オープンソース徹底活用 Slim3によるWebアプリケーション開発

概 要

Google App Engineに特化したフレームワーク「Slim3」を使って効率の良いWebアプリケーション開発をする方法をチュートリアル形式で解説した技術書です。Google App Engineは、従来のRDBではなく、独自のデータベース「Bigtable」を採用しているため、開発のハードルが高くなりがちですが、Slim3の導入で敷居が低くなり、効率の良いクラウド開発が可能になります。本書では、Slim3とGoogle Web ToolkitとEclipseを採用し、実際にWebアプリケーションを開発しながらSlim3の利用方法を解説しています。Webアプリケーションのサンプルコードのダウンロードサービス付き。姉妹本の『オープンソース徹底活用 Slim3 on Google App Engine for Java』も併せてお読みください。

著者 山田健一
価格 本体2400円(税別)
ISBN 978-4-7980-2866-8
発売日 2011/1/29
判型 B5変
色数 1色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ オープンソース徹底活用
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 基礎知識

1-1 本書サンプルのダウンロード

1-2 開発環境のセットアップ

■1-2-1 開発に必要なもの

■1-2-2 JDK

■1-2-3 JDK用の環境変数の設定

■1-2-4 Eclipse

■1-2-5 Eclipseの日本語化

■1-2-6 Eclipseの基本設定

■1-2-7 Google App Engine SDK

■1-2-8 Slim3 Eclipse Plugin

■1-2-9 Slim3用の設定変更

■1-2-10 ワークベンチにジャンプ

1-3 サンプルプロジェクトのインポートと利用方法

■1-3-1 サンプルプロジェクトインポートの注意事項

■1-3-2 ワークスペースの切り替え

■1-3-3 サンプルプロジェクトのインポート

■1-3-4 サンプルプロジェクトの実行確認

Chapter 2 設計

2-1 要件定義

2-2 Google App Engineの制限による手法の変更

2-3 ステップ分割

2-4 データストア定義

2-5 リレーションシップ

■2-5-1 片方向のリレーションシップ

■2-5-2 双方向のリレーションシップ

2-6 リレーションシップを利用しない関係

Chapter 3 「お知らせ登録」の作成 ~「Google Web Toolkit入門チュートリアル」に似た入門的プログラム~

3-1 画面設計及び機能概要

3-2 Slim3ブランクプロジェクトの入手

3-3 Slim3ブランクプロジェクトの変更

■3-3-1 Google Webツールキットプロジェクトに変更

■3-3-2 プロジェクト名を変更

■3-3-3 web.xmlの修正(1)

■3-3-4 web.xmlの修正(2)

■3-3-5 注釈処理の変更

■3-3-6 ファクトリー・パスの追加

3-4 Slim3 Eclipse Pluginを利用して、プロジェクト作成

3-5 モジュール追加からhtml作成まで

■3-5-1 モジュールの作成

■3-5-2 エントリーポイントの作成

■3-5-3 htmlページの作成

3-6 サンプルのExcelファイルをOpenOffice.orgで開いたとき

3-7 UiBinderによる画面デザイン

3-8 cssの定義

3-9 モデルの作成

3-10 サービスの作成

3-11 サービスのテスト

3-12 画面周りの操作

3-13 エラーチェッククラスの作成

3-14 登録ボタンクリック時の処理

3-15 データの書き込み

3-16 テスト実行

3-17 開発環境の管理機能の利用

3-18 一覧表示機能用のサービスメソッドの追加

3-19 ホット・コード置換の失敗

3-20 一覧表示機能の追加

3-21 データ削除機能用のサービスメソッドの追加

3-22 データ削除機能の追加

Chapter 4 トップページ(index.html)の作成

4-1 画面設計及び機能概要

■4-1-1 画面イメージと機能概要

■4-1-2 faviconの指定

■4-1-3 タイトルとGoogle App Engine ボタンの配置

4-2 テーブルレイアウト

4-3 静的ファイルの配置

4-4 お知らせの表示(データストア読み込み)

4-5 お知らせ登録の呼び出し

4-6 デバッグへの対応

Chapter 5 専門委員会ログイン、専門委員会メニューの作成 ~パスワード保護とパターン化されたメニュープログラム~

5-1 専門委員会ログイン画面イメージと機能

5-2 初期パスワードの設定

5-3 開発環境のデータストア初期化

5-4 専門委員会ログイン画面の実装

5-5 ツールを利用したコード生成

5-6 urlからのパラメーター取得

5-7 ログインボタンクリック処理

5-8 専門委員会メニューの作成

5-9 トップページの遷移先変更

5-10 [戻る]ボタンの追加

5-11 セッション管理サービスの作成

5-12 セッションの作成

5-13 セッションの確認

5-14 お知らせ登録のセッション機能追加

5-15 セッション管理の有効化

5-16 セッションの有効期限の指定

Chapter 6 デプロイ(本番環境への配置)

6-1 Googleアカウントの取得

6-2 App Engineアカウントの登録とアプリケーションIDの登録

6-3 本番環境へデプロイ

6-4 本番環境でのテスト

Chapter 7 管理機能の利用

7-1 データストア一覧とデータ保守

7-2 インデックス一覧

Chapter 8 チーム基本登録、試合登録の作成 ~主キーを意識したマスターメンテナンス型のプログラム~

8-1 画面設計と特徴

8-2 主キーを意識したユーザーインターフェース

8-3 半角英数字のチェック

8-4 主キーを大文字に統一する

8-5 データ更新の特性

8-6 List型のプロパティーの扱い

8-7 List型のプロパティー(試合会場)部分のui.xml

8-8 試合会場テキストボックスの扱い

8-9 [試合会場追加]ボタンと[試合会場削除]ボタンの扱い

8-10 読み込んだエンティティーを画面に表示

8-11 List型プロパティーのエラーチェック

8-12 List型プロパティーのデータ更新の処理

Chapter 9 試合日程の作成 ~FlexTableでのセル結合と、データ内容によるボタン制御のプログラム~

9-1 画面設計及び機能概要

9-2 ui.xml

9-3 セル結合と注意点

9-4 PDF表示(簡易版)

Chapter 10 ファイルアップロード

10-1 Google App Engineでのファイルアップロード制限

10-2 Slim3アップロードサンプルの概要

10-3 Slim3アップロードサンプルと本書サンプルの相違点

10-4 Slim3コントローラー(IndexController)の作成

10-5 ファイルアップロード画面の工夫

10-6 画面表示のコントローラー(IndexController)の内容

10-7 サービスの作成

10-8 アップロード処理(UploadController)の作成

10-9 表示処理(ShowController)の作成

10-10 試合日程のファイルアップロード対応

Chapter 11 リレーションシップ ~定義方法~

11-1 片方向1対1

11-2 双方向1対多

Chapter 12 加盟チーム詳細登録の作成 ~リレーションシップ利用モデルとグローバルトランザクションを使用したプログラム~

12-1 加盟チームログインと加盟チームメニュー

12-2 加盟チーム詳細登録の画面設計

12-3 ツールを利用したui.xml生成

12-4 リレーションシップで結ばれたデータを逆参照機能で取得するテスト記述

12-5 リレーションシップで結ばれたデータを逆参照機能で取得するためのモデル作成

12-6 リレーションシップで結ばれたデータを取得するサービスメソッド

12-7 グローバルトランザクションについて

12-8 リレーションシッププロパティーの設定

Chapter 13 登録審判一覧表の作成 ~リレーションシップの参照を多段階に利用したプログラム~

13-1 画面設計及び機能概要

13-2 リレーションシップで結ばれたデータを参照機能で取得するためのモデル作成

13-3 サービスメソッドの作成

13-4 ラジオボタンによるデータ限定

Chapter 14 期限切れセッションの自動削除 ~自動実行ジョブの設定~

14-1 期限切れセッションの削除コマンド

14-2 cron.xmlの作成

14-3 自動実行フォルダの保護

Chapter 15 CNMVについて

15-1 CNMVとは

15-2 CNMVのダウンロード

15-3 CNMVのインストールと実行

Appendix 資料

A1 Eclipseのアップデート

A2 Google App Engine SDKのアップデート

A3 Slim3のバージョンアップ

■A3-1 Slim3のバージョンアップ

■A3-2 Slim3 Eclipse Pluginのバージョンアップ

A4 山田ツールズについて

A5 サンプルシステム概要

■A5-1 トップページ

■A5-2 試合日程

■A5-3 加盟チーム一覧

■A5-4 加盟チームログイン

■A5-5 加盟チームメニュー

■A5-6 チーム情報登録

■A5-7 専門委員会ログイン

■A5-8 専門委員会メニュー

■A5-9 チーム基本情報登録

■A5-10 登録審判一覧表

■A5-11 お知らせ登録

■A5-12 年度登録

■A5-13 試合登録

■A5-14 PDFアップロード

PR

秀和システム