Windows Azure 実践クラウド・プログラミング for C#/Visual Basic/PHP

概 要

マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Windows Azure Platform」での開発をはじめて学ぶ人のための学習書です。本書は、.NET Framework(ASP.NET)の基礎を理解できている人を対象に、Azure開発のための環境の準備から、Azure環境での基本的な開発の流れや雰囲気を実践的に解説。また、ストレージサービスなどAzureを構成する個々のサービスから、診断情報の収集やセッション管理、AzureFabricによるオンプレミスとの連携など実践的な知識についてもやさしく解説しています。巻末には開発に役立つ便利なリファレンス付き。サンプルデータのダウンロードサービス付き。

著者 山田祥寛
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-2695-4
発売日 2010/7/29
判型 B5変
色数 1色
ページ数 488
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 イントロダクション

1-1 クラウドコンピューティングの基礎知識

オンプレミス(こちら側)とクラウド(あちら側)

クラウドの分類と具体的な既存サービス

1-2 Windows Azure Platform概論

Windows Azure Platformの構成サービス

Windows Azureファブリック

1-3 Windows Azureプログラミングのための環境設定

前提となる環境

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studioのインストール

Azureアカウントの作成

Chapter 2 Azureアプリケーション開発の基礎

2-1 プロジェクトの作成

Hello, Worldアプリケーションの作成

開発ファブリック

2-2 Windows Azureへの配置

配置の基本的な手順(手動デプロイ)

ホスティングサービスのその他の操作

VIP Swap Upgrade

Visual Studioによる自動デプロイ

2-3 クラウドアプリケーションへの移行

Webアプリケーション移行の基本

WebサイトをWebアプリケーションに変換する方法

Chapter 3 Windows Azureストレージ - ブロブ編 -

3-1 ストレージサービス概論

ストレージサービスの種類

ストレージアカウント

ストレージアクセスの手段 - Windows Azureマネージライブラリ -

開発ストレージ

ブロブの基本

3-2 ストレージ利用の事前準備(開発環境)

接続文字列を定義する

接続文字列の読み込みを有効化する

3-3 ブロブプログラミングの基本

コンテナを作成する(初期化処理)

データアクセスコンポーネントを作成する

ページをデザインする

ストレージ確認のための諸ツール

3-4 クラウド環境への移行

ストレージアカウントの作成

接続文字列を定義する(クラウド環境)

3-5 ブロブの分類とさまざまな操作方法

ディレクトリによるブロブの分類

ブロックブロブによる分割アップロード

ページブロブによるランダムアクセス

3-6 ブロブ活用のテクニック - 転送の効率化からバックアップの手法まで -

ブロブ圧縮による転送の効率化

ブロブリスト取得の分割

スナップショットを利用したブロブのバックアップ

Chapter 4 Windows Azureストレージ - テーブル/キュー/ドライブ編 -

4-1 クラウド環境に最適化された分散ストレージ - テーブル -

テーブルストレージの構造

テーブルプログラミングの基本

エンティティの更新と削除

テーブルのページング処理

4-2 ロール間の非同期通信を橋渡し - キュー -

キューストレージの構造

キュープログラミングの基本(Webロール)

キュープログラミングの基本(Workerロール)

内部エンドポイントによるロール間通信

4-3 クラウド環境の仮想的なNTFSファイルシステム - ドライブ -

ドライブ利用の基本

Chapter 5 SQL Azure

5-1 SQL Azure概要

テーブルストレージとの比較

SQL Serverとの比較

5-2 SQL Azureデータベースの準備

データベースアカウントの登録

Visual Studio 2010によるSQL Azureの操作

SQL Azureに接続するその他の方法

5-3 SQL Azure連携アプリケーションの実装

一言掲示板の実装

ローカルデータベースへの切り替え

Javaアプリケーションからの接続

5-4 SQL Azureの運用と移行

データベースのバックアップ

スクリプト生成ウィザードによるデータマイグレーション

Chapter 6 Azureアプリケーションの拡張と運用

6-1 アプリケーションの基本構成 - サービス定義ファイル/サービス設定ファイル -

ロールインスタンス数を変更する - 要素 -

仮想マシンのサイズを変更する - vmsize属性 -

ゲストOSを変更する - osVersion属性 -

アプリケーションの設定情報を定義する - 要素 -

ローカルストレージを利用する - 要素 -

6-2 アプリケーションの監視/ロギング - 診断モニタ -

診断モニタの挙動

診断モニタの基本設定

診断情報個別の設定方法

6-3 セッション管理

SQL Azureによる管理

Azureストレージサービスによる管理

6-4 メンバシップフレームワークによるユーザ管理

SQL Azureによる管理

Azureストレージサービスによる管理

6-5 Windows Azure Service Management API

Management CmdLetsのインストール

Management CmdLets利用のための必須情報

Managament CmdLetsによる管理スクリプト

PowerShellスクリプトの実行

6-6 Azure AppFabricによるオンプレミス-クラウド連携

Azure AppFabricの機能

Azure AppFabric利用の事前準備

サービスの実装と公開(オンプレミス環境)

Azure AppFabric経由のサービスアクセス(クラウド環境)

Chapter 7 PHPによる

Windows Azureアプリケーション開発

7-1 PHP+Azureアプリケーション開発の準備

WindowsAzure4eの前提環境

WindowsAzure4eのインストール

PHP+Azureアプリケーションの基本

7-2 ブロブストレージ利用の基本

クラウド環境への移行

7-3 テーブルストレージ利用の基本

7-4 SQL Azure利用の基本

SQL Azure利用の準備

一言掲示板の実装

Reference 巻末資料

A Windows Azureマネージライブラリ

本リファレンスの使い方

クラスの階層関係

Microsoft.WindowsAzure名前空間

Microsoft.WindowsAzure.ServiceRuntime名前空間

Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics名前空間

Microsoft.WindowsAzure.Diagnostics.Management名前空間

Microsoft.WindowsAzure.StorageClient名前空間

B 構成ファイル

サービス定義ファイル(ServiceDefinition.csdef)

サービス設定ファイル(ServiceConfiguration.cscfg)

C Management CmdLets

D Windows Azure on PHP

本リファレンスの使い方

Windows Azure SDK for PHP

SQL Server Driver for PHP

PR

秀和システム