30代40代の転職 採用を勝ち取る! 履歴書・職務経歴書

概 要

就職、転職ともに、絶望的な超氷河期に見舞われている昨今ですが、その中でも特に厳しい状況なのが「30代、40代の中高年転職市場」です。「素晴らしい実績」「強力なコネ」「特殊なスキル」、そのどれかが無ければ、採用はおろか、書類選考すら突破することは難しいでしょう。応募書類の書き方指南本は数多くありますが、そのどれもが「20代の若者向けの内容がメイン」となっており、中高年にはあまり役に立ちません。そこで、ぜひお読みいただきたいのが本書です。履歴書、職務経歴書、添え状」、それぞれの「30代40代に向けた実例」を多数公開! これで、晴れて面接試験へと進むことができるでしょう。

著者 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®佐藤祐子、特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会(監)
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2531-5
発売日 2010/2/25
判型 A5
色数 2色
ページ数 210
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Prologue

超氷河期の転職市場

30代・40代が勝ち抜くためには?

雇用情勢の動向 中途採用のニーズは高まるのか?

30代・40代の転職市場の現状はどうなっている?

転職の成功と失敗の分かれ目 何が違うのか?

成功する転職活動の進め方とは?

30代・40代からでも遅くはない 人生は変えられる!

第1章 30代・40代のキャリアアップ転職は自己分析と情報収集がカギ

1-1 20代に差をつける最大の秘訣は「自己分析」

20代の応募者に勝たねばならない

1-2 30代・40代で成功する転職者の自己分析のポイントは?

採用側はプラス思考の応募者を選ぶ

1-3 経験・知識の棚卸は時系列で徹底的に行うこと

具体的な職務内容や実績を詳細に書き出す

職務内容・実績は詳細に思い出すこと

1-4 売れるキャリアの抽出で経験を武器にする

専門分野は3つ~5つを設定する

分野ごとに経験内容・専門知識・実績を再確認

1-5 30代・40代で「売り」が無いはずがない!

「できて当たり前」と考えると何も見つからない

1-6 「性格」と「行動特性」から強みを認識する

性格と行動特性の把握は、目標設定にも役立つ

1-7 目標達成を左右する興味と価値観の棚卸

「売れるキャリア」を意識しつつ、両者を明確にする

1-8 30代・40代の転職は「天職」探索から

「転職」によって「天職」を目指す!

1-9 キャリアビジョンの実現に向けた自己開発計画とは?

自分に真剣に向き合い、将来像を明確に描く

1-10 効率的な転職活動にはターゲットの明確化が必要

希望条件の整理によって効率的な情報収集が可能

1-11 30代・40代の転職情報の集め方と活かし方

求人情報の入手と活用

企業情報・業界情報の入手と活用

1-12 募集広告の「建て前」には要注意!

採用担当者は応募者からの問い合わせを待っている

1-13 インターネット情報は便利な反面、落とし穴もある

絞り込み検索と、頼り切り過ぎない姿勢が重要

1-14 ハローワーク経由で転職できるのか?

メリットは豊富な求人数と地元密着型であること

デメリットは「求人の質」と言われるが……

1-15 30代・40代の人材紹介会社活用法

複数登録し、転職成功のチャンスを広げる

中高年には厳しいのか?

1-16 企業・業界研究には各種イベントの利用もお勧め

3種類のイベントを適宜利用し、生の情報を入手する

1-17 人脈ネットワークを活かして20代に勝つ!

人脈は「人を介在した情報収集力」、コネは「作るもの」

コラム 「自己PR」と「自慢」「うぬぼれ」との違い

第2章 30代・40代転職者の履歴書は戦略的に書く

2-1 履歴書と職務経歴書 どちらが重視されるのか?

採用側が重視するのは「職務経歴書」

履歴書だけで「不採用」になることも

2-2 応募先企業に合わせて3つのパターンを使い分ける

履歴書には3通りの作成方法がある

作成方法は戦略によって決める

2-3 30代・40代にふさわしい市販履歴書用紙の選び方

A3サイズ、職歴と志望動機欄が大きい書式がお勧め

2-4 採用側は何を期待しているのか? 履歴書を書く際の注意点

「熱意」を表現するだけではダメ

「満たしている応募条件」を明確にアピールする

2-5 「基本データ」と「写真」について注意すること

基本データは連絡先の記入に注意!

写真で「やる気と若々しさ」を印象付ける

2-6 学歴・職歴欄はどのように書くべきなのか?

学歴は中学卒業から書き始めるべきか?

職歴は全て書くべきなのか?

2-7 学歴自体にアピールポイントがある場合

学校名・履修内容をアピールの材料とする

2-8 正社員以外の職歴の書き方

パートやアルバイトでの勤務が短期間の場合

派遣社員として勤務経験がある場合

2-9 応募職種に関係ない免許・資格でも書くべきなのか?

趣味系の資格や「何もない」場合は?

未経験職種への応募の場合

2-10 説得力のある志望動機の書き方とは?

応募先の魅力を退職理由から見つける

「キャリアビジョン」を意識すること

2-11 特技欄はどのように書くべきなのか?

趣味系の記述で問題ないのか?

自己分析の「技能的な特性」を簡潔に記述

2-12 退職理由でマイナスイメージを避けるための工夫

「やむを得ない理由」を明記すること

理由自体が書きにくい場合

2-13 本人希望記入欄の活用方法

「貴社規定に従います」だけではもったいない!

その他にもこれだけの使い道がある

2-14 市販フォーマットに沿った履歴書をPCで作成する場合

「読みやすさ」に配慮し、一部「直筆」を取り入れる

2-15 自作フォーマットの履歴書は差別化に効果あり!

年齢のハンディを「経験豊富」という強みに転換

自作フォーマットの記載項目と注意点

2-16 「経験知識要約」のまとめ方で合否が決まる!

「経験知識要約」が最大のアピールポイント

推敲段階で文末に変化をつけること

第3章 これで差がつく! 30代・40代の職務経歴書

3-1 自己分析の質と量が「売れる職務経歴書」につながる

「職務能力」を武器にすること

「売れる職務経歴書」を作成すること

3-2 職務経歴書に記載するべき項目は何か?

履歴書で伝えきれなかった必要事項をわかりやすく書く

3-3 職種によって異なるアピール材料を意識して作成する

職種の特性を考慮し、職務遂行能力をアピールする

3-4 2種類のスタイル どちらにするかは応募のケース次第

キャリア式がふさわしい応募者も多い

3-5 見やすいレイアウトで評価を高める

「読みやすさ」のための様々な工夫

3-6 30代・40代の職務経歴書はロジカルに表現する

1ページ目に重要なアピール材料を置くこと

3-7 編年体式職務経歴書の事例

年代順:キャリアの一貫性、入社時の経験を「売り」にするスタイル

逆年代順:直近の経験を強調し、即戦力性をアピールするスタイル

3-8 キャリア式職務経歴書の事例

専門分野の棚卸シートを活用する

専門分野の数は4つ前後が適している

3-9 2種類をミックスした折衷式の事例

「売り」となる情報の構成とレイアウトがポイント

すべての応募者に適しているスタイルではない

3-10 最初と最後に入れる自己PRは印象の決め手となる

自己PRは文章と箇条書きを使い分ける

3-11 編年体式職務経歴書で注意すべきポイントは?

履歴書を詳しくしただけではNG

業務内容で区切り、要約や別紙リストを活用

3-12 キャリア式職務経歴書で注意すべきポイントは?

分類方法と記載順次第で「別人」に見える!

各専門分野はロジカルな記述パターンに統一

第4章 30代・40代の職務経歴書事例

4-1 事務職の事例:具体的な職務内容と特技は必須情報

経験した職務内容を詳細に見やすく記載する

パソコンのスキルは実績も忘れずに!

4-2 営業職の事例:実績を数字で表現できる強みを活かす

実績を数値で示し、達成手段も明記する

「営業センス」を書類に発揮する

4-3 サービス職の事例:数字では示せないスキルをアピール

「奉仕の精神」を発揮したエピソードを具体的に示す

具体的な仕事ぶりを採用側に伝える

4-4 技術職の事例:専門性と即戦力性を最大限に売り込む

キャリア式の専門分野の設定がカギ

専門性の高さを示し、別添資料を活用する

4-5 制作職の事例:感性と技能をアピールする

センスだけでなく、対人関係スキルも評価の対象

プレゼン・ブックを活用してアピールする

4-6 大きな実績がない場合、経験と知識の棚卸を見直す

採用されるのはホームランバッターとは限らない

4-7 特殊なスキルがない場合、総合力がPR材料となる

採用側が知りたい「即戦力性」=様々なスキルの集合体

4-8 転職回数が多い場合は、キャリアの一貫性がポイント

キャリアの一貫性と協調性をアピール

様々な職場への適応力の高さが強み

4-9 職歴にブランクがある場合の弱みをカバーするには?

マイナス印象を補うためのケース別対応法

採用側の期待値を超える書類を作成する

4-10 職種転換の場合は、関連する経験のまとめ方でカバー

関連する職務経験と「売れる能力」がポイント

キャリア式で実務経験と異職種志望動機を強調

4-11 異業種への転職は同業界出身者にない「売り」が勝負!

不利な条件を強みに変える

今後の貢献に期待できる印象を与える

4-12 派遣社員の事例:限定的な職務経験にプラスαをPR

マネジメント経験の不足を適応力の高さでカバー

正社員を志す理由とキャリアアップの姿勢

4-13 フリーターの場合、志望動機と仕事への姿勢を明確に!

具体的なエピソードによって能力を示す

志望動機の説得力は、実績によって決まる

コラム プレゼン・ブックの活用

第5章 添え状は、30代・40代転職者には欠かせない

5-1 「売り」を強調して「弱み」をカバーするための添え状

添え状を付けてアピールすることは今や常識

5-2 形式的な添え状では意味が無い!

一番先に見られる書類としての役割を意識する

5-3 募集していない企業へ応募する場合の添え状

面接が実現すれば、内定獲得率は非常に高い

5-4 人間性が疑われるような添え状は逆効果

採用側の立場で考え、アピール材料を読みやすく収める

5-5 応募書類を郵送する際の注意事項は?

A4サイズの封筒とクリアファイルを使用

コラム ダイレクトメールによる応募について

PR

秀和システム