ポケット図解 くりっく株365の買い方・売り方がわかる本

概 要

東京金融取引所が運営する取引所取引のCFDである「くりっく株365」の仕組みをやさしく解説したポケットサイズの入門書です。2010年11月に始まったばかりのくりっく株365は、投資家にとってわかりやすく、資金効率のよさ、便利さを兼ね備えた金融商品です。本書では、くりっく株365の仕組みと取引を行う上で必要になる知識をわかりやすい図解で解説しています。日経225証拠金取引の取引方法、取引所取引のCFDの仕組み、先物との違い、買い時・売り時、基本投資手法など売買で役立つ情報がよくわかります。

著者 秋山謙一郎
価格 本体900円(税別)
ISBN 978-4-7980-2828-6
発売日 2010/12/17
判型 四六
色数 2色
ページ数 152
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 そもそも証拠金取引とは?

1-1 「証拠金取引」ってなに?

1-2 「日経平均株価」って? 日経225証拠金取引の原資産

1-3 「くりっく株365」とは?

1-4 証拠金取引のリスクは? 気をつけることあれこれ

コラム 日経225証拠金取引と日経225miniは似て非なるもの

第2章 くりっく株365とは?

2-1 「くりっく株365」ってどんな取引?

2-2 日経225証拠金取引の魅力はここだ!

2-3 どのような市場局面でも取引可能! “買い”と“売り”

2-4 レバレッジとは? 資金効率がよい反面、リスクにも……

2-5 くりっく株365のリスクは?

コラム 投資とは偶然に頼るものではない 偶然を必然と思えるには……

第3章 日経225証拠金取引を取引してみよう!

3-1 数万円程度からはじめられる「日経225証拠金取引」

3-2 “買い”からでも“売り”からでも取引に入れる!

3-3 取引時間・取引日は? 24時間取引で土日・祝祭日は休み

3-4 決済期限のないメリットとデメリットについて

3-5 呼び値とは? 値段の刻み

3-6 制限値幅について

3-7 マーケットメイカーとは?

3-8 “両建て”も大丈夫! 買いと売りを同時に行う

3-9 金利相当額と配当金相当額の受け取り・支払いあり!

3-10 税制はどうなっている? 取引所取引CFDの税制が適用

コラム 投資資金を失うまで治らない「ポジポジ病」に罹るなかれ

第4章 くりっく株365を取引してみよう!

4-1 みずからと相性のあう取扱会社を選ぼう!

4-2 くりっく株365口座を申し込む!

4-3 証拠金を預け入れていざ取引スタート!

4-4 “買い”で利益をあげるには?

4-5 “売り”で利益をあげるには?

4-6 「指値」と「成行」 注文方法(1)

4-7 「逆指値」とは? 注文方法(2)

4-8 覚えておきたい一歩進んだ取引手法 注文方法(3)

4-9 ロスカットについて

4-10 すばやい“損切り”か“持ち越し”か?

4-11 追加証拠金を払うのは是か否か?

4-12 売買記録からみえるものは?

コラム 投資も投機も偶然に頼るものではない――

第5章 くりっく株365取引でチェックすることは?

5-1 日経平均株価を動かすもの なにが値動きを左右する?

5-2 日経平均株価を構成している個別銘柄もチェックしよう!

5-3 先行き市場の動きをどう予測するか? 市況分析とチャート分析

5-4 経済動向のなにをチェックするか? 市況分析(1)

5-5 ずばり各種経済指標なにをみればいい? 市況分析(2)

5-6 アメリカ市場の動きは要チェック! 市況分析(3)

5-7 SQ日のある週の値動きは気をつけろ! 市況分析(4)

5-8 政治動向から“買い時・売り時”をつかむ 市況分析(5)

5-9 社会情勢から“買い時・売り時”をつかむ 市況分析(6)

5-10 国際情勢から“買い時・売り時”をつかむ 市況分析(7)

5-11 為替動向から“買い時・売り時”をつかむ 市況分析(8)

5-12 金市場の動きからみえるもの 市況分析(9)

5-13 景気動向から“買い時・売り時”をつかむ 市況分析(10)

5-14 信用買い残・売り残から“買い時・売り時”をつかむ 市況分析(11)

5-15 値動きの傾向をつかむ テクニカル分析(1)

5-16 ローソク足から“買い時・売り時”をつかむ テクニカル分析(2)

5-17 グランビルの法則で“買い時・売り時”をつかむ

テクニカル分析(3)

5-18 順張りか逆張りか テクニカル分析(4)

5-19 移動平均線から“買い時・売り時”をつかむ テクニカル分析(5)

5-20 ボリンジャーバンドから“買い時・売り時”をつかむ

テクニカル分析(6)

5-21 騰落レシオから“買い時・売り時”をつかむ テクニカル分析(7)

5-22 “日柄”と“アノマリー”について

コラム チャート図とは市場に生きる人の思惑を形にあらわしたもの

第6章 くりっく株365での投資手法とは?

6-1 デイ・トレードで収益をあげる!

6-2 スキャルピングで収益をあげる!

6-3 スイング・トレードで収益を上げる!

6-4 金利相当額・配当金相当額狙いの長期取引は是か否か?

6-5 裁定取引としての活用法

6-6 値動きの激しい時間のみを狙った投資手法とは?

6-7 値動きがすくないときの投資手法は?

6-8 ほんとうに“両建て”は危険か?

6-9 利を乗せて枚数を増やすことを目指す

6-10 どのくらいの金額があれば柔軟な投資が行える?

6-11 着実に利をあげていく投資手法はあるか?

6-12 先行き値動きが予測できないときは?

コラム ポストFXは「くりっく株365」か? レバレッジ倍率・25倍から

PR

秀和システム