図解入門ビジネス 最新 減価償却の基本と仕組みがよーくわかる本[第2版]

概 要

減価償却の計算法から節税の方法までを、やさしい図解で徹底解説したガイドブックの第2版です。減価償却は現金支出を伴わない費用ですが決算書を読んだり、財務分析をするときにはたいへん重要な情報になります。また、キャッシュフローにも大きな影響を与え、税務にとっても大事な項目です。そこで本書では、実務担当者のために減価償却の計算と実務、取得価格と耐用年数、経営戦略に役立てる減価償却の考え方、税効果会計のポイント、キャッシュフローと減価償却の関係を解説しています。また、平成19年度の税制改正とIFRSという新しい会計基準についても解説しています。

著者 柴山政行、山本天眼
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2639-8
発売日 2010/5/29
判型 A5
色数 2色
ページ数 216
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 減価償却の基礎知識

1-1 減価償却の全体像をつかむ

本書の解説の手順

1-2 貸借対照表と損益計算書の関係

会社の財産やもうけ(利益)をまとめた書類

1-3 減価償却とはなにか

自動車を買っても、一時の費用にはならない

費用収益対応の原則

何年使えるかは税法が決めている

実際に減価償却してみよう

1-4 税制改正がおよぼす影響

税制改正前の減価償却制度

税制改正後の変化

今回の改正の趣旨と今後の改正の方向性

1-5 「取得価額」の捉え方を理解する

取得価額を求めてみよう!

取得価額にならない諸経費

取り扱い注意の費用

資産を買ったときには、領収書より請求書に注目しよう

1-6 「耐用年数」の捉え方を理解する

税法が定める「使用可能期間」とは

1-7 減価償却の方法

定額法

定率法

生産高比例法

1-8 一括償却の方法

損金経理ってどういうこと?

一括で費用となるケース

取得価額が20万円未満のものは3年で償却することができる

取得価額が30万円未満のものも費用になる

税抜き方式か税込み方式かで判定が変わってくる

1-9 中古資産の償却方法

中古資産の耐用年数の求め方

中古車のケーススタディ

1-10 無形減価償却資産の償却

形のない資産ってどういうもの?

無形固定資産の償却の方法

1-11 繰延資産の償却

繰延資産は財産価値のない資産

繰延資産とは支出の効果が1年以上に及ぶもの

繰延資産の配分プロセス

繰延資産の種類

繰延資産の償却の方法

1-12 修繕費と資本的支出

修繕費と資本的支出の違い

税法における判定基準

コラム 新車を買うよりも新古車のほうが節税になる!?

第2章 IFRSと税制改正

2-1 IFRSは減価償却にどのような影響を及ぼすのか?

IFRS導入で減価償却が受ける影響

「規則主義」と「原則主義」

2-2 IFRSと有形固定資産の減価償却

取得価額の測定

減価償却の実施

減価償却の方法

耐用年数と残存価額

有形固定資産計上額の再評価モデル

2-3 IFRSと無形固定資産の減価償却

有形固定資産の場合と同様でOK

2-4 IFRSとリース取引

現在の日本の会計基準との違い

2-5 平成19年度税制改正ではどこがどう変わったの?

税制改正の最大ポイント

改正によるメリット

改正によるデメリット

適用は平成19年4月1日以後

2-6 償却可能限度額・残存価額の廃止

1円を残して全額償却できるようになった

実際に計算してみよう!

2-7 定率法の計算方法を理解しよう

定率法の計算方法を理解しよう

定率法の償却率は定額法の償却率を2.5倍(250%)して求める

改正で定率法の償却率が大きくなった

2-8 改定償却率と保証率

もう一度定率法の計算方法を復習しよう

実際に定率法で計算してみよう

2-9 償却方法の選定の手続と経過措置

償却方法を選択したら税務署長に届出をする

償却方法のみなし選定

償却方法の届出をしないと法定償却方法が適用される

償却方法を変更するときは税務署長に届出をする

平成19年度税制改正に伴う経過措置

2-10 資本的支出等の取扱い

時期によって取扱いが異なる

平成19年4月1日以後に資本的支出を行った場合

2-11 IT分野の法定耐用年数とリース取引関連税制の整備

IT分野の減価償却資産の法定耐用年数が短縮された

リース取引関連税制の整備

2-12 アメリカの税制改正の動向

2つのプランが用意された改革

日本に与える影響は?

コラム 今後の改正の動き

第3章 実際に減価償却をしてみよう

3-1 定額法

定額法(取得価額×償却率)

事業年度の途中で取得したときはどうするか?

実際に計算してみよう!

平成19年3月31日以前に取得した減価償却資産

旧定額法で実際に計算してみよう!

3-2 定率法

定率法(未償却残高×償却率)

償却額が「償却保証額」に満たなくなった年分以後

平成19年3月31日以前に取得した資産

旧定率法で実際に計算してみよう!

3-3 生産高比例法

取得した時期によって異なる償却方法

生産高比例法(取得価額×当期の採掘数量/採掘予定数量)

平成19年3月31日以前に取得した資産

3-4 償却方法の選定と変更

資産の種類によって選択できる償却方法

償却方法を税務署に届けなかった場合の取扱い

「償却方法を変更するときは、税務署長の承認が必要

平成19年度税制改正に伴う経過措置

3-5 建物、建物附属設備の減価償却

建物の中には建物でないものが含まれている!?

建物より建物附属設備にしたほうが節税になる!

建物を購入したときは次のように区分する

建物と建物附属設備の耐用年数

建設中の建物は償却できない

建設中の建物でも、その一部を減価償却できる場合もある!

3-6 構築物の減価償却

構築物ってどんなもの?

構築物の耐用年数

3-7 機械装置の減価償却

機械装置ってどんなもの?

3-8 船舶・航空機の減価償却

船舶・航空機ってどんなもの?

3-9 車両運搬具の減価償却

車両運搬具ってどんなもの?

車両運搬具の耐用年数

3-10 工具及び器具備品の減価償却

工具及び器具備品ってどんなもの?

工具及び器具備品の耐用年数

3-11 ソフトウェアの減価償却

ソフトウェアの取得価額は次のように計算する

次の費用は取得価額に算入しないことができる

ソフトウェアの耐用年数

ホームページの制作費用

3-12 無形固定資産の減価償却

無形固定資産ってどんなもの?

おもな無形固定資産の内容と耐用年数

3-13 生物の減価償却

減価償却の対象となる生物の範囲

成熟してから償却がスタート

生物の耐用年数

コラム 青色申告と減価償却

第4章 決算書との関係

4-1 決算書の見方

貸借対照表からわかること

損益計算書からわかること

4-2 損益計算書と減価償却

損益計算書の構造

4-3 製造原価明細書と減価償却

製品の製造コストを表示する「製造原価明細書」

減価償却費の表示場所

4-4 貸借対照表と減価償却

貸借対照表には過去の減価償却費の累計を記載する

減価償却の仕訳は2種類ある

減価償却累計額の表示方法は3つ

4-5 キャッシュフロー計算書と減価償却

支出なき費用項目の代表格=減価償却費

B/S・P/Lとキャッシュフロー計算書の関係

キャッシュフロー計算書の作成方法は2種類

キャッシュフロー計算書における減価償却費の表示

コラム 会社法の施行で何が変わったのか?

第5章 申告書のしくみと税務上のポイント

5-1 財務会計と税務会計の違い

普段会社で行っている経理が「財務会計」

税金の計算を目的とするのが「税務会計」

財務会計上の利益=税務会計上の所得とは限らない

有税償却とは?

5-2 減価償却と税効果会計

余分の税金は「将来の税金の前払い」

税効果会計を適用すると…

5-3 別表四と別表五(一)

収益=益金、費用=損金とは限らない

税務上の所得(課税所得)の求め方

来期以降に影響する項目は「別表五(一)」で管理

5-4 別表十六

減価償却に関する別表は全部で11種類

メインの別表は十六(一)と十六(二)

特例を受けるためには別表の提出が必須!

コラム 税務調査で問題になりやすいポイントと心得3カ条とは?

第6章 減価償却と財務戦略・財務分析の関係

6-1 経営と減価償却の関係

減価償却には2つの効果がある

自己金融効果とは?

6-2 資金繰りと減価償却の関係

当期純利益+減価償却費=キャッシュフロー?

取引相手、営業候補の設備状況を判断する方法

6-3 減価償却方法の違いによる財務分析の影響

ケーススタディで考えよう

6-4 減価償却方法の違いが影響するおもな財務分析指標

売上高利益率

自己資本比率

ROA(Return on Assets)=総資産利益率

EPS(Earnings Per Share)=1株あたり利益

6-5 減価償却による節税効果を検証する!

減価償却は節税にほんとに有効?

コラム 経営者は「利益」より「預金の増加額」を気にする?

第7章 リースと減価償却

7-1 リース取引の基礎知識

リースは解約のできない賃貸借契約

「ファイナンスリース」と「オペレーティングリース」の違い

7-2 リース料の会計処理

オペレーティングリースの会計処理

ファイナンスリースの会計処理

7-3 リース取引のメリット

投資案Aと投資案Bで比較

リース契約はキャッシュアウトの平準化を図れる

7-4 リース取引の新しい会計基準について

平成20年4月1日以後のリース取引の処理

リース税額控除制度の改正内容

コラム 固定資産にまつわる税金って、ほかにどんなものがあるの?

資料 耐用年数表など

別表第一 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表(抜粋)

別表第二 機械及び装置の耐用年数表

別表第三 無形減価償却資産の耐用年数表(抜粋)

別表第四 生物の耐用年数表(抜粋)

別表第九 平成19年3月31日以前に取得をされた減価償却資産の償却率表

別表第十 平成19年4月1日以後に取得をされた減価償却資産の償却率、改定償却率及び保証率の表

PR

秀和システム