Word2010 パーフェクトマスター

概 要

マイクロソフトのドキュメント作成ソフト「Word 2010」の多様な機能の操作手順を全848ページに渡って解説したガイドブックです。Word 2010では機能や操作性の改良だけでなく、インターネットとの融和性や、複数のユーザーで1つの文章を共同作成するための機能改良なども行われ、大幅に進歩しています。本書では、Word 2010の概要解説から、アプリケーションの起動、文書作成、印刷、段落の利用、表や図の挿入、テーマの設定、ヘッダーやフッターの設定、目次の作成、差し込み文書の作成、文章校正、変更履歴の挿入、ズーム、描画ツールや表ツール、グラフツールの使い方までWord 2010の多彩な機能を幅広く網羅。目的からページを引ける逆引き目次も付いています。サンプルファイルのダウンロードサービス付き。

著者 若林宏
価格 本体2500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2735-7
発売日 2010/9/16
判型 B5変
色数 4色
ページ数 848
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

●Chapter 1 Microsoft Word 2010の概要

1.1 ●Microsoft Officeの製品体系系

コラム Office for Mac製品について

1.1.1 Microsoft Office 2010の製品の種類

1.1.2 Officeスイートのラインナップ

コラム Word2010が快適に動作する環境

コラム ボリュームライセンスについて

1.1.3 Microsoft Officeの歴史

1.1.4 Word 2010の動作環境

1.2 ●Office 2010の特徴

1.2.1 Office 2010の特徴

1.2.2 Office 2010の改良点

1.2.3 リボン機能

1.2.4 コンテクスチャルタブ機能

1.2.5 ギャラリー機能

1.2.6 リアルタイムプレビュー機能

1.3 ●Word 2010の特徴

1.3.1 Word 2010の改良点

1.3.2 クイックパーツ機能

1.3.3 書式設定機能

1.3.4 レビュー機能

コラム 比較する文書の表示

1.3.5 PDFおよびXPS形式保存機能

1.3.6 ドキュメント検査機能

1.3.7 デジタル署名機能

1.4 ●ウィンドウの構成

1.4.1 ウィンドウの種類

1.4.2 ウィンドウの構成

コラム 作業ウィンドウを独立させる

1.5 ●ファイルメニュー

1.5.1 ファイルメニューの構成

1.6 ●クイックアクセスツールバー

コラム クイックアクセスツールバーのプルダウンメニュー

1.6.1 クイックアクセスツールバーの構成

1.7 ●リボン

コラム リボンの操作

1.7.1 リボンの構成

1.8 ●ステータスバー

コラム ステータスバーの表示内容を変更する

1.8.1 ステータスバーの構成

Q&A

●Chapter 2 基本操作

2.1 ●Word2010を起動する

2.1.1 スタートメニューから起動する

メニューからWord2010を起動するには

2.1.2 作成中文書から起動する

Wordファイルから起動するには

2.1.3 Word2010のショートカットアイコンから起動する

ショートカットから起動するには

2.1.4 作成中文書のショートカットアイコンから起動する

Wordファイルのショートカットから起動するには

コラム ショートカットアイコンの削除

2.2 ●Word2010を終了する

コラム 文書の保存

2.2.1 ファイルメニューから終了する

Wordの終了ボタンで終了するには

2.2.2 コントロールメニューから終了する

タイトルバーから終了するには

2.2.3 [閉じる]ボタンから終了する

タイトルバーの閉じるボタンで終了するには

2.2.4 タスクバーから終了する

ショートカットメニューから終了するには

コラム 複数のWord2010の終了

2.3 ●ウィンドウを操作する

2.3.1 マウスでウィンドウサイズを変更する

ウィンドウ枠をドラッグしてサイズを変更するには

コラム ウィンドウサイズ変更によるリボンの表示の変更

2.3.2 マウスでウィンドウ位置を移動する

タイトルバーをドラッグして移動するには

コラム ウィンドウの移動

2.3.3 タイトルバーのボタンでウィンドウサイズを変更する

最小化、最大化ボタンでサイズを変更するには

2.3.4 コントロールメニューでウィンドウサイズを変更する

タイトルバーを右クリックしてサイズを変更するには

2.3.5 コントロールメニューでウィンドウ位置を移動する

タイトルバーを右クリックして移動するには

2.4 ●キーボードを操作する

2.4.1 キーの刻印

入力できる文字を確認する

2.4.2 ショートカットキーを操作する

ショートカットキーでメニューを選択するには

コラム クリップボードの記憶領域

2.5 ●ヘルプを操作する

2.5.1 目次を参照する

ヘルプウィンドウを表示するには

2.5.2 トピックの参照

よく検索されるヘルプ項目を表示するには

コラム IME2010の概要

コラム Office.comのコンテンツ

2.5.3 キーワードを検索する

キーワードに関連するヘルプを表示するには

●Chapter 3 ファイルメニュー

3.1 ●文書を新規作成する

3.1.1 白紙の文書を利用する

文書を新規作成するには

3.1.2 インストールされているテンプレートを利用する

テンプレートを適用するには

3.1.3 Office.comで配布しているテンプレートを利用する

テンプレートをダウンロードして利用するには

コラム Office.comの利用条件

3.2 ●文書を開く

コラム 旧バージョンの文書の見分け方

3.2.1 ファイルを開く

テキスト形式のファイルを開く

コラム Word2010で扱えるファイル形式

3.3 ●文書を上書き保存する

3.3.1 文書の上書き保存をする

開いたファイルに文書を上書き保存するには

3.4 ●文書に名前を付けて保存する

3.4.1 Word形式のまま保存する

ファイルに名前を付けて保存するには

3.4.2 Wordテンプレートを保存する

ファイルをテンプレートとして保存するには

コラム テンプレートの保存先

3.4.3 文書をWord97-2003形式で保存する

旧バージョンのWordで開けるようにするには

コラム 旧バージョンとの互換性チェック

3.4.4 文書をPDFまたはXPS形式で保存する

PDFファイルとして保存するには

3.4.5 文書をその他の形式で保存する

Word以外の文書ファイルとして保存するには

3.5 ●文書を印刷する

3.5.1 プリンターの設定

プリンターのプロパティを設定する

コラム プリンターのメンテナンス

3.5.2 ページの設定

用紙に印刷するためのページの設定をする

3.5.3 オプションを設定する

印刷のオプションを設定する

3.5.4 文書を印刷する

プリンターで印刷するには

コラム テンプレートが開かれるウィンドウ

コラム Office.comのサイトのアドレス

コラム プリンタードライバーのインストール

3.6 ●文書のアクセス許可を設定する 130

3.6.1 文書を最終版にする

文書を読み取り専用にするには

3.6.2 パスワードを利用して暗号化する

ファイルにパスワードを設定するには

3.6.3 編集の制限を設置する

編集の制限を設定するには

3.6.4 アクセスの制限を設定する

ユーザーアクセスの制限を設定するには

3.6.5 デジタル署名を追加する

デジタル署名を追加するには

3.6.6 署名を表示する

デジタル署名の証明書を確認するには

3.7 ●文書の共有準備をする

3.7.1 ドキュメントの検査をする

ファイル内の個人情報を削除するには

3.7.2 アクセシビリティチェックをする

アクセシビリティのチェックをするには

コラム ファイルを扱うためのエクスプローラー

3.7.3 文書の互換性チェックをする

旧バージョンのWordで開けるかを確認するには

3.8 ●文書を送信する

3.8.1 文書をWordの添付ファイルとしてメールで送信する

Word文書を電子メールに添付するには

3.8.2 文書へのリンクが記載された電子メールを送信する

文書へのリンクを本文に記載するには

3.8.3 文書をPDF形式の添付ファイルとして電子メールで送信する

ファイルをPDF形式で添付するには

3.8.4 文書をXPS形式の添付ファイルとして電子メールで送信する

ファイルをXPS形式で添付するには

3.9 ●文書を発行する

3.9.1 文書をブログへ投稿する

ファイルをブログにアップロードするには

3.9.2 Webに保存する

Webで共有するには

3.10 ●文書の種類を変更する

コラム Word2010のファイルを旧バージョンの形式で保存するときの注意点

3.10.1 文書ファイルの種類をWord 97-2003文書に変換する

Word 97-2003文書に変換して保存するには

3.10.2 文書ファイルの種類をPDFまたはXPF文書に変換する

PDFまたはXPF文書に変換して保存するには

3.11 ●文書を閉じる

3.11.1 文書を閉じる

ファイルを保存して閉じるには

Q&A

●Chapter 4 クイックアクセスツールバー

4.1 ●クイックアクセスツールバーに機能を追加する

コラム クイックアクセスツールバーの利用

4.1.1 リボン機能をクイックアクセスツールバーへ追加する

検索ボタンを追加するには

4.2 ●クイックアクセスツールバーから機能を削除する

コラム クイックアクセスツールバーの整理

4.2.1 クイックアクセスツールバーから機能を削除する

検索ボタンを削除するには

4.3 ●クイックアクセスツールバーの表示位置を変更する

コラム クイックアクセスツールバーの表示位置

4.3.1 クイックアクセスツールバーをリボンの下に表示する

クイックアクセスツールバーの配置を変更するには

4.3.2 クイックアクセスツールバーをリボンの上に表示する

クイックアクセスツールバーの配置を元に戻すには

4.4 ●クイックアクセスツールバーをカスタマイズする

コラム マクロの登録

4.4.1 クイックアクセスツールバーをカスタマイズする

Wordのオプションウィンドウを開くには

コラム クイックアクセスツールバーの適用範囲

Q&A

●Chapter 5 ホームメニュー

5.1 ●クリップボードを利用する

コラム クリップボードの利用

5.1.1 オブジェクトの切り取り&貼り付けをする

オブジェクトを別の場所に移動するには

コラム オブジェクトの切り取り

5.1.2 オブジェクトのコピー&貼り付けをする

オブジェクトをコピーするには

コラム オブジェクトのコピー

5.1.3 オブジェクトの形式を選択して貼り付ける

オブジェクトの形式を選択してコピーするには

コラム 形式を選択して貼り付け

5.1.4 書式のコピー&貼り付けをする

書式をコピーするには

5.1.5 クリップボードのオブジェクトをコピーする

クリップボードのオブジェクトをコピーするには

コラム クリップボードへのコピー

コラム オブジェクトの一括貼り付け

コラム オブジェクトの一括削除

5.1.7 クリップボードのオブジェクトを削除する

クリップボードのオブジェクトを削除するには

コラム オブジェクトの削除

5.2 ●フォントを利用する

5.2.1 フォント名とフォントサイズを設定する

文字の書体と大きさを変更するには

コラム フォントの種類

コラム 日本語が表現できるフォント

入力済みの文字の書体と大きさを変更するには

コラム フォントの変更

5.2.2 文字種の変換をする

大文字と小文字を変更するには

5.2.3 ルビの設定をする

文字にルビをふるには

5.2.4 囲み線の設定をする

囲み文字を入力するには

コラム 囲み文字の入力

入力されている文字を囲むには

コラム 囲み線で文字を囲む

5.2.5 太字と斜体の設定をする

太字と斜体を入力するには

すでに入力されている文字に太字、斜体を適用するには

5.2.6 下線の設定をする

下線付きの文字を入力するには

コラム 下線の種類の選択

文字に下線を引くには

コラム 下線の色の選択

5.2.7 取り消し線の設定をする

取り消し線の引かれた文字を入力するには

コラム 取り消し線と太字、斜体、下線の同時利用

文字に取り消し線を引くには

コラム 太字、斜体、下線の文字への取り消し線の設定

5.2.8 下付き文字と上付き文字の設定をする

下付き文字と上付き文字を入力するには

入力した文字を上付き/下付きにするには

5.2.9 テキスト効果の設定をする

テキスト効果のある文字を入力するには

文字のテキスト効果を変更するには

5.2.10 蛍光ペンの色の設定をする

蛍光ペンで文字をマークするには

5.2.11 フォントの色の設定をする

入力するフォントの色を変更するには

文字の色を変更するには

5.2.12 文字の網かけの設定をする

文字を網かけで入力するには

コラム 網かけと蛍光ペンの色の同時利用

文字に網かけをするには

コラム 網かけと蛍光ペンの色の表示

5.2.13 囲い文字の設定をする

囲い文字に変更するには

5.2.14 書式とスタイルの設定をクリアする

書式とスタイルの設定を解除するには

コラム 書式のクリア

5.2.15 フォントの詳細設定をする

フォントダイアログを開くには

コラム フォントダイアログの利用

5.3 ●段落を利用する

5.3.1 箇条書きの設定をする

箇条書きを入力するには

入力済みの文字に箇条書きを適用するには

コラム 箇条書きのリストレベル

5.3.2 箇条書きの新しい行頭文字を定義する

箇条書きの行頭文字を変更するには

コラム 行頭文字の設定

5.3.3 段落番号の設定をする

段落番号を入力するには

コラム リストの削除

入力済みの文字に段落番号を適用するには

コラム リストレベルごとの番号書式

コラム 段落番号のリストレベルごとの番号採番

5.3.4 段落番号の新しい番号書式を定義する

段落番号の書式を変更するには

コラム 新しい番号書式の定義

5.3.5 段落番号の番号を設定する

開始する番号を変更するには

コラム 段落番号の開始

5.3.6 アウトラインの設定をする

アウトラインで文字を入力するには

入力済みの文字にアウトラインを適用するには

5.3.7 アウトラインの新しいアウトラインを定義する

アウトラインを新しく定義するには

コラム アウトラインのリストレベルごとの番号採番

5.3.8 アウトラインの新しいリストスタイルを定義する

アウトラインの新しいリストスタイルを定義するには

5.3.9 インデントの設定をする

インデントで文字を入力するには

入力済みの文字にインデントを適用するには

5.3.10 拡張書式縦中横の設定をする

文字を横向きにするには

5.3.11 拡張書式組み文字の設定をする

組み文字を入力するには

入力済みの文字に組み文字を適用するには

5.3.12 拡張書式割注の設定をする

割注で文字を入力するには

入力済みの文字を割注にするには

5.3.13 拡張書式文字の均等割り付けを設定する

文字を均等割り付けにするには

5.3.14 拡張書式文字の拡大/縮小を設定する

文字の横幅を拡大/縮小して入力する

入力済みの文字の横幅を変更するには

5.3.15 テキストの並べ替えをする

テキストを並べ替えるには

5.3.16 編集記号の表示/非表示を設定する

編集記号を表示/非表示するには

コラム 編集記号の印刷

5.3.17 テキストを左揃え/中央揃え/右揃え/両端揃えにする

テキストを中央揃えで入力するには

入力済みの文字の行揃えを変更するには

5.3.18 テキストの均等割り付けをする

テキストを均等割り付けで入力するには

入力済みの文字を均等割り付けにするには

5.3.19 テキストの行間変更をする

テキストの行間を変更するには

入力済みの文字の行間を変更するには

5.3.20 段落前/段落後に行間を追加するには

段落前/段落後に行間を追加するには

5.3.21 テキストの背景に色を付ける

テキストの背景を塗りつぶすには

コラム 背景の色と網かけ

5.3.22 テキストの罫線を設定する

テキストに罫線を引くには

5.3.23 線種とページ罫線と網かけの詳細設定をする

罫線と網かけの種類を変更するには

コラム 文字または段落への罫線

コラム セクションまたは文書全体への罫線

5.3.24 段落の詳細設定をする

ダイアログを開くには

5.4 ●スタイルを利用する

5.4.1 クイックスタイルを利用する

クイックスタイルを適用するには

入力済みの文字のスタイルを変更するには

コラム クイックスタイルのギャラリー

5.4.2 クイックスタイルの選択範囲を新しいクイックスタイルとして保存する

クイックスタイルを新規保存するには

コラム クイックスタイルの登録

5.4.3 クイックスタイルの書式をクリアする

クイックスタイルの書式をクリアするには

5.4.4 クイックスタイルのスタイルを適用する

クイックスタイルで表を入力するには

入力済みの文字から表を作成するには

5.4.5 スタイルの変更を利用する

スタイルを変更する

5.4.6 スタイルの変更のテンプレートのクイックスタイルにリセットする

テンプレートのクイックスタイルをリセットするには

5.4.7 スタイルの変更で文書のクイックスタイルをリセットする

文書のクイックスタイルをリセットするには

5.4.8 スタイルの変更でクイックスタイルセットとして保存する

クイックスタイルセットとして保存するには

コラム スタイルセットの利用

5.4.9 スタイルの変更で配色を設定する

スタイルの変更で配色を変更するには

5.4.10 スタイルの変更で新しい配色パターンを作成する

新しい配色パターンを作成するには

5.4.11 スタイルの変更でフォントを設定する

フォントを変更するには

5.4.12 スタイルの変更で新しいテーマのフォントパターンを作成する

新しいテーマのフォントパターンを作成するには

コラム フォントパターンの作成

5.4.13 既定のクイックスタイルに設定する

既定のクイックスタイルに設定するには

5.4.14 スタイルを利用する

スタイルを利用して文字を入力するには

入力済みの文字にスタイルを適用するには

5.4.15 新しいスタイルの作成をする

独自のスタイルを登録するには

5.4.16 スタイルの詳細情報を利用する

スタイルの詳細情報を表示するには

5.4.17 スタイルの管理をする

登録されているスタイルの書式を変更するには

5.4.18 スタイルギャラリーのオプションを設定する

スタイルギャラリーの表示方法を変えるには

コラム スタイルの表示方法

5.5 ●編集を利用する

5.5.1 検索を利用する

文字列を検索するには

5.5.2 ジャンプを利用する

任意のページに移動するには

5.5.3 置換を利用する

文字列を置換するには

5.5.4 すべての選択を利用する

文字列を選択するには

5.5.5 オブジェクトの選択を利用する

オブジェクトを選択するには

5.5.6 類似した書式の文字列を選択を利用する

類似した書式の文字列を選択するには

5.5.7 オブジェクトの選択と表示を利用する

オブジェクトを抽出するには

● Chapter 6 挿入メニュー

6.1 ●ページを挿入する

コラム 表紙サンプルの利用

6.1.1 表紙の挿入をする

表紙を選択するには

6.1.2 現在の表紙を削除する

表紙を削除するには

6.1.3 選択範囲を表紙ギャラリーに保存する

作成した表紙を登録するには

6.1.4 空白のページを挿入する

空白のページを作成するには

6.1.5 ページ区切りを挿入する

任意の場所で改ページをするには

6.2 ●表を挿入する

コラム Excelとの連携

6.2.1 マス目を使った表を挿入する

表を作成するには

6.2.2 表の挿入をする

マス目の数を指定して表を作成するには

6.2.3 罫線を引く

罫線を引いて表を作成するには

6.2.4 文字列を表にする

入力済みの文字列を表にするには

コラム 文字列の区切り

6.2.5 Excelワークシートで表を作成する

Excelワークシートを作成するには

6.2.6 クイック表作成を使う

ギャラリーから表を選択するには

6.3 ●図を挿入する

6.3.1 図を挿入する

画像ファイルを挿入するには

6.3.2 クリップアートの挿入をする

クリップアートを入力するには

6.3.3 図形の挿入をする

任意の図形を挿入するには

6.3.4 SmartArtの挿入をする

SmartArtから表を入力するには

コラム SmartArtの利用

6.3.5 グラフの挿入をする

グラフを作成するには

6.3.6 スクリーンショットの挿入をする

スクリーンショットを貼り付けるには

6.4 ●リンクを挿入する

6.4.1 ファイル、Webページのハイパーリンクの挿入をする

ハイパーリンクを挿入するには

6.4.2 ドキュメント内のハイパーリンクを挿入する

同じファイル内へのリンクを設定するには

6.4.3 ハイパーリンクの新規作成をする

リンク先のファイルを作成するには

6.4.4 電子メールアドレスのハイパーリンクを挿入する

電子メールへのリンクを挿入するには

コラム 電子メール送信との連携

6.4.5 ブックマークの挿入をする

ブックマークを付けて、ジャンプするには

6.4.6 相互参照の挿入をする

相互にリンクを設定するには

6.5 ●ヘッダーとフッターを挿入する

コラム ヘッダーとフッターの利用

6.5.1 ヘッダーを挿入する

ヘッダーをギャラリーから選択するには

コラム ヘッダーフッターとセクション区切り

6.5.2 ヘッダーの編集をする

独自のヘッダーを作成するには

6.5.3 ヘッダーを削除する

ヘッダーを削除するには

6.5.4 選択範囲をヘッダーギャラリーに保存する

作成したヘッダーを保存するには

6.5.5 フッターを挿入する

フッターをギャラリーから選択するには

6.5.6 フッターの編集をする

独自のフッターを作成するには

6.5.7 フッターを削除する

フッターを削除するには

6.5.8 選択範囲をフッターギャラリーに保存する

作成したフッターを保存するには

6.5.9 ページの上部を挿入する

文書の上にページ番号を挿入するには

6.5.10 選択範囲をページ番号(上)として保存する

作成したページ上部の設定を保存するには

6.5.11 ページの下部を挿入する

文書の下にページ番号を挿入するには

6.5.12 選択範囲をページ番号(下)として保存する

作成したページ下部の設定を保存するには

6.5.13 ページの余白を挿入する

左右の余白にページ番号を挿入するには

6.5.14 選択範囲をページ番号(余白)として保存する

作成したページ余白の設定を保存するには

6.5.15 ページ番号の書式設定をする

ページ番号の書式を変更するには

6.5.16 ページ番号を削除する

ページ番号を削除するには

6.6 ●テキストを挿入する

6.6.1 あいさつ文の挿入をする

時候のあいさつを入力するには

6.6.2 起こし言葉の挿入をする

起こし言葉を選択するには

6.6.3 結び言葉の挿入をする

結び言葉を選択するには

6.6.4 テキストボックスの挿入をする

テキストボックスを挿入するには

6.6.5 横書き縦書きテキストボックスを描画する

独自のテキストボックスを作成するには

6.6.6 選択範囲をテキストボックスギャラリーに保存する

作成したテキストボックスを保存するには

6.6.7 クイックパーツのプロパティを挿入する

文書のプロパティを入力するには

6.6.8 フィールドの挿入をする

フィールドを入力するには

6.6.9 文書パーツオーガナイザーの挿入をする

登録されている文書パーツを挿入するには

コラム 文書パーツの利用

6.6.10 文書パーツオーガナイザーのプロパティを編集する

文書パーツをカスタマイズするには

6.6.11 文書パーツオーガナイザーを削除する

登録されている文書パーツを削除するには

6.6.12 選択範囲をクイックパーツギャラリーに保存する

作成したクイックパーツを登録するには

6.6.13 ワードアートの挿入をする

ワードアートを挿入するには

コラム クイックパーツギャラリーの利用

コラム ワードアートのスタイルの変更

コラム 入力済みの文字をワードアートにする

6.6.14 ドロップキャップの設定をする

先頭の文字を大きくするには

ドロップキャップを解除するには

コラム ドロップキャップの利用

6.6.15 ドロップキャップの詳細設定をする

ドロップキャップのスタイルを変更するには

コラム ドロップキャップを余白に配置する

6.7 ●記号と特殊文字を挿入する

6.7.1 数式の挿入をする

数式をサンプル集から挿入するには

コラム 数式の作成

6.7.2 選択範囲を数式ギャラリーに保存する

作成した数式を登録するには

コラム 数式の表現形式

6.7.3 記号と特殊文字の挿入

記号や特殊文字を入力するには

コラム 記号と特殊文字

Q&A

●Chapter 7 ページレイアウトメニュー

7.1 ●テーマを設定する

コラム テーマの利用

7.1.1 テーマを利用する

文書にテーマを適用するには

7.1.2 テンプレートのテーマにリセットする

テーマを解消する

7.1.3 テーマを参照する

保存したテーマを開くには

7.1.4 現在のテーマを保存する

作成したテーマを保存するには

コラム テーマの保存

7.1.5 テーマの色を利用する

テーマの色を変更するには

7.1.6 新しい配色パターンの作成をする

テーマの配色パターンを作成するには

7.1.7 テーマのフォントを利用する

テーマのフォントを変更するには

7.1.8 新しいテーマのフォントパターンを作成する

テーマのフォントパターンを作成するには

7.1.9 テーマの効果を利用する

テーマの効果を適用するには

7.2 ●ページ設定をする

7.2.1 文字列の方向を設定する

すべての文字列を縦にするには

7.2.2 縦書きと横書きのオプションを使う

任意の文字列の向きを変更するには

7.2.3 余白の設定をする

余白を変更するには

7.2.4 ユーザー設定の余白を使う

余白をミリ単位で設定するには

7.2.5 印刷の向きを設定する

印刷の向きを変更するには

7.2.6 サイズの設定をする

用紙サイズを変更するには

7.2.7 その他の用紙サイズを使う

独自の用紙サイズを指定するには

コラム 用紙サイズの設定

7.2.8 段組みの設定をする

文書を2段組みにするには

コラム 段組みの数の設定

7.2.9 段組みの詳細設定をする

段組みを独自に指定するには

7.2.10 ページ/セクション区切りを挿入する

改ページをするには

コラム セクションの区切り

7.2.11 行番号の挿入をする

行番号を表示するには

7.2.12 行番号オプションを使う

独自の行番号を設定するには

7.2.13 ハイフネーションの設定をする

アルファベットにハイフネーションを適用するには

コラム ハイフネーションの任意指定

7.2.14 ハイフネーションのオプションを使う

ハイフネーションのルールを設定するには

7.2.15 ページの詳細設定をする

ダイアログからページの設定を行うには

7.3 ●原稿用紙を設定する

コラム 原稿用紙の利用

7.3.1 原稿用紙の設定をする

文書を原稿用紙に変更するには

7.4 ●ページの背景を設定する

7.4.1 透かしの設定をする

透かしをサンプルから選択するには

7.4.2 ユーザー設定の透かしを使う

オリジナルの透かしを設定するには

コラム 透かしの利用

7.4.3 透かしを削除する

透かしを削除するには

7.4.4 選択範囲を透かしギャラリーに保存する

作成した透かしを登録するには

コラム 画像とテキストの重ね合わせ

7.4.5 ページの色を設定する

背景色を設定するには

7.4.6 塗りつぶし効果を適用する

背景色の効果を変更するには

コラム ページの色と塗りつぶし効果の利用

7.4.7 ページ罫線の設定をする

外枠に罫線を挿入するには

7.5 ●段落を設定する

7.5.1 段落の設定をする

段落を挿入するには

入力済みの文字に段落を適用するには

コラム 段落の表現

7.5.2 段落の詳細設定をする

段落のスタイルを指定するには

7.6 ●配置を設定する

7.6.1 位置の指定をする

文書中のオブジェクトの位置を変更するには

7.6.2 その他のレイアウトオプションを使う

レイアウトをダイアログで指定するには

コラム 図とテキストの配置

7.6.3 文字列の折り返しを設定する

テキストをオブジェクトに回り込ませるには

7.6.4 最前面へ移動する

オブジェクトを前面に移動するには

7.6.5 最背面へ移動する

オブジェクトを背面に移動するには

7.6.6 オブジェクトの選択と表示を利用する

オブジェクトを抽出するには

7.6.7 配置の設定をする

オブジェクトを中央揃えにするには

7.6.8 グリッドを表示する

グリッド線を表示するには

コラム グリッド線の表示

7.6.9 グリッドの設定をする

グリッドのスタイルを指定するには

7.6.10 グループ化を利用する

オブジェクトをグループ化するには

7.6.11 グループを解除する

オブジェクトのグループを解除するには

7.6.12 回転の設定をする

オブジェクトを回転するには

7.6.13 その他の回転オプションを使う

オブジェクトを任意の角度に変更するには

Q&A

●Chapter 8 参考資料メニュー

8.1 ●目次を作成する

コラム 目次の利用

8.1.1 目次を作成する

見出しを入力して目次を作成するには

8.1.2 目次を挿入する

目次のスタイルを指定するには

コラム 目次の手動作成

コラム 目次の段落

コラム Webページ用の目次の作成

8.1.3 目次を削除する

目次を削除するには

8.1.4 選択範囲を目次ギャラリーに保存する

作成した目次を保存するには

コラム 目次の修正

8.1.5 テキストを追加する

本文の見出しを目次に追加する

8.1.6 目次の更新をする

目次の項目を修正するには

8.2 ●脚注を作成する

8.2.1 脚注の挿入をする

脚注をそのページに挿入するには

8.2.2 文末脚注の挿入をする

脚注を文末に挿入するには

8.2.3 次の脚注へジャンプする

文書内の脚注に移動するには

コラム 脚注と文末脚注の利用

コラム 脚注の移動先を選択する

8.2.4 注の表示を行う

入力されている脚注を表示するには

8.2.5 脚注の詳細設定をする

脚注の書式を指定して入力するには

8.3 ●引用文献と文献目録を作成する

8.3.1 新しい資料文献の追加をする

資料文献を作成するには

コラム 資料文献の登録

8.3.2 新しいプレースホルダーの追加をする

プレースホルダーを作成するには

8.3.3 資料文献の管理をする

文献リストを作成するには

8.3.4 引用文献のスタイルを設定する

文献のスタイルを指定するには

8.3.5 文献目録を作成する

文献のスタイルをサンプルから選択するには

8.3.6 文献目録を挿入する

本文中に文献目録を挿入するには

8.3.7 選択範囲を文献目録ギャラリーに保存する

作成した文献目録を保存するには

コラム 資料文献の管理

コラム 文献目録ギャラリーの利用

8.4 ●図表を作成する

コラム 図表目次の利用

8.4.1 図表番号を挿入する

図に図表番号をふるには

コラム 図表番号を独自に作成する

コラム ラベル名と番号付け

8.4.2 図表目次を挿入する

図表目次を作成するには

8.4.3 図表目次の更新をする

図表目次を本文に合わせて更新するには

8.4.4 相互参照を使う

図表目次に登録済みの番号を挿入するには

8.5 ●索引を作成する

コラム 索引の利用

8.5.1 索引を登録する

文字列を索引に登録するには

8.5.2 索引の作成をする

索引ページを作成するには

8.5.3 索引の更新をする

索引ページの項目を更新するには

8.6 ●引用文献一覧を作成する

コラム 引用文献の利用

8.6.1 引用文の登録をする

引用文を登録するには

8.6.2 引用文献一覧の挿入

引用文献一覧のページを作成するには

8.6.3 一覧の更新をする

引用文献一覧ページの項目を更新するには

Q&A

●Chapter 9 差し込み文書メニュー

9.1 ●差し込み文書を作成する

9.1.1 あいさつ文を挿入する

あいさつ文を選択して挿入するには

9.1.2 起こし言葉を挿入する

起こし言葉を選択して挿入するには

9.1.3 結び言葉を挿入する

結び言葉を選択して挿入するには

9.1.4 はがき印刷の作成をする

はがき宛名印刷ウィザードではがきを印刷するには

9.1.5 封筒の作成をする

封筒の宛名を作成するには

コラム 差し込み文書をその場で印刷する

9.1.6 ラベルの作成をする

ラベルを作成するには

9.2 ●差し込み印刷の開始を使う

9.2.1 差し込み印刷の開始で設定する

差し込み印刷ができるようにするには

9.2.2 差し込み印刷ウィザード

差し込み印刷ウィザードで差し込み印刷を行うには

9.2.3 新しいリストの入力をする

宛名リストを作成するには

9.2.4 既存のリストを使用する

作成済みのアドレス帳から差し込み印刷するには

コラム 作成したアドレス帳の保存形式

9.2.5 Outlookの連絡先から選択する

Outlookの連絡先から差し込み印刷するには

9.2.6 アドレス帳の編集をする

アドレス帳を編集するには

コラム Outlookのアドレス帳を利用する

9.3 ●文章入力とフィールドの挿入を使う

9.3.1 差し込みフィールドを強調表示する

差し込みフィールドの場所を確認するには

9.3.2 住所ブロックを挿入する

住所ブロックを挿入するには

9.3.3 あいさつ文を挿入する

あいさつ文をフィールドとして挿入するには

9.3.4 差し込みフィールドを挿入する

差し込みフィールドを挿入するには

9.3.5 ルールを挿入する

フィールドのルールを設定するには

9.3.6 フィールドの対応を使う

フィールドに挿入される項目を指定するには

9.4 ●結果のプレビューを利用する

9.4.1 結果のプレビューを使う

結果のプレビューを表示するには

コラム プレビューで表示されるページを移動する

9.4.2 エントリの検索をする

特定の項目をプレビューするには

9.4.3 自動エラーチェックをする

エラーの処理方法を設定するには

9.5 ●完了と差し込みを利用する

コラム 差し込み文書のメール送信

9.5.1 個々のドキュメントの編集をする

差し込みドキュメントを開くには

9.5.2 文書の印刷をする

差し込み文書を印刷するには

9.5.3 電子メールメッセージを送信する

差し込み文書をメールで送信するには

Q&A

●Chapter 10 校閲メニュー

10.1 ●文章校正する

10.1.1 スペルチェックと文章校正をする

単語のつづりや用法の誤りをチェックするには

10.1.2 リサーチを使う

単語に関する参考資料を探すには

10.1.3 文字カウントを使う

文書のテキスト量を確認するには

コラム 文字の数

10.2 ●言語を選択する

10.2.1 ドキュメントの翻訳を使う

本文を翻訳するには

10.2.2 選択した文字列の翻訳を使う

入力したテキストを翻訳するには

10.2.3 ミニ翻訳ツールを使う

翻訳結果をポップアップ表示するには

10.2.4 校正言語の設定を使う

スペルチェックに使用する言語を選択するには

コラム スペルチェックのチェック基準

10.2.5 言語の設定を使う

言語を英語に設定変更するには

10.2.6 表記ゆれチェックを使う

文書内の表記を統一するには

コラム 表記ゆれ

10.2.7 英文アシスタントを使う

翻訳結果を英文アシスタントに表示するには

10.2.8 日本語入力辞書への単語登録をする

独自の単語を登録するには

コラム 独自の単語を登録する

10.3 ●コメントを挿入する

10.3.1 コメントを挿入する

コメントを追加するには

10.3.1 コメントの削除をする

コメントを削除するには

10.3.3 コメントの移動をする

選択中のコメントを変更するには

コラム コメントの利用

10.4 ●変更履歴を挿入する

10.4.1 変更履歴の記録を使う

変更履歴を記入するには

10.4.2 変更履歴オプションを使う

変更履歴のスタイルを設定するには

10.4.3 ユーザー名の変更をする

Wordを使用しているユーザー名を設定するには

10.4.4 変更の表示方法を切り替える

最新版や初版に変更するには

10.4.5 変更履歴とコメントの表示を使う

特定の変更履歴だけを表示するには

10.4.6 [変更履歴]ウィンドウを使う

変更履歴ウィンドウを表示するには

10.5 ●変更箇所を承諾する

10.5.1 変更箇所の承諾を使う

変更を反映するには

10.5.2 変更を元に戻す

反映した変更を取り消すには

10.5.3 変更箇所を移動する

選択中の変更箇所を移動するには

10.6 ●文書を比較する

10.6.1 文書の比較をする

ダイアログを使って比較するには

10.6.2 文書の組み込みをする

変更点を文書に反映するには

10.7 ●文書を保護する

10.7.1 文書を保護する

文書を変更できないように保護するには

10.7.2 文書の保護を解除する

文書の保護を解除するには

Q&A

●Chapter 11 表示メニュー

11.1 ●文書の表示方法を設定する

11.1.1 印刷レイアウトで表示する

印刷レイアウトを表示するには

コラム 文書の表示方法の種類

11.1.2 全画面閲覧で表示する

文書を全画面表示にするには

11.1.3 Webレイアウトで表示する

文書をWebレイアウトで表示するには

11.1.4 アウトラインで表示する

文書をアウトラインで表示するには

11.1.5 下書きで表示する

文書を下書き表示するには

11.2 ●表示/非表示を設定する

11.2.1 ルーラーを使う

ルーラーを表示するには

11.2.2 グリッド線を使う

グリッド線を表示するには

11.2.3 ナビゲーションウィンドウを使う

ナビゲーションウィンドウを表示するには

11.3 ●ズームを設定する

11.3.1 ズームを使う

画面を拡大/縮小するには

11.3.2 1ページ表示にする

1ページを画面内にすべて表示するには

11.3.3 2ページ表示にする

文書を見開きで画面に表示するには

11.3.4 ページ幅を基準に表示する

文書をウィンドウサイズに合わせるには

11.4 ●ウィンドウを設定する

11.4.1 新しいウィンドウを開く

ウィンドウを新規に開くには

11.4.2 整列表示する

開いているウィンドウを整列するには

11.4.3 分割して表示する

ウィンドウを分割して表示するには

11.4.4 並べて比較する

2つの文書の内容を比較するには

11.4.5 同時にスクロールする

2つの文書を同時にスクロールするには

11.4.6 ウィンドウの位置を元に戻す

表示されているウィンドウのサイズを揃えるには

11.4.7 ウィンドウの切り替えをする

表示するウィンドウを切り替えるには

●Chapter 12 描画ツールの書式メニュー

12.1 ●図形の挿入

12.1.1 図形を挿入する

図形を挿入するには

12.1.2 テキストの編集をする

図形にテキストを入力するには

12.2 ●図形のスタイル

12.2.1 図形のスタイルを使う

図形のスタイルを変更するには

12.2.2 図形の塗りつぶしをする

図形に色を塗るには

12.2.3 図形の塗りつぶしなしを使う

図形の塗りつぶしを取り消すには

12.2.4 図のイメージを挿入する

図形に画像ファイルを挿入するには

12.2.5 グラデーションを適用する

図形をグラデーションに塗るには

12.2.6 テクスチャを適用する

図形にテクスチャを適用するには

12.2.7 図形の枠線を使う

図形を枠線で囲むには

12.2.8 線なしにする

枠線を非表示にするには

12.2.9 太さを変える

枠線の太さを変更するには

12.2.10 実線/点線を使う

枠線を点線にするには

12.2.11 矢印を使う

線を矢印に変更するには

12.2.12 図形の効果を使う

図形に効果を設定するには

12.3 ●ワードアートのスタイル

12.3.1 ワードアートのスタイルを使う

ワードアートを設定するには

12.3.2 文字の塗りつぶし

文字に色を塗るには

12.3.3 文字の塗りつぶしなし

文字の塗りつぶしを取り消すには

12.3.4 グラデーション

文字をグラデーションに塗るには

12.3.5 文字の輪郭

文字を輪郭で囲むには

12.3.6 線なし

輪郭を非表示にするには

12.3.7 太さ

輪郭の太さを変更するには

12.3.8 実線/点線

輪郭を点線にするには

12.3.9 文字の効果を使う

文字に効果を設定するには

12.4 ●文字列

12.4.1 文字列の方向の設定

文字列の方向を設定するには

12.4.2 縦書きと横書きのオプション

縦書きと横書きのオプションを設定するには

12.4.3 文字の配置の設定

文字の配置を設定するには

12.4.4 リンクの作成

リンクを作成するには

12.5 ●配置

12.5.1 位置を変える

図形の位置を指定するには

12.5.2 その他のレイアウトオプションを使う

図形の位置を細かく指定するには

12.5.3 文字列の折り返しの設定をする

図形に文字が重ならないようにするには

12.5.4 最前面へ移動する

図形を最前面に移動するには

12.5.5 最背面へ移動する

図形を最背面に移動するには

12.5.6 オブジェクトの選択と表示を利用する

オブジェクトを抽出するには

12.5.7 配置の設定をする

図形の行揃えを変更するには

12.5.8 グループ化の設定をする

複数の図形をグループ化するには

12.5.9 回転の設定をする

図形を回転するには

12.6 ●サイズ

12.6.1 サイズを設定する

図形の大きさを変更するには

12.6.2 サイズの詳細設定をする

書式設定ダイアログで大きさを変更するには

●Chapter 13 表ツールのデザインメニュー

13.1 ●表スタイルのオプションを設定する

13.1.1 タイトル行を設定する

タイトル行にスタイルを適用するには

13.1.2 集計行を設定する

集計行にスタイルを適用するには

13.1.3 最初の列を設定する

最初の列にスタイルを適用するには

13.1.4 最後の列を設定する

最後の列にスタイルを適用するには

13.1.5 縞模様を設定する

表を列・列ごとに色分けして見やすくするには

コラム 行列の縞模様

13.2 ●表のスタイルを設定する

13.2.1 表のスタイルを設定する

表にスタイルを適用するには

13.2.2 表のスタイルの変更をする

表のスタイルを変更するには

13.2.3 表のクリアをする

表のスタイルを解除するには

13.2.4 新しい表のスタイルを使う

自作のスタイルを登録するには

13.2.5 塗りつぶしをする

表に色を塗るには

13.2.6 罫線を使う

表に罫線を引くには

13.2.7 表のグリッド線を表示する

グリッド線を表示するには

13.2.8 線種とページ罫線と網かけの設定をする

ダイアログで表の色と罫線を細かく設定するには

13.3 ●罫線の作成をする

13.3.1 ペンのスタイルを設定する

引ける罫線の種類を変更するには

13.3.2 ペンの太さを変える

引ける罫線の太さを変更するには

13.3.3 ペンの色を変える

引ける罫線の色を変更するには

13.3.4 罫線を引く

罫線をマウスで引くには

13.3.5 罫線を削除する

罫線を消すには

Q&A

●Chapter 14 表ツールのレイアウトメニュー

14.1 ●表

14.1.1 表の選択をする

表のセルを選択するには

14.1.2 表のグリッド線を表示する

表にグリッド線を表示するには

14.1.3 表のプロパティを設定する

表のプロパティで表のスタイルを設定するには

コラム 表のグリッド線を使う

14.2 ●行と列

14.2.1 表を削除する

表から行を削除するには

14.2.2 行または列を挿入する

表に行を追加するには

14.2.3 表の行/列/セルを挿入する

セルを追加するには

14.3 ●結合

14.3.1 セルの結合をする

セルを結合するには

14.3.2 セルの分割をする

セルを分割するには

14.3.3 表を分割する

表を分割するには

14.4 ●セルのサイズ

14.4.1 文字列の幅に合わせる

列幅を文字列に合わせるには

14.4.2 ウィンドウサイズに合わせる

列幅をウィンドウサイズに合わせるには

14.4.3 列の幅を固定する

列幅を固定するには

14.4.4 高さと幅の設定をする

セルの大きさを数値で指定するには

14.4.5 高さと幅を揃える

セルの大きさを揃えるには

14.5 ●配置

14.5.1 配置の設定をする

表内のテキストの位置を変更するには

14.5.2 文字列の方向を指定する

表内の文字を縦書きにするには

14.5.3 セルの配置をする

セルのスタイルを変更するには

14.6 ●データ

14.6.1 並べ替えをする

行や列をセル内のデータに合わせて並べ替えるには

14.6.2 タイトル行の繰り返しを使う

複数ページの表にタイトルを表示するには

14.6.3 表の解除をする

表形式を解除するには

14.6.4 計算式の追加をする

表内のデータを合計するには

Q&A

●Chapter 15 画像ツールの書式メニュー

15.1 ●調整

15.1.1 背景を削除する

背景を削除するには

15.1.2 明るさとコントラストを修整する

画像の明るさとコントラストを変更するには

15.1.3 色の変更をする

図の色合いを変更するには

15.1.4 その他の濃色バリエーションを適用する

図の色を用意されている以外に変更するには

15.1.5 透明な色に設定する

任意の色を透明にするには

15.1.6 アート効果を設定する

図にアート効果を設定するには

15.1.7 図の圧縮をする

図のファイルサイズを小さくするには

15.1.8 画像の変更をする

画像を変更するには

15.1.9 図のリセットを使う

図の変更をすべて取り消すには

15.2 ●図のスタイル

15.2.1 クイックスタイルを使う

図に登録されているスタイルを適用するには

15.2.2 図の枠線を変更する

図を枠線で囲むには

15.2.3 線なしにする

図の枠線を削除するには

15.2.4 太さを変える

枠線の太さを変更するには

15.2.5 実線/点線を設定する

枠線を点線に変更するには

15.2.6 図の効果を使う

図に効果を適用するには

15.2.7 図のレイアウト

図のレイアウトを変更するには

15.3 ●配置

15.3.1 位置を指定する

図の位置を変更するには

15.3.2 その他のレイアウトオプションを使う

図のレイアウトを詳細に指定するには

15.3.3 文字列の折り返しを設定する

図と文字が重ならないようにするには

15.3.4 最前面へ移動する

図の位置を前に移動するには

15.3.5 最背面へ移動する

図の位置を後ろに移動するには

15.3.6 オブジェクトの選択と表示を利用する

オブジェクトを抽出するには

15.3.7 配置の設定をする

図の文書内での位置を変更するには

15.3.8 グループ化の設定

複数の図をグループ化するには

15.3.9 回転の設定をする

図を回転するには

15.4 ●サイズ

15.4.1 トリミングする

図をトリミングするには

15.4.2 サイズを変える

図のサイズを数値で指定するには

15.4.3 サイズの詳細設定をする

ダイアログボックスで図のサイズを指定するには

●Chapter 16 グラフツールのデザインメニュー

16.1 ●グラフの種類

16.1.1 グラフの種類を変更する

グラフの種類を変更するには

16.1.2 グラフをテンプレートとして保存する

テンプレートとして保存するには

16.2 ●グラフのデータ

16.2.1 グラフの行/列を切り替える

グラフの行/列を切り替えるには

16.2.2 グラフのデータを選択する

グラフのデータを選択するには

16.2.3 グラフのデータを編集する

グラフのデータを編集するには

16.3 ●グラフのレイアウトとスタイル

16.3.1 グラフのレイアウトを変更する

グラフのレイアウトを変更する

16.3.2 グラフのスタイルを変更する

グラフのスタイルを変更するには

●Chapter 17 グラフツールのレイアウトメニュー

17.1 ●挿入

17.1.1 図を挿入する

図を挿入するには

17.1.2 図形を挿入する

図形を挿入するには

17.1.3 テキストボックスを挿入する

テキストボックスを挿入するには

17.2 ●ラベルと軸と背景

17.2.1 グラフタイトルを追加する

グラフタイトルを追加するには

17.2.2 軸ラベルを追加する

軸ラベルを追加するには

17.2.3 凡例を追加する

凡例を追加するには

17.2.4 データラベルを追加する

データラベルを追加するには

17.2.5 データテーブルを追加する

データテーブルを追加するには

17.2.6 軸を追加する

軸を追加するには

17.2.7 目盛線を追加する

目盛線を追加するには

17.2.8 プロットエリアを表示する

プロットエリアを表示するには

17.2.9 グラフの壁面を表示する

グラフの壁面を表示するには

17.2.10 グラフの床面を表示する

グラフの床面を表示するには

17.2.11 3-D回転の変更をする

3-D回転を変更するには

17.3 ●分析

17.3.1 近似曲線を表示する

近似曲線を表示するには

17.3.2 線を表示する

線を表示するには

17.3.3 ローソクを表示する

ローソクを表示するには

17.3.4 誤差範囲を表示する

誤差範囲を表示するには

● Appendix 資料

Appendix1 ショートカットキー一覧

app.1.1 Microsoft Officeの基本操作

app.1.2 リボンユーザーインターフェースを利用する

app.1.3 Microsoft Wordのクイックリファレンス

app.1.4 ドキュメントとWebページを使用する

app.1.5 テキストとグラフィックを編集する、移動する

app.1.6 文字と段落の書式設定

app.1.7 差し込み印刷とフィールド

app.1.8 言語バー

app.1.9 ファンクションキーのリファレンス

Appendix2 用語集

PR

秀和システム