看護師のための看護基礎知識事典

概 要

看護に必要な知識がすぐ引けて、すぐわかる! 看護師のための基礎知識事典です。看護では、観察が重要なポイントですが、観察するにはしっかりした知識の基盤が必要です。また、看護の実践においても、科学的根拠を持つこと、説明できることが求められます。そこで本書では、看護学生や新人看護師を対象に、基本となる看護の知識を幅広く掲載。各章はQ&A方式で看護の素朴な疑問から今日的なトピックスまで解説。必要に応じて解剖生理学的知識、観察事項、看護技術のポイントについて図版を交えながら解説しています。アセスメント方法、ケアのポイント、看護技術と根拠など、看護学生の実習の予習・復習に、新人看護師の知識確認に役立つ情報が満載です。

著者 村中陽子、川西千恵美、渡邉亜紀子
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-2734-0
発売日 2010/9/25
判型 B6変
色数 2色
ページ数 376
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 体温・体液の看護知識

Q1 体温はどのように産生されているの?

Q2 体温の調節はどのようにされているの?

Q3 いつでも、誰でも体温は一緒なの?

Q4 身体の調子が悪いとき、 どうして体温を測るの?

Q5 測定した体温から何を見ているの?

Q6 体温はどのように測定するの?

Q7 体温の異常時に看護師はどうしたらいいの?

Q8 なぜ私たちには水分が必要なの?

Q9 体液はどのように移動しているの?

Q10 アシドーシス、アルカローシスとは何?

Q11 体液の異常には、何があるの?

Q12 電解質の異常には、何があるの?

第2章 呼吸の看護知識

Q1 呼吸とは息をすること?

Q2 呼吸の機能はどのようにアセスメントするの?

Q3 看護師が行うアセスメント項目は?

Q4 咳嗽はどうして出るの?

Q5 呼吸困難とは、どのような状態? 原因は何?

Q6 呼吸の障害がある患者への援助方法は?

Q7 効果的に吸入を行うには?

Q8 吸引のしかたと注意点は?

Q9 酸素療法は誰にでも行ってよい?

Q10 呼吸の異常の種類と特徴は?

第3章 循環の看護知識

Q1 血液の役割は? どのように循環しているの?

Q2 血圧とは何のこと? 影響を与えるものは何?

Q3 血圧は、どのように調節されているの?

Q4 動脈硬化とは何? どのような危険があるの?

Q5 動脈瘤とは何? どのような危険があるの?

Q6 血液循環に関する観察はどのように行うの?

Q7 血圧測定は、どのように行うの?

Q8 血圧の聴診法では、何の音を聞いているの?

Q9 血圧値に異常があるときの援助は?

Q10 心電図から何がわかるの?

Q11 心電図の異常の見分け方とケアの方法は?

Q12 薬物療法を行っている患者の看護で 注意することは?

Q13 輸液ポンプを使用するのはどんなとき? 注意点は?

第4章 栄養・消化の看護知識

Q1 消化器を構成するものと、 その働きは何ですか?

Q2 栄養は身体の中で どのような働きをしているの?

Q3 栄養状態の観察方法は?

Q4 栄養の管理方法にはどのようなものがある?

Q5 経鼻胃管法の援助で気をつけることは?

Q6 PEGって何?

Q7 胃瘻・腸瘻栄養法の援助で 気をつけることは?

Q8 中心静脈栄養法の援助で気をつけることは?

Q9 食事援助で気をつけることは?

Q10 義歯の目的と取り扱いは?

Q11 口腔ケアはなぜ必要? どのように行う?

第5章 代謝の看護知識

Q1 インスリンの働きは?

Q2 糖尿病とはどのような疾患?

Q3 糖尿病の診断基準とは?

Q4 糖尿病の病型分類は?

Q5 糖尿病の状態を知る指標は?

Q6 高血糖はなぜいけない? どんな合併症がある?

Q7 糖尿病の治療法は?

Q8 食事療法の進め方と注意点は?

Q9 運動療法の進め方と注意点は?

Q10 経口血糖降下薬とは? 注意点は?

Q11 インスリン療法とは? 注意点は?

Q12 低血糖とはどんな症状?

Q13 シックデイとは? 対処方法は?

Q14 糖尿病患者の足の傷が 治癒しにくいのは何故?

第6章 排泄の看護知識

Q1 尿を作るメカニズムは?

Q2 排尿のメカニズムは?

Q3 尿の性状の異常とは?

Q4 尿量の異常とは?

Q5 尿検査で何がわかるの?

Q6 クレアチニンクリアランスとは?

Q7 尿道カテーテルはどんな場合に用いるの?

Q8 どうして長期間尿道カテーテルを 留置してはいけないの?

Q9 尿失禁は高齢者の病気?

Q10 便の形成のメカニズムは?

Q11 排便のメカニズムは?

Q12 下痢のときはどんなことを観察するの?

Q13 便秘の予防方法は?

第7章 脳神経系の看護知識

Q1 脳の構造と機能は?

Q2 脳神経って何?

Q3 動眼・滑車・外転神経の違いは?

Q4 三叉・顔面神経の違いは?

Q5 自律神経とは何?

Q6 錐体路と錐体外路の違いは?

Q7 脊髄と脳の境は?

Q8 脳梗塞とは?

Q9 脳出血とは?

Q10 患者の意識はどのように見るの?

Q11 脳神経系の運動麻痺とは どのようなものがあるの?

Q12 構音障害と失語症の違いは?

Q13 知覚鈍磨ってどんな状態?

Q14 腱反射で何がわかるの?

Q15 腰椎穿刺は何のためにするの?

第8章 小児の看護知識

Q1 小児の成長・発達を示す指数と その求め方は?

Q2 小児のバイタルサインの特徴は?

Q3 小児の発熱の原因には何が考えられるの?

Q4 痙攣が起きたらどうすればいいの?

Q5 新生児生理的黄疸はなぜ起こるの?

Q6 小児に見られる湿疹は何?

Q7 アトピー性皮膚炎と食事は関係があるの?

Q8 なぜ新生児や乳児に スキントラブルが起こりやすいの?

Q9 乳幼児が窒息を起こしやすいのはなぜ?

Q10 小児の腹痛にはどのような原因があるの?

Q11 小児の薬剤投与量は どのように決められるの?

Q12 小児のプレパレーションとは何?

第9章 感染の看護知識

Q1 感染とはどのような状態? 感染しやすい人は?

Q2 感染は、どうやって判断するの?

Q3 感染経路と、その対策は?

Q4 スタンダードプリコーションとは何ですか?

Q5 感染を防ぐための手洗いにはどのような 方法があり、どのように使い分けますか?

Q6 消毒と滅菌の違いは?

Q7 感染症の患者に使用したものは すべて滅菌が必要?

Q8 滅菌されているかどうかの確認方法は? 扱う際の注意点は?

Q9 尿路感染症は膀胱洗浄によって防げますか?

Q10 発熱のある患者は入浴できませんか?

Q11 消毒薬の希釈法とは? その計算方法は?

Q12 マキシマルバリアプリコーションとは?

Q13 人工呼吸器回路の交換時期は?

Q14 MRSA患者の隔離、ガウンの着用、 退院後の部屋の消毒は必要ですか?

第10章 術前・術後の看護知識

Q1 全身麻酔とは? 合併症は?

Q2 創傷の治癒過程は?

Q3 麻酔前与薬を最近しなくなったのはなぜ?

Q4 術前アセスメントは何のためにするの?

Q5 術前の絶飲食の理由は? どれくらいの時間が必要?

Q6 手術前・中の抗菌薬の予防投与って?

Q7 器具を使っての呼吸器合併症の予防は有効?

Q8 知っておきたい手術部位感染予防対策は?

Q9 全身麻酔で胃管挿入は必要なの?

Q10 術後の1時間尿量が示す意味は?

Q11 術後のドレナージは必要? 観察は?

Q12 術後に腸蠕動を観察する必要は?

Q13 「術後の痛みを我慢してはいけない」 と言われるのはなぜ?

Q14 弾性ストッキングを着用するのはなぜ?

Q15 早期離床を促す理由は?

第11章 リハビリテーションの看護知識

Q1 運動器の構造は?

Q2 関節可動域(ROM:range of motion)とは 何ですか?

Q3 大腿骨頸部骨折術前後のリハビリテーションは?

Q4 人工股関節全置換術後のリハビリテーションは?

Q5 「等尺性筋力訓練」「等張性筋力訓練」って何?

Q6 リハビリテーションに必要な技術は?

Q7 早期荷重はリハビリテーションに 有効ですか?

Q8 股関節術後の脱臼予防で 気をつけたい動作は?

Q9 脳卒中の急性期リハビリテーションは なぜ必要?

Q10 摂食嚥下機能のメカニズムと ケアのポイントは?

Q11 嚥下予防の体位は座位? リクライニング位?

Q12 体圧分散のポジショニングは?

Q13 褥瘡をまねく「剪断力」とは?

Q14 トランスファー介助のコツは?

第12章 薬の看護知識

Q1 薬が効く仕組みは?

Q2 薬の濃度と効き目の関係は?

Q3 薬の効き方は皆同じ?

Q4 小児や高齢者に投薬を行う際の注意は?

Q5 同じ成分でも、薬の名称が違うのはなぜ?

Q6 アナフィラキシーショックとは?

Q7 コンプライアンスとアドヒアランスとは?

Q8 ジェネリックって何?

Q9 薬を飲み忘れたときはどうすればいい? また、舌下錠は飲んではいけないの?

Q10 薬を水以外で飲んでもいい?

Q11 ステロイドホルモンを急に中止してもいい?

Q12 与薬の基本は?

第13章 その他の看護知識

Q1 皮膚は何のためにあるの?

Q2 熱傷(やけど)とはどのような状態?

Q3 アレルギーは何で起こるの?

Q4 めまいは何で起こるの?

Q5 難聴はどういう状態なの?

Q6 ショックって何?

Q7 ショックになったときはどうするの?

Q8 患者の意識がない、 緊急時は何からすればよいの?

PR

秀和システム