TOC/CCPM 標準ハンドブック クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント入門

概 要

ビジネス小説「ザ・ゴール」で一躍有名になった経営理論TOC(制約条件の理論)をベースにしたプロジェクトマネジメント手法である「CCPM」を実践するための強化書です。TOC/CCPMは、製品開発、ソフトウェア開発、建築土木工事などプロジェクト型業務を改善し、組織のゴール達成を目指す手法です。プロジェクト型業務に関わるマネージャーあるいは経営者は、「何を変えるのか、何に変えるのか、どのように変えるのか」という3つの質問に答えられなければなりません。本書では、新しい経営理論であるTOCとプロジェクトマネジメント手法であるCCPMを解説。収益改善のためのプロジェクトの問題を整理し、TOCを活用した改善の進め方から、CCPMの適用方法、導入事例まで必要なノウハウを説明します。

著者 西原隆、栗山潤
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2659-6
発売日 2010/6/25
判型 A5
色数 2色
ページ数 272
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 何を変えるのか?

第1章 プロジェクトマネジメントの問題

1-1 プロジェクトマネジメントの重要性と難しさ

1-2 Plan:プロジェクト計画は立てられるのか?

1-3 Do:プロジェクトを遅らせる4つの人間行動

1-4 Check:結局は経験と勘と直感頼み

1-5 Act:ジレンマばかりで対策が打てない

Column 許認可・財務分析申請マルチプロジェクト管理における失敗事例

第2部 何に変えるのか?

第2章 TOCとは

2-1 TOCの概要

2-2 TOCの歴史

第3章 『ザ・ゴール』から学ぶTOCの3つの前提

3-1 アレックス・ロゴが考えた企業のゴール

3-2 サイコロゲームで気づいた「計画は必ず遅れる」法則

3-3 ハイキングで発見したボトルネックの法則

3-4 TOC3つの前提

第4章 CCPM…TOC3つの前提をプロジェクトに適用する

4-1 守るべきものは何か?

4-2 CCPMスケジューリング

4-3 バッファによるマネジメントサイクル

第3部 どのように変えるのか?

第5章 TOC/CCPMによる改善の進め方

5-1 継続的改善の5ステップ

5-2 CCPMによるマネジメントの改善の進め方

第6章 バッファマネジメント

6-1 バッファマネジメントの全体像

6-2 Plan:バッファを計画する

Column プロジェクトスタイル別計画

6-3 Do:バッファの消費を記録する

Column プロジェクト・ファシリテーション

6-4 Check:バッファの消費状況を確認する

6-5 Act:バッファを回復させる方策を実行する

第7章 組織的な問題を解決する…TOC思考プロセス

7-1 対立を解消する

7-2 組織的な問題を解決するアプローチ

第8章 学習する組織を作る

8-1 遅れ原因の把握

8-2 プロセス改善を行う

8-3 リスクマネジメントへの展開

8-4 継続的改善を定着させる

第9章 導入事例:ケーススタディ

9-1 IT業界での導入事例:ソラン(株)におけるマネジメント改革

9-2 IT業界での導入事例:(株)PFUにおける見える化活動

9-3 新製品開発におけるCCPMの導入:製造メーカー各社のCCPM導入

9-4 ITパッケージソフト開発での導入:(株)ビーイングにおけるCCPMとアジャイル開発の融合事例

9-5 設計業務での導入事例と経営改革:(株)五星におけるCCPM導入

PR

秀和システム