はじめてのIllustrator CS5 Win&Mac両対応

概 要

Adobe Illustrator CS5の基本操作を図解でやさしく解説した入門書です。Illustratorは、DTPや各種デザイン、Webなどの制作現場で広く使われているグラフィックソフトです。CS5では前バージョンのCS4と比べ大きな機能変更はありませんが、よりきれいに、より正確に、より効率的にオブジェクトを作ることができるようになりました。本書では、Illustratorの画面の各部名称や用語から、線の引き方、色の塗り方、図形の変形、文字入力、レイヤー操作といった基本的な操作手順はもちろん、新機能の遠近グリッド、水彩画のようなタッチを再現できる絵筆ブラシ、Web用に書き出す際のピクセルへの整合の使い方も解説しています。サンプルのダウンロードサービス付き。

著者 羽石相
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2683-1
発売日 2010/7/17
判型 B5変
色数 4色
ページ数 272
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ はじめての...
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

CHAPTER 1 Illustratorに触れてみよう

1 Illustratorを起動・終了するには

Illustratorを起動する

Illustratorを終了する

2 新しいドキュメントを作るには

スタートアップスクリーンから新規ドキュメントを作る

作業中のドキュメントの他に新規ドキュメントを作る

3 オブジェクトを作るには

四角形を作る

四角形の色と線の太さを設定する

4 ドキュメントを保存するには

Illustrator CS5形式で保存する

別名で保存する

ドキュメントをPDFとして保存する

5 ドキュメントを開く・閉じるには

ドキュメントを閉じる

ドキュメントを開く

6 オブジェクトを印刷するには

「プリント」画面から印刷する

CHAPTER 2 Illustratorについて知っておこう

7 Illustratorについて

コンピューターで使用される画像について

Illustratorのオブジェクトについて

画像の色について

Illustratorが動作するパソコンについて

ペンタブレットを使用する

8 Illustratorの画面

各部の名称と機能

Adobe Bridgeを使う

9 ツールを操作するには

ツールを切り替える

同系統のツールに切り替える

サイドメニューを分離する

10 パネルを操作するには

ドックを展開する

パネルを表示する

パネルを分離する

パネルのオプションを非表示にする

11 複数のドキュメントを操作するには

作業するドキュメントを切り替える

複数のドキュメントを並べて表示する

12 定規を利用するには

定規を表示する

定規の原点を設定する

定規の目盛りについて

13 ガイドを利用するには

定規からガイドを作る

オブジェクトをガイド化する

14 グリッドを利用するには 50

グリッドを表示する

オブジェクトをグリッドにスナップさせる

15 スマートガイドを利用するには

スマートガイドを表示する

スマートガイドを利用してオブジェクトを配置する

16 表示倍率を変更するには

ズームツールのクリック操作で拡大表示する

ズームツールのドラッグ操作で拡大表示する

「100%表示」に切り替える

ズームツールで縮小表示する

「全体表示」に切り替える

「ナビゲーター」パネルで拡大/縮小表示する

17 画面をスクロールするには

手のひらツールで画面をスクロールする

「ナビゲーター」パネルで画面をスクロールする

18 数値の単位を設定するには

数値の単位を設定する

CHAPTER 3 シンプルなオブジェクトを作ってみよう

19 オブジェクトについて

パス各部の名称について

オブジェクトを作る操作について

パスの「線」と「塗り」について

クローズパスとオープンパスについて

オブジェクトの重なり順について

20 四角形や円を作るには

ドラッグ操作で長方形を作る

大きさを指定して長方形を作る

角丸長方形を作成する

楕円形を作る

長方形や楕円を作るときのテクニック

21 五角形や星形を作るには

多角形を作成する

星形を作成する

22 直線や曲線を作るには

直線を作る

円弧を作る

らせん、マス目、同心円を作る

23 ペンツールを使うには

ペンツールで三角形を作る

ペンツールで円を作る

24 線を太くするには

オブジェクトの線の太さを変更する

線の太さを設定してからオブジェクトを作る

「塗り」と「線」の設定をまとめて元に戻す

25 線の太さに強弱を付けるには

線の太さにメリハリを付ける

線の強弱を自由に設定する

26 線の角の形や線の位置を設定するには

線の角に丸みを持たせる

パスの外側に線を設定する

オブジェクトの線端の形を設定する

27 破線や点線を作るには

破線を作る

丸い点線を作る

破線の四隅を揃える

28 波線でできた四角形を作るには

折れ線を作る

波線を作る

「ジグザグ」画面で作った折れ線をパスに変換する

29 矢印を作るには

線の終点を矢印にする

矢印の倍率を設定する

30 直線と曲線を組み合わせるには

直線に曲線をつなげる

曲線に曲線をつなげる

曲線に直線をつなげる

31 パスをつなげるには

ペンツールでパスを延長する

ペンツールでパスとパスをつなげる

32 パスを変形させるには

端点をスムーズポイントに変換する

方向線を編集する

アンカーポイントとセグメント、方向点を編集する

アンカーポイントを追加する

33 色を塗るには

面の色を設定する

線の色を設定する

34 オリジナルの色を作るには

面の色を設定する

「スウォッチ」パネルに色を追加する

35 グラデーションで塗るには

オブジェクトにグラデーションを設定する

グラデーションの色を設定する

グラデーションの角度を設定する

CHAPTER 4 オブジェクトを操作してみよう

36 オブジェクトを選択するには

オブジェクトを選択する

複数のオブジェクトを選択する

ドラッグ操作で複数のオブジェクトを選択する

アンカーポイントを選択する

なげなわツールで選択する

なげなわツールでアンカーポイントを選択する

似ている色のオブジェクトをまとめて選択する

自動選択ツールのオプションを設定する

背面のオブジェクトを選択する

アウトライン表示でのオブジェクトの選択

37 オブジェクトを整列するには

オブジェクトを整列する

オブジェクトを分布する

オブジェクトを等間隔に分布する

「分布」と「等間隔に分布」の違い

「整列」パネルのボタンと設定例

38 オブジェクトをグループ化するには

複数のオブジェクトをグループ化する

グループ内のオブジェクトを選択する

オブジェクトを「レイヤー」パネルで選択する

39 オブジェクトを移動するには

ドラッグしてオブジェクトを移動する

距離を指定してオブジェクトを移動する

40 オブジェクトの重ね順を変更するには

メニュー操作で重ね順を変更する

キー操作で重ね順を変更する

41 オブジェクトを拡大・縮小するには

ドラッグ操作でオブジェクトを拡大する

拡大率を指定してオブジェクトを拡大する

42 オブジェクトのコピーを作るには

オブジェクトをコピーする

ドラッグしてオブジェクトをコピーする

コピー先を指定してコピーする

変形を繰り返す

43 オブジェクトを反転するには

左右対称のオブジェクトを作る

44 オブジェクトを回転するには

軸を設定してオブジェクトを回転させる

回転の角度を指定する

45 オブジェクトを傾かせるには

平行四辺形を作る

原点を設定して傾かせる

傾き角度を指定する

46 オブジェクトを編集できないようにするには

選択しているオブジェクトをロックする

CHAPTER 5 複雑なオブジェクトを作ってみよう

47 パスの合体や分割について

オブジェクトのさまざまな組み合わせ方

48 合体・型抜きするには

オブジェクトを合体する

オブジェクトを型抜きする

49 複合シェイプのオブジェクトとして合体するには

「パスファインダー」パネルを表示する

複合シェイプのオブジェクトとして合体する

「パスファインダー」パネル

複合シェイプを修正する

複合シェイプを解除する

複合シェイプを確定する

50 型抜き・切り抜きするには

オブジェクトを型抜きする

オブジェクトを切り抜く

テキストで型抜きする

51 分割するには

オブジェクトを分割する

不要なオブジェクトを削除する

52 不要な部分を隠すには

オブジェクトの不要な部分を隠す

クリッピングマスクで隠した部分を再表示する

53 色や線をコピーするには

「塗り」と「線」の設定を抽出する

「塗り」と「線」の設定を適用する

スポイトツールのオプションを設定する

54 オブジェクトを切断するには

セグメントを切断する

オブジェクトを切断する

55 複雑なグラデーションで塗るには

グラデーションメッシュを作る

グラデーションを設定する

56 パターンで塗りつぶすには

「スウォッチ」パネルにあるパターンで塗りつぶす

パターンライブラリにあるパターンで塗りつぶす

57 中間のオブジェクトを簡単に作るには

ブレンドのオプションを設定する

中間オブジェクトを作る

ブレンドで作ったオブジェクトを拡張する

58 一括して編集できるアイコンを配置するには

地図にシンボルを配置する

シンボルを配置する

シンボルを編集する

シンボルのリンクを解除する

59 特定の形におさまるように変形させるには

オブジェクトを変形させる

60 遠近感のあるオブジェクトを作るには

遠近グリッドを表示する

遠近グリッドにオブジェクトを配置する

遠近グリッドにテキストを配置する

遠近グリッド上にオブジェクトを作る

遠近グリッドを非表示にする

一時的に遠近グリッドを解除する

61 3D効果を利用して立体を作るには

回転体を作る

立体のアピアランスを分割する

62 手書き風にするには

オブジェクトを手書き風のイラストに変換する

「落書き」効果を再設定する

63 影やぼかしを付けるには

オブジェクトに影を付ける

オブジェクトをぼかす

64 不透明度を設定するには

背面のオブジェクトが透けて見えるオブジェクトを作る

CHAPTER 6 テキストを入力してみよう

65 テキストについて

Illustratorのテキストの特長

フォントについて

66 テキストを入力するには

テキストを入力する

ほかの位置にテキストを入力する

縦書きテキストを入力する

テキストオブジェクトを整列する

孤立点を削除する

67 テキストを修正するには

テキストを追加する

テキストを置き換える

68 テキストのサイズやフォントを設定するには

テキストのサイズを設定する/186 テキストのフォントを設定する

69 テキストに太字や斜体を設定するには

太字にする

斜体にする

下線を設定する

70 テキストの色を設定するには

テキストの色をまとめて設定する

一部のテキストの色を設定する

71 パスに沿ったテキストを入力するには

パスに沿ったテキストを入力する

テキストの位置を調整する

72 テキストを図形化するには

テキストのアウトラインを作る

73 縁付きの文字を作るには

テキストのアウトラインに線を設定する

74 テキストエリアを作るには

テキストエリア用の長方形を作る

長方形をテキストエリアに変換する

75 テキストファイルを読み込むには

テキストファイルを読み込む

76 テキストをファイルに保存するには

テキストを書き出す

77 テキストエリアをつなげるには

新しいテキストエリアにテキストを流し込む

オブジェクトにテキストを流し込む

78 テキストエリアの書式を整えるには

フォントのサイズと行送りを設定する

禁則処理と文字組みを設定する

段落の配置と段落後のアキを設定する

インデントを設定する

79 テキストを回転させるには

縦書きテキスト内で横向きの半角英数字を縦向きにする

括弧と数字を横に並べる

80 テキストに回り込みを設定するには

オブジェクトにテキストの回り込みを設定する

CHAPTER 7 表やグラフを作ってみよう

81 表を作るには

長方形を分割して表を作る

82 表のマス目を整えるには

列の幅を変更する

表のセルを結合する

83 表にテキストを入力するには

制御文字を表示する

タブで区切ったテキストを入力する

84 表のテキストを整えるには

行送りを設定する

テキストを列に合わせる

85 グラフを作るには

グラフサイズを設定する

86 グラフの種類を変更するには

「グラフ設定」画面を表示する

折れ線グラフを棒グラフに変更する

87 グラフの書式を設定するには

棒グラフの幅や目盛線を設定する

グラフ内のテキストの書式を設定する

グラフの色を設定する

88 グラフのデータを修正するには

グラフのデータを修正する

89 グラフにイラストを使うには

グラフのデザインを登録する

棒グラフの棒にデザインを適用する

CHAPTER 8 Illustratorを使いこなそう

90 自由な線を描くには

ブラシ系ツールの特徴

鉛筆ツールを使う

ブラシツールを使う

塗りブラシツールを使う

91 背面や内側にオブジェクトを作るには

背面にオブジェクトを作る

内側にオブジェクトを作る

92 レイヤーとは

レイヤーのしくみ

「レイヤー」パネルの機能

93 レイヤーを作るには

新しいレイヤーを作る

レイヤーを削除する

94 レイヤーを操作するには

レイヤーをロックする

レイヤーの重なり順を変更する

レイヤーの表示・非表示を切り替える

オブジェクトを他のレイヤーに移動する

レイヤーを統合する

95 写真を配置するには

写真をリンク画像として配置する

「リンク」パネルを表示する

96 配置した写真を編集するには

リンク元の写真を編集する

編集結果を反映させる

97 スキャナで取り込んだイラストをパスに変換するには

ビットマップ画像をベクトル画像に変換する

余分な部分を削除する

98 ライブペイントで色を塗るには

ライブペイントグループを作る

ライブペイントツールで色を塗る

99 Web用の素材を作るには

Web用のドキュメントを作る

ピクセルプレビューで確認する

100 Web用の素材とアートボードのサイズを合わせるには

アートボードとオブジェクトのサイズを合わせる

101 Web用の素材として保存するには

「Webおよびデバイス用に保存」画面を表示する

画像形式ごとの違いを比較する

Web用の画像として保存する

PR

秀和システム