Photoshop&Illustratorで魅せるイラスト

概 要

PhotoshopとIllustratorの長所を生かし、手早く、簡単に、リアルなイラストを描きたい人のための入門書です。PhotoshopとIllustratorにはそれぞれ得手不得手があります。Photoshopは手書き感覚で線を描いたり、写真などの複雑な画像を高速で処理できる反面、Illustratorが得意とする正確な線を自由に描いたり、修正が苦手です。そこで本書では、PhotoshopとIllustratorの基本的な操作方法から、光や水、煙など自然物の表現方法、草木や髪を自然に見せるためのノウハウ、金属や毛皮などの質感を表現する方法、それらを組み合わせてイラストを描くためのテクニックなど、実際の操作手順を時系列順に追いながら説明します。サンプルのダウンロードサービス付き。同著者の『Illustratorではじめてのイラスト』、『Illustratorでもっと楽しくイラスト』もおすすめです。

著者 mammoth.山田充
価格 本体2500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2684-8
発売日 2010/7/23
判型 B5変
色数 4色
ページ数 308
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 描画効果の基本操作

section 1 描画モードの基本操作

Photoshop描画モード画面

描画系ツールモード画面

レイヤー描画モード画面

Illustrator描画モード画面

透明パネル画面

描画モード一覧

Photoshop描画モード一覧

画像操作と演算の描画モード

Illustrator描画モード一覧

section2レイヤースタイルの基本操作

レイヤースタイル

レイヤースタイルのメニュー

レイヤースタイルの種類

レイヤースタイルの構成例

section 3 ブラシの基本操作

描画ツール・ブラシ画面

描画系ツール・オプションバー

ブラシパネル

ブラシの設定

オリジナルブラシマークの登録

ブラシのカスタマイズ

ブラシタッチの表現

混合ブラシツール

絵筆の毛質

Chapter2 素材の質感・描画テクニック

section 1 光の表現

ネオン効果

●チューブの作成

●3D効果を使わずにチューブを作成してみる

●光彩やガラスの透明感を表現する

炎の描き方( レイヤー効果)

●炎の描画

●炎の効果をつける

炎の描き方(グラデーションマップ)

●炎の描画

光の軌跡

●パスの描画

●パスの配置

●軌跡用ブラシの作成

●光の軌跡を自動で描画する

●光の粒子とスパークを追加する

稲妻の描き方

●稲妻ブラシの作成

●レイヤースタイルの適用

●置き換えマップで変形する

●雲模様から稲妻を作成する

きらめく宝石

●立体の描画

●きらめき模様の描画

●レイヤースタイルの適用

●宝石の影

●きらめきの追加

●床に映る光

光る宇宙

●光オブジェクトの描画

●「宇宙背景」レイヤーの仕上げ

●「中心球01」レイヤーの仕上げ

●「中心球02」レイヤーの仕上げ

●「光の輪01」レイヤーの仕上げ

●「光の輪02」レイヤーの仕上げ

●「ブレンド線」レイヤーの仕上げ

●「十字」レイヤーの仕上げ

●レンズフレアの描画

●星の描画

section 2 水の表現

水滴

●水滴の描画

●水滴の複製、拡大縮小

散らばった水滴

●水滴模様の作成

●水滴効果の適用

●ブラシで水滴を追加する

●背景模様を水滴内で屈折させる

流れ落ちる水

●背景の設定

●水飛沫の描画

●水飛沫効果の適用

●流れる水の描画

●水たまりの描画

水面に映る景色

●置き換えマップの作成

●置き換えマップの適用

●水面の調整

大海原

●波模様の描画

●波模様の調整

●背景の描画

水の底模様

●模様の描画

●水中の描画

●水面の描画

●ガイド線の描画

●氷のテクスチャ

●ガラスフィルターで氷の表現

●ハイライトとシャドウの追加

●背景の描画

●氷の影

●氷の光

section3 煙や雲の表現

ゆらめく煙

●煙の元の描画

●煙の元の描画(ver.8の場合)

●立ちのぼる煙の調整

●とどまった煙の調整

●煙の仕上げ

立ちのぼる湯気

●湯気の描画

●湯気の立体感を表現する

●湯気の仕上げ

密度のある雲

●雲の元の描画

●雲の元の描画(ver.8の場合)

●輪郭をぼさぼさにする

雪だるま

●雪だるまの描画

●雪だるまの影

●積もった雪

●目と口の追加

●舞い落ちる雪の追加

section4 草木の表現

樹木

●葉の描画

●木の幹の描画

●内側に茂る葉の描画

●樹木の仕上げ

草むら

●草むらの描画

●草むらの着色と細部のディテールアップ

section5 毛の表現

髪の毛

●ブラシの作成

●髪の毛の描画

●髪のディテールの追加

クマのぬいぐるみ

●クマの描画

●ブラシの作成

●ブラシの適用

●クマの描画(Photoshop)

●毛皮の質感調整と仕上げ

section 6 メタリックな表現

映り込みのあるロボット

●映り込み素材の描画

●映り込みの作成

メタリックなタグ

●焼き込んだ鉄

●黒いクロム

●くすんだ金色

Chapter3 イラストレーションテクニック

section 1 効果を加えたイラスト

●ブレンドの作成

●炎オブジェクトの作成

●クマの描画(Illustrator)

●クマの描画(Photoshop)

●燃えるクマの描画

●炎の追加

section 2 素材を使った風景イラスト

●下絵のトレース

●ディテールの追加

●手書きの風合いとタッチの統一

section 3 グラデーションメッシュを使った人物イラスト

●下絵のトレース

●塗りの設定

●模様の追加

●ディテールの追加

PR

秀和システム