TECHNICAL MASTER はじめてのCentOS 5 Linuxサーバ構築編 第2版

概 要

Red Hat Enterprise Linuxと互換性があるLinux OSのなかでもっとも人気がある安定版Linux「CentOS 5」によるサーバ構築・運用のための入門書です。本書では、Linuxサーバ構築の初心者でもわかるよう、ネットワークやLinuxの知識から、Linuxの操作方法、サーバ構築の基礎、LANで使えるサーバ(DHCP、Samba)の構築方法、インターネットで使えるサーバ(メール、Web、FTPなど)の構築方法、トラブル対応とサーバの管理手順まで、CentOS 5を使ったサーバ運用のノウハウを網羅。CentOS 5.4(i386版)を収録したDVD-ROM付き。

著者 ラクス
価格 本体2900円(税別)
ISBN 978-4-7980-2588-9
発売日 2010/4/16
判型 B5変
色数 2色
ページ数 424
CD/DVD Linux
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 01 予備知識

01-01 ネットワークについて知る [ネットワークの予備知識1]

・ネットワークとは

・LANとインターネット

01-02 サーバとクライアントについて知る [ネットワークの予備知識2]

・サーバとクライアント

・ピア・ツー・ピア型のネットワーク

・クライアント・サーバ型のネットワーク

01-03 ネットワークを構築する [ネットワークの予備知識3]

・ネットワークの形態

・ネットワークケーブル

・ネットワークインタフェースカード

・ハブ

・無線LAN

01-04 IPアドレスについて理解する [ネットワークの予備知識4]

・IPアドレス

・ネットワークアドレスとホストアドレス

・サブネットマスク

・グローバルアドレスとプライベートアドレス

・ルーティング

01-05 プロトコルについて理解する [ネットワークの予備知識5]

・プロトコルとは?

・TCP/IP

・パケット

・各層で付加される送信先・送信元を特定するヘッダ情報

・名前解決について

01-06 インターネットへの接続方法を知る [ネットワークの予備知識6]

・LANとインターネット

・インターネットへの接続方法

01-07 Linuxについて理解する [Linuxの予備知識]

・Linux

・Linuxの現状

・CentOS

・CentOSに必要なハードウェア要件

01-08 CentOS 5の機能・特徴を知る [CentOS 5の特徴]

・カーネル2.6

・SELinux

・Windows環境での利用

・その他

Chapter 02 構築の準備

02-01 既存のLANに接続する [LAN環境への接続]

・1からのネットワーク構築

・既存ネットワークへの接続

02-02 Windowsでネットワークの設定を行う [LAN環境の構築]

・Windowsでのネットワーク設定

・動作確認

02-03 本格的に公開するサーバを準備する [インターネットサーバ構築準備1]

・本格的なサーバの公開

・想定する環境

・回線の選択

・グローバルアドレスの取得

・独自ドメインの取得

・DNSの登録

02-04 動的アドレスの割り当てを受ける場合のサーバ公開

[インターネットサーバ構築準備2]

・動的にアドレスの変化するサーバの公開

・ルータタイプのADSLモデムを使用する場合

・ブリッジタイプのADSLモデムを使用する場合(PPPoAタイプ)

・ブリッジタイプのADSLモデムを使用する場合(PPPoEタイプ)

Chapter 03 Linuxのインストール

03-01 ネットワーク構成とディスク構成を決定する [ネットワーク構成とディスク構成]

・ネットワーク構成

・ディスク構成

・swap領域

03-02 Linuxをインストールするための準備をする [言語・キーボードの設定]

・インストーラの起動

・DVD-ROMメディアのテスト

・インストール準備作業の開始

・言語の選択

・キーボードタイプの選択

・ハードディスクの検証

03-03 ハードディスクを分割する [パーティションの設定]

・パーティションの設定方法の選択

・Linuxでのハードディスクの取り扱い

・既存パーティションの削除

・/bootパーティションの設定

・swapパーティションの設定

・/(ルート)パーティションの設定

03-04 インストール後に起動できるようにする [ブートローダの設定]

・ブートローダとは

・ブートローダの設定

03-05 ネットワークについて設定する [ネットワークの設定]

・ネットワークの設定

03-06 インストールのための最後の設定を行う [残りの各種設定]

・タイムゾーンの設定

・rootパスワードの設定

・パッケージの選択

・インストールの設定の完了

03-07 インストール処理と起動の確認を行う [インストールと起動]

・パッケージグループのインストール状況

・インストール作業の終了

・Linuxの起動

03-08 インストール後の初期設定を行う [初期設定]

・ようこそ

・ファイアウォール

・SELinux

・日付と時刻

・ユーザーの作成

・サウンドカード

・追加のCD

Chapter 04 Linuxの基本操作

04-01 ログイン/ログアウトと終了/再起動の方法を知る

[ログイン/ログアウト・シャットダウン]

・ログイン作業

・ログアウト作業

・Linuxの終了・再起動

・シェルプロンプト

04-02 ユーザの追加や削除の方法を知る [ユーザの管理]

・rootユーザと一般ユーザ

・一般ユーザの追加(useradd)

・パスワードの設定(passwd)

・一般ユーザでのログイン

・ユーザの変更(su)

・ユーザの削除(userdel)

04-03 Linuxのディレクトリ構造について理解する [Linuxファイルシステム]

・/(ルート)ディレクトリ

・カレントディレクトリとホームディレクトリ

・絶対パスと相対パス

・カレントディレクトリの移動(cd)

・ディレクトリ一覧の表示(ls)

・テキストファイルの閲覧(cat)

・パーミッション

・所有者と所有グループの変更

04-04 マニュアルの参照方法を知る [man]

・マニュアルを閲覧する

04-05 ファイル/ディレクトリの基本操作をマスターする [Linuxコマンド基本操作]

・ファイルの作成(touch)

・ディレクトリの作成(mkdir)

・ファイル/ディレクトリのコピー(cp)

・ファイル/ディレクトリ名の変更・移動(mv)

・ファイル/ディレクトリの削除(rm)

・ページ単位でテキストファイルを閲覧する(less)

・シンボリックリンクの作成(ln -s)

04-06 テキストファイルの編集方法をマスターする [viエディタ]

・viエディタ

・その他のviコマンド

04-07 リダイレクトとパイプについて理解する [標準入出力とコマンドの結合]

・標準入力と標準出力

・リダイレクト

・パイプ

04-08 DVD-ROMの取り扱いをマスターする [DVD-ROMのマウント/アンマウント]

・マウント

・アンマウント

04-09 パッケージの取り扱いをマスターする [RPMファイルの操作]

・RPMファイル

・インストール

・署名のインポート

・アンインストール

・アップグレード

・クエリー(問い合わせ)

04-10 ネットワーク設定の基本をマスターする [Linuxネットワーク設定]

・ネットワーキングに必要な情報

・ネットワークインタフェースの設定

・システム全体のネットワーク設定

・ネームサーバの設定

Chapter 05 Linuxでのサーバ構築

05-01 ソフトウェアをアップグレードする手段を知る [パッケージアップグレード]

・ソフトウェアの更新

・yum(Yellow dog Updater, Modified)

・GPG鍵のインポート

05-02 ネットワークサービスの基本について知る [サーバデーモンとサービス制御スクリプト]

・内部向けのサービスとインターネット向けのサービス

・サーバデーモン

・サービス制御スクリプト

・initプロセス

・サーバの自動起動の設定

05-03 非常時のログイン手段を知る [シングルユーザモード]

・シングルユーザモードへの入り方

・シングルユーザモード移行のためにパスワードを掛ける

05-04 Linuxのセキュリティを高める方法を知る [SELinux]

・SELinuxの概要

・SELinuxの特徴

・SELinuxの機能を知る

・SELinuxの動作を制御する

・システム起動時の動作モードを設定する

・システム動作中に動作モードを切り替える

・ブートローダからSELinuxの機能を制御する

・ブールによるSELinuxのポリシー変更

Chapter 06 SSHサーバ

06-01 SSHサーバを構築する [SSHサーバ]

・SSHとは?

・openssh-serverのディレクトリ構造

・SSHサーバの設定

06-02 TCP Wrapperの取り扱いについてマスターする [TCP Wrapper]

・TCP Wrapperを使うサービス

・アクセス制御の流れ

・TCP Wrapperの設定

06-03 WindowsでSSHを使用する [PuTTY]

・Windowsから接続するメリット

・PuTTYの入手

・PuTTYのインストールと起動

・PuTTYの初期設定

・SSHを利用した接続

06-04 Windowsでscpを使用する [WinSCP]

・SCPとは?

・WinSCPのインストール

・WinSCPを利用する

Chapter 07 DHCPサーバ

07-01 DHCPサーバを構築する [DHCPサーバ]

・DHCPとは?

・DHCPサーバのインストール

・dhcpのディレクトリ構造

・DHCPサーバの設定

・サービスを提供するインタフェースの指定

・DHCPの起動

07-02 WindowsコンピュータでDHCPクライアントの設定を行う [DHCPクライアント]

・DHCPクライアントの設定

・IPアドレスの確認

・ルータ機器のDHCP機能について

Chapter 08 Sambaサーバ

08-01 Sambaサーバを構築する(1) [Sambaの仕組みとインストール]

・Sambaの仕組み

・Sambaのインスト-ル

・Sambaのディレクトリ構造

・smb.confの確認

08-02 Sambaサーバを構築する(2) [Sambaの共有設定]

・フルアクセス共有フォルダの作成

・アクセス権付きフォルダの作成

・homeディレクトリの利用

08-03 Windowsから共有フォルダを利用する方法を知る [共有フォルダの利用]

・Windowsクライアントからの共有フォルダの利用

・アクセス権設定のない場合の接続方法

・アクセス権設定のある場合の接続方法

08-04 WebブラウザによるSambaの設定方法について知る [SWAT]

・SWATとは

・スーパーサーバ

・SWATのインストール

・SWATのディレクトリ構造

・SWATの起動設定

・TCP Wrapperの設定

・SWATの実行

Chapter 09 DNSサーバ

09-01 DNSの仕組みを知る [DNSの仕組み]

・ドメイン名

・ホスト名

・IPアドレスへの変換

・DNSサーバの役割

・DNSサーバは2台必要?

09-02 DNSサーバを構築する [BINDのインストール]

・BINDのサーバタイプ

・BINDのインストール

・BINDのディレクトリ構成

09-03 キャッシングサーバとして動作するように設定する [キャッシングサーバ]

・キャッシングサーバの設定

09-04 マスターサーバとして動作するように設定する(1) [マスターサーバ]

・ネットワーク構成

・ゾーン名の決定

・/etc/named.confにゾーン追加

・ゾーンデータベースの作成

09-05 マスターサーバとして動作するように設定する(2) [ゾーンデータベース(1)]

・ゾーンデータベースrakus.co.jp.dbの作成

09-06 マスターサーバとして動作するように設定する(3) [ゾーンデータベース(2)]

・ゾーンデータベース0.168.192.in-addr.arpa.dbの作成

・クラスC未満のネットワークでの逆引き設定

09-07 BINDの起動とテストを行う [BINDの起動とテスト]

・namedの起動

・問い合わせを行うDNSサーバの変更(Linux)

・DNSサーバのテスト

・問い合わせを行うDNSサーバの変更(Windows)

09-08 namedがchroot環境で動作するように構築する [DNSサーバのセキュリティ]

・namedをchroot環境で動作させる

・bind-chrootのディレクトリ構成

Chapter 10 メールサーバ

10-01 メール送受信の仕組みを知る [メールの仕組み]

・メールの配送

・メールの読み出し

・メールサーバ

・メールアドレス

10-02 Postfixを使えるようにする [PostfixのインストールとSMTPの切り替え]

・Postfixとは

・Postfixのディレクトリ構造

・sendmailを停止する

・Postfixのインストール

・sendmail環境からPostfix環境へ移行する

10-03 Postfixの設定と起動を行う [SMTPの設定]

・Postfixの設定

・Postfixの起動

・mailコマンドによるメール配送テスト

10-04 POP3/IMAP4サーバを構築する [dovecot]

・POP3/IMAP4サーバdovecot

・dovecotのインストール

・メールアドレスの作成

・メーラによるメール送受信

10-05 管理者アドレスにメールを転送できるようにする [転送設定]

・エイリアス

・複数アドレスに一括で送信する同報用アドレスを作成する

10-06 SMTP認証を設定する [SMTP認証]

・SPAM

・送信者の制限

・SMTP認証の設定

・メーラの設定

10-07 メールサーバとDNSサーバの関係を知る [MXレコード]

・なぜDNSサーバに設定が必要?

・DNSサーバへの登録

Chapter 11 Webサーバ

11-01 Webサーバを構築する [Webの仕組みとApacheインストール]

・URLによるWebアクセスの仕組み

・Apacheの自動起動設定

・ブラウザからApacheにアクセス

・Apacheのディレクトリ構造

・モジュールの機能

11-02 ホームページを公開してみる [コンテンツの作成とアップロード]

・Linux上でホームページ作成

・Windowsで作成したページを公開

11-03 Apacheの設定をいろいろ変更してみる(1) [Apache設定変更1]

・Apache設定の概要

・管理者アドレスとサーバ名の設定

・トップページとして表示されるファイルを変更する

11-04 Apacheの設定をいろいろ変更してみる(2) [Apache設定変更2]

・ドキュメントルートの変更

・特定ディレクトリ内にあるファイルをホームページとして表示できるようにする

・デフォルトキャラクタセットの変更

・アクセスを他のサイトに転送する

11-05 Apacheの設定をいろいろ変更してみる(3) [Apache設定変更3]

・特定のネットワークからアクセスを許可する

・ユーザ名とパスワードで認証を行う

11-06 WebDAVを利用してファイルを管理する [WebDAV]

・WebDAVとは?

・WebDAVシステムを構築するためのApacheの設定

・クライアントの設定

11-07 Apacheのアクセスログを解析する [Webalizer]

・アクセス解析とは?

・Webalizer

・Webalizerのインストール

・Webalizerに含まれるファイル群

・Webalizerの設定1 ― Apacheの設定ファイル

・Webalizerの設定2 ― Webalizerの設定ファイル

・Webalizerへのアクセス

・結果の分析

11-08 WebMailクライアント環境を構築する [SquirrelMail]

・WebMailクライアントとは

・SquirrelMail

・SquirrelMailのインストール

・SquirrelMailに含まれるファイル群

・SquirrelMailの設定1 ― Apacheの設定ファイル

・SquirrelMailの設定2 ― squirrelmailの設定ファイル

・Dovecotの設定

・SquirrelMailへのアクセス

Chapter 12 FTPサーバ

12-01 FTPサーバを構築する [FTPサーバ]

・FTPサーバについて

・vsftpdのインストール

・vsftpdのディレクトリ構造

・FTPサーバに接続

12-02 匿名で使えるFTPサーバを構築する [Anonymous FTPサーバ]

・Anonymous FTP(匿名FTP)とは?

・vsftpdの設定確認

・Anonymous接続の確認

12-03 FTPサーバのセキュリティを高める [FTPサーバのセキュリティ]

・FTP接続だけができるユーザの作成

・アクセスの制限

12-04 FTPクライアントの使い方をマスターする [FTPクライアント]

・FTPサーバへの接続

・FTPコマンド一覧

Chapter 13 プロキシサーバ

13-01 代理アクセスの仕組みを知る [プロキシの仕組み]

・プロキシサーバを経由したサーバとの通信

・プロキシサーバを利用するメリット

・プロキシサーバの危険性

13-02 プロキシサーバの導入と設定を行う [Squidのインストールと設定]

・Squidのインストール

・Squidのディレクトリ構造

・Squidの設定

・ホスト名の設定

・squidの起動

13-03 ブラウザからプロキシサーバを利用する [ブラウザの設定]

・ブラウザへの設定

13-04 プロキシサーバのセキュリティを高める [ユーザ認証の設定]

・ユーザ認証の設定

・ユーザ認証の確認

Chapter 14 NATルータ

14-01 NATルータのための基礎を押さえておく

[パケットフィルタリング・パケット中継・IPマスカレード]

・想定する環境

・パケットフィルタリング

・パケット中継機能

・IPマスカレード

14-02 iptablesの基本的な使用法をマスターする [iptables1]

・5つのチェインとパケットの流れ

・iptablesコマンド

・IPマスカレード機能の実装

14-03 iptablesを設定するスクリプトの作成を行う [iptables2]

・iptables設定スクリプトの作成

・スクリプトの使用方法

・現在の設定の確認方法

・現在の設定をファイルに保存

・設定上の方針

・内部向けの設定

・Linuxルータ自身に必要なアクセスを許可する

・でき上がった設定ファイル

・iptablesの状態を確認する

14-04 iptablesがうまく動作していないと思われるときは [トラブルシューティング]

・設定を反映できない??

・通信できない??

・ログファイルの確認

・最後に

Chapter 15 サーバの運用

15-01 トラブルが起きたときの対処を知る [トラブルシュート]

・セキュリティ設定は大丈夫?

・ネットワーク診断ツールping

・IPアドレスを疑う

・デフォルトゲートウェイ設定を疑う

・IPマスカレードを疑う

・ルーティング機能を疑う

・DNSを疑う

・各サーバサービスを疑う

15-02 サーバの状態を確認する [ディスク容量とプロセス]

・ディスク容量は?

・提供しているサービスは何??

15-03 データのバックアップを取る [バックアップとリストア]

・バックアップ

・ファイル単位のバックアップ

・ファイルシステムのバックアップ

PR

秀和システム