスキルトレーニングとして広まっています。本書では、脳の機能の説明から、実際のメンタルトレーニングの方法まで、一流のアスリート達が実践する「心の習慣」と「脳のトレーニング法」を解説。企業研修やセミナーで話題沸騰の1冊です!

著者 辻秀一
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2524-7
発売日 2010/2/16
判型 B5
色数 2色
ページ数 96
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

1章 心と脳のシステムを知る(脳力とフローの価値)

01 脳の機能と仕組み

スポーツの世界では「心とパフォーマンスの関係」が体系化されている

02 心の状態

まずは「セルフイメージ」と「セルフコンセプト」の存在を知る!

03 フロー状態

人間は24時間すべてのパフォーマンスに心の状態が影響を与えている

04 認知システム

脳の認知機能こそが「揺らぎ・とらわれ」を生み出す張本人

05 エントリー

結果エントリーの社会構造のなか、心エントリーの習慣を持つことを目指そう

06 ライフスキル

最適・最大のパフォーマンスを実現する心の状態を生み出す脳のスキル

07 フローの価値

フロー状態の価値を見出す作業はセルフコーチングの重要な第1歩

08 感情状態

自分の感情の状態を把握することでフロー度合いをチェックする

09 心の影響因子

心の状態に影響をおよぼす「環境」「経験」「他人」の3因子

2章 自分で自分をフローにする脳力(社会力その1)

10 社会力

自分で自分の機嫌を取ることで最大のパフォーマンスを自分自身にもたらす

11 No Excuse(ノーエクスキューズ)

「自分の心は自分で決める」というライフスキルの原点

12 自分を知る

さまざまなフロー・ノンフロー状態があることを知る

13 4大ツール

自らの思考、表情、態度、言葉が自分の心の状態に影響をおよぼす

14 言葉の価値

心をフローな状態に傾けるために「言葉」を慎重に選ぶことが大事

15 態度の影響

穏やかな態度は自分の心をフロー化するためのフロー態度

16 表情の力

よい表情は顔面の筋肉の状態を脳に伝えて心のフロー化を惹起する

17 思考と感情

ゴルフのクラブを変えるように状況に応じて思考を選択する

18 不快対策思考

不快な状況に直面したときに陥りがちな思考に要注意!

19 好きの価値

思考を選択して「嫌い」を「好き」に変えるライフスキルを知る

20 ウォッシュアウト思考とプリペアリング思考

「洗い出し」と「事前の準備」でノンフローになるリスクを回避する術

21 一生懸命を楽しむ

人間は「一生懸命=楽しい」いう脳力を潜在的に有している

22 目標の意味

社会力のある人は目標設定をフロー化のために行う「目標設定力」をもっている

23 デイファレント思考

○か×かの正誤思考ではなく、違いを認める相違思考がライフスキル

24 自信創造

根拠なく自分を信じることはフローを導くライフスキル

25 プレゼント思考

「過去」「現在」「未来」どの紐を引っ張るかが思考の選択=ライフスキル

26 知識Vs.気づき

「知識」を得るだけでは真のライフスキルの獲得もフロー化も起きない

27 リラクセーション・メソッド

腹式呼吸をマスターして右脳の機能を高めてライフスキルを向上させる

28 イメージの力

心にプラスの感情を創り出すことで、いつでもどこでもフローに生きる

29 チャレンジ

チャレンジの習慣は右脳の働きを活性化させてフロー化に繋がる

3章 自分をフローにするために周りをフローにする脳力(社会力その2)

30 フォワードの法則

人に何かを「与える」社会力は自分にフロー状態を創り出すライフスキル

31 リスペクト・マインド

リスペクトの心や態度はなによりも自分自身のフロー化のためと心得よ

32 チア・マインド

仲間を応援することにより自分のエネルギーを創り出すライフスキル

33 アプリシエイト・マインド

自分自身の心をフロー化させるための「感謝」というライフスキル

4章 周りをフローにする脳力(コーチ力)

34 コーチ力

人間の心の普遍的な原則に沿って、人と接することのできる支援の力

35 ミラーイメージの法則

コーチ力は自分自身のフローにも繋がる一石二鳥のライフスキル

36 理解力

相手の感情と考えを聴いて「わかった」と伝えるコーチ力

37 見通し力

相手を「結果」ではなく「変化」で見ることでフローに傾ける生き方

38 愛する力

「期待」ではなく「応援」することが愛のあるコーチ力

39 行動力

人に見られる「行動」を律するコーチ力は人生を通じて磨くライフスキル

40 ユーモア力

「楽しいことは悪いことではない」と知ることがユーモア力のカギ

41 アクノレッジ力

人と人の「つながり」と相手の「存在価値」を伝えるライフスキル

5章 組織がフローになる脳力(リーダー力)

42 リーダー力

少しでも多くの人材が優れたライフスキルの持ち主になることを導く存在

43 ワンフォチーム・チームフォワン

組織という視点を常に持って、組織全体をフロー化する言葉

44 チームワーク

それぞれの認知や意味づけを超えて共通の使命と目標と理念をもつ

45 バイブレイン

バイリンガルのように「認知脳」「ライフスキル脳」両方を使いこなす

PR

秀和システム