図解入門業界研究 最新自動車業界の動向としくみがよーくわかる本

概 要

自動車業界の現状と最新動向を図表を使ってわかりやすく解説した入門書です。リーマンショックにより自動車業界は最悪期を向かえ、特にアメリカのGMとクライスラーが破産申請を行ったことで業界には衝撃が走りました。世界の自動車メーカーは市場回復を待っていますが、そのような中でも低価格小型車や環境技術、電気自動車を巡って新たな競争が始まっています。本書では、こうした自動車業界の最新動向や国内外主要メーカーの戦略、新興国や新市場の現状と動向、エコカー市場、環境技術、そして業界の将来への課題と展望を解説しています。業界人、就職、転職に役立つ情報が満載です。

著者 黒川文子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-2861-3
発売日 2011/1/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 世界金融危機がもたらした自動車産業界の危機

1-1 米国ビッグスリーの悲劇

1-1 米国ビッグスリーの悲劇

1-2 米国ビッグスリーの財務悪化

1-3 米国市場のLTSが悲劇の始まり

1-4 米国ビッグスリーの製品開発面での弱さ

1-5 GMが破産し、新生GM誕生

1-6 クライスラー破産、フォード経営危機

1-7 金融危機と日系メーカーの業績悪化

1-8 トヨタ、販売台数で世界一に

1-9 金融危機と欧州自動車メーカー

1-10 金融危機後の米国自動車市場

1-11 金融危機後の世界自動車産業

コラム ハイブリッド車はどのくらいお得か?

第2章 世界の自動車産業の発展

2-1 フォードの大量生産方式

2-2 欧州自動車メーカーの発展

2-3 モジュール生産とディーゼル車

2-4 日本の自動車産業の発展

2-5 一九九〇年代の日本自動車メーカー

2-6 セル生産方式を採用したボルボ

2-7 マザー工場の役割

2-8 軽自動車の販売増加

2-9 若者の車離れ

2-10 フレキシブルな労働者の活用

2-11 世界戦略車の開発

コラム 自動車の減価償却

第3章 自動車産業の産業構造

3-1 自動車の開発プロセス

3-2 販売促進と販売方法の変遷

3-3 流通チャネル

3-4 流通チャネルの問題

3-5 フレキシブルなトヨタ生産方式

3-6 原価低減活動と車種仕様数

3-7 在庫販売と受注生産混合型の日本

3-8 欧米メーカーの受注生産と在庫販売

3-9 情報システム活用のトヨタの受注生産

3-10 サプライヤーとの関係

3-11 貸与図メーカーと承認図メーカー

3-12 経営の現地化とは

3-13 メーカーを脅かすカーシェアリング

コラム インドの車事情

第4章 自動車産業が直面する「キーワード」

4-1 金融危機後の自動車産業界

4-2 トヨタを悩ます「リコール」

4-3 リコールの原因とメーカーの対応

4-4 激化する「電池競争」

4-5 エタノール混合ガソリン対応車

4-6 「スマートグリッド」と電気自動車

4-7 現代自動車の競争力

4-8 ETCの推進とその効果

4-9 カーナビの急速な普及

4-10 「機械」から「デジタル商品」へ

4-11 エコカー減税・補助金とプリウス

コラム フランス国内の自動車工場の競争力

第5章 世界で進む業界再編(提携とその戦略)

5-1 世紀の合併ダイムラー・クライスラー

5-2 ダイムラー・クライスラーと三菱

5-3 ルノーと日産の資本提携

5-4 ルノー、日産、ダイムラーの資本提携

5-5 フィアットとクライスラーの資本提携

5-6 スズキとVWの資本提携

5-7 三菱自動車とPSAの業務提携

5-8 環境技術、新興国、小型車がキー

コラム 販売台数の半数が外車

第6章 市場拡大~開発が進むエコカーとその最新技術~

6-1 エコカー開発の現状と分析

6-2 多彩なハイブリッド車

6-3 トヨタとホンダのハイブリッド車

6-4 電気自動車(EV)とは

6-5 三菱自動車の「アイ・ミーブ」

6-6 日産の「リーフ」

6-7 ガソリン車もエコカー並み低燃費

コラム フランスの電気自動車と充電設備

第7章 新興国~新たな市場への戦略~

7-1 新興国へ向けての商品戦略

7-2 (1)中国 中国自動車産業の歴史

7-3 (1)中国 WTO加盟後の中国の現状

7-4 (1)中国 自動車メーカーの動向

7-5 (1)中国 中国系メーカーの製品開発

7-6 (2)インド インド自動車産業の現状

7-7 (2)インド シェア一位はスズキ

7-8 (2)インド 超低価格小型車「ナノ」

7-9 (3)ロシア

7-10 (4)ブラジル

コラム 自動車の原価企画

第8章 自動車産業界の将来像とその可能性

8-1 日本メーカーに必要とされるもの

8-2 いかに低価格車を開発するか

8-3 受注生産向けサプライチェーン

8-4 多様な次世代型エコカー戦略

8-5 「ケタ違い品質」でリコール防止

8-6 価値観の変化に見る自動車産業の未来

コラム 自動車メーカーのCSR

第9章 自動車産業に求められる人材

9-1 自動車の開発業務に求められる人材

9-2 日本と欧米のエンジニアの地位

9-3 自動車の販売業務に求められる人材

9-4 生産ラインで求められる人材

9-5 経営者に求められる資質

コラム 自動車のLCA(ライフ・サイクル・アセスメント)

Data 資料編

自動車産業の年表

自動車産業界の提携関係図

自動車生産の世界地図

新興国の動向

排出ガス規制対策

エコカーの世界市場予測

日本のエコカー支援行政

スマートグリッドへの取組みの違い

主な自動車関連団体一覧

PR

秀和システム