ASP.NET Webアプリ開発技法 Visual Basic対応

概 要

.NETのWebアプリケーション開発フレームワーク「ASP.NET」を使ったWebプログラミング解説書です。Windowsアプリケーション開発者であれば、イベント駆動型のWebアプリケーションを違和感なく作ることができます。とはいえ、WebアプリケーションではHTTPやHTMLなどを使っているため、Webの基礎技術を理解する必要があります。そこで本書では、コントロールやコーディングはもとより、HTTPやHTMLなど基礎技術についての説明や図解を掲載しました。また、ADO.NETの様々なデータへのバインドやコントロールを実際にサンプルを動かしながら徹底学習します。サンプルコードのダウンロードサービス付き。ADO.NETやデータベースファイル(.mdfファイル)の作成については姉妹書『Visual Basicで学ぶ ADO.NET3.5データベース プログラミング』で詳しく解説しています。

著者 木暮啓一
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2560-5
発売日 2010/3/25
判型 B5変
色数 2色
ページ数 448
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter_1 Webアプリケーション開発のための基礎知識

1.1 HTML

1.1.1 WebブラウザとHTML

1.1.2 マークアップ

1.2 HTTPプロトコル

1.2.1 HTTPコマンド

1.2.2 GETコマンド

1.2.3 POSTコマンド

1.3 TCP/IPプロトコル

1.3.1 IPとTCP

1.3.2 ドメインとIPアドレス

1.4 クライアントサイドプログラミング

1.4.1 クライアントサイドプログラミング言語

1.4.2 Java Script

1.5 サーバーサイドプログラミング

1.5.1 Webアプリケーションとは

1.5.2 サーバーサイドプログラミング言語

1.5.3 クッキー

Chapter_2 ASP.NET概要

2.1 Microsoft .NET Framework

2.1.1 NET Frameworkの構成

2.1.2 XML

2.2 ASP.NET Webアプリケーション

2.2.1 Webページのライフサイクル

2.2.2 サーバーサイド イベントドリブン

2.2.3 Webページのコードモデル

2.2.4 プリコンパイル

2.2.5 AJAX

2.3 ASP.NET Webサービス

2.3.1 SOAP

2.3.2 XML Webサービスによる分散システム

2.4 Microsoft Silverlight

2.4.1 Silverlightの特徴

2.4.2 XAML

Chapter_3 統合開発環境(IDE)

3.1 IDEの構成

3.2 Webサイトの作成

3.2.1 Webサイトの新規作成

3.2.2 Webサイトを保存する

3.2.3 既存のWebサイトを開く

3.2.4 Webサイトに新しい項目を追加する

3.2.5 Webサイトから項目を削除する

3.3 Webフォームデザイナ

3.3.1 Webフォームデザイナの表示

3.3.2 デザインビュー

3.3.3 ソースビュー

3.4 コードエディタ

3.4.1 イベントハンドラの追加

3.4.2 インテリセンス

3.4.3 コメントアウト

3.5 デバッグ実行

3.5.1 デバッグの開始

3.5.2 ブレークポイント

3.5.3 変数の参照

Chapter_4 Webフォームとコントロール

4.1 Webフォーム

4.1.1 Webフォームのイベント

4.1.2 イベントハンドラの作成

4.1.3 Webフォームのプロパティ

4.1.4 Webフォームのメソッド

4.1.5 HttpRequestオブジェクト

4.1.6 HttpResponseオブジェクト

4.1.7 ページの遷移

4.1.8 クッキー(Cookie)

4.1.9 状態の管理

4.1.10 ディレクティブ

4.1.11 HTMLドキュメントのプロパティの設定

4.1.12 埋め込みコードブロック

4.2 Webサーバーコントロール(標準コントロール)

4.2.1 Webサーバーコントロールのマークアップ

4.2.2 Webサーバーコントロールのイベント

4.2.3 Webサーバーコントロールの共通メソッド

4.2.4 ビューステート

4.2.5 Webサーバーコントロールの変換

4.2.6 Buttonコントロール

4.2.7 CheckBoxコントロール

4.2.8 DropDownListコントロール

4.2.9 HiddenFieldコントロール

4.2.10 HyperLinkコントロール

4.2.11 Imageコントロール

4.2.12 Labelコントロール

4.2.13 ListBoxコントロール

4.2.14 Literalコントロール

4.2.15 Panelコントロール

4.2.16 PlaceHolderコントロール

4.2.17 RadioButtonコントロール

4.2.18 TextBoxコントロール

4.3 Webサーバーコントロール(検証コントロール)

4.3.1 主な検証コントロールのプロパティとメソッド

4.3.2 検証コントロールの検証方法

4.3.3 CompareValidatorコントロール

4.3.4 CustomValidatorコントロール

4.3.5 RangeValidatorコントロール

4.3.6 RegularExpressionValidatorコントロール

4.3.7 RequiredFieldValidatorコントロール

4.3.8 ValidationSummaryコントロール

4.4 Webサーバーコントロール(AJAXコントロール)

4.4.1 AJAXコントロール

4.4.2 ScriptManagerコントロール

4.4.3 Timerコントロール

4.4.4 UpdatePanelコントロール

4.5 HTMLコントロール

4.5.1 name属性

4.5.2 runat属性

4.6 認証と承認

4.6.1 認証

4.6.2 承認

4.6.3 Windows認証

4.7 スタイル

4.7.1 スタイルシートのルールセット

4.7.2 内部スタイルシートと外部スタイルシート

4.7.3 CSSスタイルの作成と適用

4.8 マスターページ

Chapter_5 データバインディング

5.1 データアクセス

5.1.1 接続型データアクセス

5.1.2 非接続型データアクセス

5.1.3 データセットの作成

5.2 標準コントロールのデータバインディング

5.2.1 データセットとのバインディング

5.2.2 LINQを使ったバインディング

5.2.3 DataSourceコントロール(SqlDataSource コントロール)とのバインディング

5.2.4 DataSourceコントロール(LinqDataSource コントロール)とのバインディング

5.3 データコントロール

5.3.1 データ操作を行うためのSqlDataSourceコントロールの構成

5.3.2 スマートタグパネルによる設定

5.3.3 DataListコントロール

5.3.4 DetailsViewコントロール

5.3.5 FormViewコントロール

5.3.6 GridViewコントロール

5.3.7 ListView コントロール

5.3.8 Repeaterコントロール

Chapter_6 ASP.NET Webサービス

6.1 Webサービスの作成

6.2 ASP.NET Webサービスの利用

補足資料

補足資料 A

補足資料 B

補足資料 B

PR

秀和システム