FXを超えた最強投資術! CFD投資 成功の秘訣がよーくわかる本

概 要

注目度急上昇中のCFD(差金決済取引)の特徴と仕組み、相場分析の知識や取引の心構え、業者選びのポイントをわかりやすく解説した投資指南書です。CFDは、ある銘柄の取引をはじめて、決済したときに発生する損益だけをやり取りして取引を終了するシステムです。英国ではすでにメジャーな取引ですが、日本では2005年ごろから取引が始まっています。本書では、投資初心者という設定の「猫」の質問に答える会話形式でCFD取引の仕組みを解説。CFDの特徴とメリット、銘柄に影響を与える要因、CFDの買い時・売り時、業者選びの比較ポイント、投資経験別の取り組み方を解説します。

著者 宮﨑哲也
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2586-5
発売日 2010/4/17
判型 A5
色数 2色
ページ数 242
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

1時限め 注目度急上昇のCFDって何?

1-1 CFDの仕組みを知っておこう!

1-2 CFDが注目されるワケとは?

1-3 差金決済で身軽な取引ができる!

1-4 証拠金取引だと、なぜ元手が少なくて済むの?

1-5 レバレッジって何?

1-6 2WAYプライスって何?

1-7 CFDで発生するオーバーナイト金利って何?

1-8 1つの口座ですべての取引ができるメリットは?

1-9 CFDなら外国銘柄も楽に取引できるって、どういうこと?

2時限め CFDでの「ココがうれしい!」

2-1 超豊富な銘柄から選び放題!

2-2 「買い」からでも「売り」からでも入れる!

2-3 リスクヘッジにも使える!

2-4 取引時間が長い!

Column CFDは「第2のFX」となるか?

3時限め 各CFDの特徴と従来取引との比較

3-1 日本現物株CFD VS 日本株取引

3-2 外国現物株CFD VS 外国株取引

3-3 商品CFD VS 商品先物取引

3-4 債券CFD VS 債券取引

3-5 指数CFD VS ETF

3-6 通貨CFD(FX) VS 外貨預金

Column CFDのマイナス面も知っておこう!

4時間め ぜひ知っておきたいファンダメンタル分析の知識

4-1 GDPは超重要指標!

4-2 政策金利も要チェック!

4-3 景気判断に使われる景気動向指数

4-4 注目度アップ! BRICs、ネクスト11

4-5 投資家は絶対見逃せない! 雇用統計

4-6 米国の発表は特に注視! 貿易収支

4-7 日本の代表的な指標はこれだ!

5時間め CFDの買い時・売り時の見分け方

5-1 ローソク足の見方を簡単に解説!

5-2 ローソク足の種類を知っておこう!

5-3 ローソク足の組み合わせで分析の精度を高めよう!

5-4 チャートからトレンドをつかむには?

5-5 これだけは押さえておきたい移動平均線の見方

5-6 売買タイミングを見るグランビルの法則

5-7 買われ過ぎ、売られ過ぎを見るオシレーター指標

5-8 ストキャスティクスも使ってみよう!

5-9 総合的判断の手助けとなる一目均衡表

5-10 プロに信頼が厚いMACDについて知ろう!

6時限め 投資経験別、CFDへの取り組み方

6-1 超初心者は、まずデモ取引から!

6-2 CFDかけだしの人は業者選びから!

6-3 シロウト以上、クロウト未満の人は得意分野を作ろう!

6-4 クロウトはだしの人はリスク軽減を心がけて!

PR

秀和システム