Access マクロ&VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

概 要

データベースソフトAccessのマクロとVBAプログラミングのツボとコツをわかりやすく解説した入門書です。Accessは、さまざまなデータベースを構築できる多機能・高機能なソフトウェアですが、ボタンをクリックしたら指定したウィンドウが開くなどの、ユーザーフレンドリーなインターフェースを作るには、マクロやVBA機能を使わなければなりません。本書では、いきなり高度な内容まで学習するのではなく、Access初心者でも大丈夫なように、初歩的な内容から順番に学び、実際に蔵書管理アプリケーションを作りつつマクロやVBAを学習します。サンプルアプリケーション作成用ファイルのダウンロードサービス付き。姉妹書の『Accessのデータベースのツボとコツがゼッタイにわかる本』もオススメです。

著者 立山秀利
価格 本体2400円(税別)
ISBN 978-4-7980-2707-4
発売日 2010/8/21
判型 B5変
色数 2色
ページ数 320
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 AccessのマクロとVBA

1-1 AccessでマクロとVBAを使いアプリケーションを作ろう

●“ユーザーに優しい”アプリケーションを作るには

1-2 AccessのマクロとVBA

●マクロとは

●VBAとは

●マクロとVBAはどう違う?

1-3 サンプル紹介

●本書でAccessマクロ/VBAを学ぶにあたって

●サンプルアプリケーションの紹介

●段階的にアプリケーションを作成していく

第2章 「蔵書管理」を作成する準備をしよう

2-1 サンプルアプリケーション「蔵書管理」の全体の構造

●「蔵書管理」で使うテーブル

●「蔵書管理」で使うフォーム

●「蔵書管理」で使うレポート

2-2 “ユーザーに優しい”アプリケーションの体裁にする

●ファイルを開いた際、メインフォームを自動で開くようにする

●アプリケーション開発用の機能を非表示にする

●開発できる状態に戻すには

●ドキュメントタブのみ再び表示するよう設定を戻す

第3章 マクロで基本的な機能を作ろう

3-1 簡単なマクロを作ってみよう

●「アクション」とは

●マクロを作って動かしてみよう

3-2 ボタンと連動させよう

●メイン画面上に[登録]ボタンを配置

●「イベント」を契機にマクロを実行

3-3 レコード登録機能のメイン部分を作成しよう

●埋め込みマクロと独立マクロ

●[OK]ボタンクリック時の処理を定義

●レコード新規登録を反映するには「再クエリ」が必要

●まだ困った点が残っているが…

3-4 レコード編集機能の基本を作成しよう

●選択されたレコードのデータをフォームに表示するには

●編集結果を保存して閉じる機能を作ろう

3-5 レコード削除の機能を作成しよう

●クエリを使わないとレコードを削除できない!?

●削除クエリを作成しよう

●[削除]ボタンに削除クエリを設定しよう

3-6 印刷機能と終了機能を作ろう

●[印刷]ボタンの機能を作ろう

●[終了]ボタンの機能を作ろう

●もっと“ユーザーに優しいアプリケーション”にしていく

第4章 マクロで細かい機能を作り込もう

4-1 終了する前に確認画面を表示しよう~条件分岐

●本当に終了してもよいか確認する

●アクションを追加して並べ替える

●「If」で条件に応じて処理を変える

●仮の条件式で「比較演算子」を体験しよう

4-2 終了する前に確認画面を表示しよう~関数

●マクロでも関数が使える

●MsgBox関数でメッセージボックスを表示

4-3 登録画面と編集画面のキャンセル処理を作ろう

●[閉じる]ボタンを無効化しよう

●キャンセル処理を作成しよう

●何も入力/編集されなかったケースに対処しよう

4-4 入力チェック機能を作ろう

●タイトルが未入力なら通知し、レコードを保存しない

●条件が満たされていない場合の処理

●「Else If」について

4-5 IDを自動で入力する機能を追加しよう

●連番を取得する処理手順を考えよう

●「ID」に連番を自動入力するマクロを定義しよう

●レコードが1件もないケースはどう対処する?

第5章 マクロをもっと使いこなそう

5-1 レポートでマクロを使おう

●レポートを縞模様にする

●「詳細」セクションの背景色をマクロで設定してみよう

5-2 「5行おき」を判定する方法を考えよう

●「5行おき」はどうすればわかる?

●「一時変数」を学ぼう

●一時変数の演算を体験してみよう

5-3 一時変数を使って5行おきの縞模様にしよう

●一時変数を使って行を取得しよう

●5行おきの縞模様にしよう

5-4 よりよい方法で5行おきの縞模様を実現する

●割り算を使って法則性を見出す

●マクロに落とし込んでみよう

●アルゴリズムは書き出して考えよう

5-5 マクロをさらにブラッシュアップしよう

●一時変数でまとめて変更をラクにする

●条件式をもっとスマートに

第6章 VBAの基本を身につけよう

6-1 まずは「イベントプロシージャ」から学ぼう

●マクロを学んだことがVBAに役立つ!

●「イベントプロシージャ」とは

●VBEはこれだけおぼえれば使える

●イベントプロシージャを体験してみよう

●そもそも「プロシージャ」とは

6-2 オブジェクトとメソッドを理解しよう

●「オブジェクト」と「メソッド」とは

●フォームをVBAで開くには

●DoCmdオブジェクトの他のメソッド

6-3 オブジェクトのプロパティの使い方を学ぼう

●オブジェクトのプロパティとは

●オブジェクトのプロパティを体験しよう

6-4 VBAでレポートを縞模様にする~詳細セクションの背景色をVBAで設定

●VBAでレポートのオブジェクトのプロパティを操作するには

●「Me」の使い方をマスターしよう

6-5 VBAの変数の基本を学ぼう

●VBAで変数を使う

●VBAの変数と算術演算子を体験しよう

6-6 VBAでレポートを縞模様にする~変数で現在表示中の行数を取得

●変数の宣言場所と有効範囲の関係

●変数を使って、現在表示中の行数を取得してみよう

6-7 VBAでレポートを縞模様にする~条件分岐

●VBAで条件分岐を行うには

●Ifステートメントを使って5行おきの縞模様にしよう

6-8 VBAでレポートを縞模様にする~コードをもっと改善

●縞模様にする行数の単位の数を定数化しよう

●定数の命名と有効範囲

●「コメント」を入れてコードをわかりやすくしよう

第7章 VBAならではの使い方

7-1 オリジナルの関数を定義・利用する

●Functionプロシージャでオリジナル関数を定義

●ユーザー関数を定義・利用を体験しよう

●イミディエイトウィンドウで事前に動作確認

7-2 その他の“VBAならではの使い方”の紹介

●VBAで処理を繰り返す

●VBAでデータベースを操作

資料 Access 2007での操作

第2章 「蔵書管理」を作成する準備をしよう

第3章 マクロで基本的な機能を作ろう

第4章 マクロで細かい機能を作り込もう

第5章 マクロをもっと使いこなそう

PR

秀和システム