iPadプログラミングの作法

概 要

iPhoneやiPadアプリ開発者を対象として、iPadらしいアプリ制作が理解でき、iPadに最適なプログラミングを学べるiPadアプリ開発の教科書です。国内および米国で大ヒットしたiPhone/iPadアプリの制作者を著者に迎えて、iPadの機能や特性にマッチしたアプリのデザイン方法を説明します。また、iPhoneアプリからの移植とiPad専用アプリ開発についてのメリット・デメリットやiPad特有のプログラミングを説明します。さらに6種類のサンプルアプリによって具体的なiPadアプリ開発を学習できます。

著者 橋本佳幸
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-2641-1
発売日 2010/6/15
判型 A5
色数 1色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 iPad作法

第1章 iPadとは

1.1 まずiPadありき

1.2 コンピュータ嫌いな人々のためのiPad

1.3 新しいマーケットへの船出

第2章 iPadの新しい機能と特徴

2.1 ユーザーインターフェイスの変更

2.2 ファイルサポート

2.3 メディアプレーヤー

2.4 外部ディスプレイサポート

2.5 新たなポテンシャルの夜明け

第3章 iPadアプリのデザイン戦略

3.1 「おもてなし」を考える

3.2 iPadの特性を体感する

3.3 ユーザーの状況を考える

3.4 ユーザービリティを考える

3.5 デザイン戦略

3.6 iPadとiPhoneの連携を考える

3.7 ケーススタディ

3.8 3つのポイントを整理

第4章 iPadアプリのプログラミング戦略

4.1 新しいアプリにするか?移植するか?

4.2 3タイプのアプリ配布方法

4.3 3タイプのプロジェクト

4.4 ユニバーサルアプリの考え方

4.5 コンディショナルコーディング

4.6 iPad特有のコーディング

第2部 iPadプログラミング

第5章 iPhone SDK / Xcode

5.1 iPadアプリ開発の基本ステップ

5.2 iPhone SDK /Xcodeの新機能

5.3 iPadシミュレータ

第6章 RSSウォッチ(SplitViewとPopover)

6.1 プロジェクトの新規作成

6.2 RSS記事の取り込み

6.3 一覧リストの表示

6.4 ウェブサイトの表示ロジック

6.5 Popoverの挙動を考える

第7章 50音キーボード(カスタムキーボード)

7.1 プロジェクトの新規作成

7.2 キーボードリソースの作成

7.3 キーボードのロジック

第8章 ジェスチャープレーヤー(メディアプレーヤー)

8.1 プロジェクトの作成

8.2 メディアプレーヤーの実装

8.3 サムネイルの作成

8.4 カスタムジェスチャーのロジック

第9章 サムネイルPDF

9.1 PDF作成機能の追加

9.2 Popoverの動的生成

9.3 動作確認

第10章 iPadとMacとのファイル共有

10.1 info.plistを設定する

10.2 iTunesにDocumentsフォルダをマウント

第11章 Fun Piano;連弾ピアノ(ユニバーサルアプリ)

11.1 ユニバーサルアプリの新規プロジェクト作成

11.2 サウンド部の製作

11.3 iPhoneのピアノを製作

11.4 iPhoneで動作を確認

11.5 iPadのピアノを製作

11.6 iPadで動作を確認

11.7 App Store用のアイコン設定とビルド

第12章 FingerEdit(マルチタッチ編集ツール)

12.1 プロジェクトの新規作成

12.2 画面の作成

12.3 オリエンテーション変更のための準備

12.4 TouchViewの作成

12.5 スクラブジェスチャーの作成

12.6 全体の統合

12.7 動作確認

PR

秀和システム