Adobe Flash Professional デザイン リファレンス

概 要

Adobe Flashの使い方を初心者にもわかりやすく詳細に解説した入門書です。Adobe Flashは、動画や画像、音声、テキストを組み合わせてWebコンテンツを作るツールです。本書ではFlashをはじめて使う人から実践的なテクニックを学びたい中級者までを対象に、Flashの機能と活用方法を解説。実際に簡単なアニメーションを作りながらFlashの基本を学んだうえで、タイムラインの操作やオブジェクト編集、アニメーション速度の調整、マスクやボーンの操作、オブジェクトのシンボル化、文字入力、テキストの段組表示、写真の読み込み、ActionScriptの記述方法、SWFファイルへの書き出し、XML形式での保存といった実践的なノウハウを紹介します。

著者 伊佐恵子
価格 本体2480円(税別)
ISBN 978-4-7980-2882-8
発売日 2011/4/2
判型 B5
色数 4色
ページ数 392
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第0章 Flashムービーを体感する

01 ムービーを作成してから公開するまでの作業の流れ

02 STEP1 新しいFlashドキュメントを作成する

03 STEP2 描画ツールの楕円を使って簡単に車を描く

04 STEP3 背景に坂道を描く

05 STEP4 車を自動的に走らせる

06 STEP5 文字をフェードインさせる

07 STEP6 アニメーションを1回で止める

08 STEP7 ムービーをブラウザに表示する

第1章 Flashの基本操作

01 Flash Professional CS5の多彩な使い方

02 新しいFlashドキュメントを作成する

03 Flashドキュメントを保存する

04 FlashドキュメントをCS4の形式で保存する

05 Flashドキュメントを開く

06 表示中の複数のドキュメントを切り替える

07 同じドキュメントを2つのウィンドウで表示する

08 ワークスペースのレイアウトを確認/変更する

09 パネルの表示/非表示を切り替える

10 プロパティインスペクタの役割と表示される内容について

11 オリジナルのワークスペースを作って保存する

12 ツールパネルをカスタマイズしてよく使うツールを選びやすくする

13 ステージのサイズや背景色を変更する

14 画面を拡大/縮小して作業する

15 操作を取り消す

第2章 タイムラインの操作

01 タイムラインの構成とムービー内での役割

02 オブジェクト配置時のフレームの種類と表示形態

03 アニメーションが設定されたフレームの種類と表示形態

04 任意のフレームを選択する

05 任意の場所にフレームを追加する

06 フレームを削除する

07 キーフレームを削除する

08 フレームを移動/コピーする

09 複数のフレームを同時に表示/編集する

10 フレームにラベルを付けて名前やコメントを表示する

11 レイヤーの種類と表示形態

12 レイヤーの追加や削除をする

13 レイヤーの名前を変更する

14 レイヤーの順番を入れ替える

15 必要なレイヤーだけを表示する

16 レイヤーをロックして保護する

17 オブジェクトをアウトライン化して輪郭だけで表示する

18 フォルダーを作成してレイヤーをまとめる

19 レイヤーフォルダーを管理する

20 シーンでタイムラインを分割する

第3章 描画とカラー設定

01 [線]と[塗り]の特徴を知る

02 線や塗りの色を指定する1 カラーパレットから選ぶ

03 線や塗りの色を指定する2 特定の色を指定する

04 プロパティインスペクタで線の太さやスタイルを指定する

05 四角形を描く 

06 角の丸みやサイズを指定して四角形を描く 

07 描画後に四角形の角の丸みを変更する

08 楕円を描く

09 形やサイズを指定して円を描く 

10 描画後に円形を扇形やドーナツ円にする

11 多角形を描く

12 多角形の画数を指定したり、星を描く

13 直線や連続した線を描く

14 フリーハンドで線を描く

15 フリーハンドで塗りを描く

16 スプレーで絵を吹き付ける

17 連続したパターンを手早く描く

18 パスで連続した直線を描く

19 パスで曲線を描く

20 パスで図形を描く

21 塗りの周囲に線を追加する

22 線のスタイルをコピーする

23 オブジェクトの内部を塗りつぶす

24 隙間のあるオブジェクトやグラデーションをきれいに塗る

25 オブジェクトの色を変更する

26 カラーパネルで好みの色を作成する

27 カラーパレットによく使う色を追加する

28 グラデーションカラーを作成する

29 グラデーションの位置や幅を調整する

30 透明カラーでガラスや水を表現する

Technique 01 描画とカラー設定で水面を表現する

第4章 オブジェクトの編集テクニック

01 オブジェクトを選択する

02 スタイルの確認や変更をする

03 オブジェクトの移動やコピーを効率よく行う

04 オブジェクトの大きさを変更する

05 オブジェクトの大きさを手早く揃える

06 オブジェクトを回転/反転する

07 変形でオブジェクトのイメージを変える

08 周囲をドラッグしてオブジェクトの形を自由に変更する

09 パスで描いた線を修正する 

10 パスのアンカーポイントを増減する

11 線の種類や形を描画後に変更する

12 線を滑らかにする/シャープにする

13 線を塗りに変更する

14 塗りの周囲をぼかす/輪郭をくっきりさせる

15 オブジェクトの一部や全部を消去する

16 複数のオブジェクトをグループ化する

17 シェイプ/描画オブジェクト/プリミティブを切り替える

18 2つの描画オブジェクトを重ねて切り抜きをする

19 オブジェクトの重なり順を変更する

20 複数のオブジェクトをきれいに配置する

21 同じレイヤーのオブジェクトを複数のレイヤーに配分する

22 ルーラーやガイドを利用してオブジェクトを配置する

23 オブジェクトの作成や配置にグリッドを利用する

Technique 02 オブジェクトを編集して水中と水面を表現する

第5章 アニメーションの基本

01 アニメーションの種類を知る

02 コマ送りで絵を動かす:フレームアニメーション

03 アニメーションの速度を変更する

04 アニメーションの動きを確認する

05 同じオブジェクトを自動的に動かす:モーショントゥイーン

06 アニメーションの軌道を修正する

07 進路に合わせてオブジェクトの向きを変える

08 オブジェクトの大きさや角度を変化させる

09 オブジェクトを回転する

10 オブジェクトの色を変化させる

11 フェードイン/フェードアウトのアニメーションを作成する

12 オブジェクトの形を自動的に変える:シェイプトゥイーン

13 中間の不自然な動きを調整する

14 アニメーションを解除する

15 アニメーションの動きを逆にする

16 モーショントゥイーンをコピーする

17 加速や減速でメリハリを付ける

18 モーショントゥイーンを分割する

19 アニメーションのひな型を利用する

20 自作のモーショントゥイーンを登録する

Technique 03 モーショントゥイーンでボールを動かす

第6章 アニメーションのテクニック

01 オブジェクトの回転軸を変更する

02 マスクでムービーの一部を切り抜く

03 マスクを動かしてスポットライトの効果を作る

04 マスクの外側をうっすらと表示させる

05 オブジェクトの色を少しずつ塗っていく

06 クラシックトゥイーンでアニメーションを作成する

07 自由な軌道でオブジェクトを動かす

08 ボーンの役割としくみ

09 関節の動きをボーンで表現する

10 ボーンの動く角度を制限する

11 縦横にスライドする動きをボーンで作成する

12 ボーンの位置を修正する

13 ボーンのオブジェクトを移動する

14 ボーンの追加や削除をする

15 ボーンの動きをアニメーションにする

16 ボーンでシェイプを滑らかに動かす

17 IKシェイプの動き方を調整する

18 Flashの3D空間でオブジェクトを扱う

19 オブジェクトを立体的に回転する

20 3D空間でオブジェクトを移動する

21 遠近感や視点を調節する

22 3Dオブジェクトをアニメーションで動かす

23 モーションエディターでオブジェクトの動きを変更する

24 モーションエディターのグラフを直接編集する

25 モーションエディターでイージングを設定する

Technique 04 オブジェクトが3D空間で1回転するアニメーション

第7章 シンボルとインスタンス

01 シンボルとインスタンスとは

02 3種類のシンボルの用途と特徴

03 新しいシンボルを作成する

04 オブジェクトをシンボルに変換する

05 シンボルをステージに配置する

06 シンボルを修正する

07 インスタンスの明度や色を変更する

08 インスタンスに影/ボカシ/立体感を加える

09 オブジェクトを重ねて合成する

10 ステージ上のインスタンスを他のシンボルと入れ替える

11 インスタンスやシンボルのタイプを変更する

12 インスタンスの再生方法を指定する

13 ボタンシンボルのしくみ

14 新しいボタンを作成する

15 ステージ上でボタンの動きを確認する

16 ムービー上で表示されない透明ボタンを作成する

17 ボタンシンボルに効果音を付ける

18 ライブラリでムービー内のシンボルを一元管理する

19 他のドキュメントのライブラリを利用する

Technique 05 文字が飛び出すボタンシンボル

第8章 テキストを使いこなす

01 [TLFテキスト]と[クラシックテキスト]の種類と特徴

02 テキストフィールドに文字を入力する

03 テキストフィールドの位置/サイズ/スタイルを変更する

04 文字スタイルを変更する

05 インデントや行間設定で文章を読みやすくする

06 文章を段組みで表示する

07 縦書きの文章をきれいに表示する

08 複数のテキストフィールドをつなげて文字を流し込む

09 読み取り専用/ムービー上で入力可能なテキストを作成する

10 フォントをイメージ通りに表示する

11 テキストに外部リンクを設定する

12 テキストフィールドにスクロールバーを付ける

13 テキストを図形に変換する

第9章 外部データの利用

01 Flashに読み込み可能な外部ファイル

02 写真などのビットマップデータを読み込む

03 写真を分解して一部分を利用する 

04 独自の模様でオブジェクトを塗りつぶす

05 Illustratorのファイルを読み込む

06 Photoshopのファイルを読み込む

07 サウンドデータを読み込む

08 サウンドをムービーのBGMに使う

09 サウンドをフェードイン/フェードアウトさせる

10 サウンドの圧縮方法を指定する

11 ビデオファイルをFlashビデオに変換する

12 ビデオをFlashドキュメントに読み込む

13 ビデオの再生方法やファイルを変更する

14 キューポイントでビデオをスキップさせる

15 ビデオの一部分を抜き出して再生する

16 ビデオファイルをムービーに埋め込む

第10章 ActionScript レッスン

01 ActionScriptの役割としくみ

02 アクションパネルの基本的な使い方

03 ActionScriptの記述に使う文字や記号に関するルール

04 ActionScriptでタイムラインをコントロールする

05 マウス操作をしたときの処理を設定する(MouseEvent)

06 関数を定義して処理を実行する(function)

07 コードスニペットでActionScriptを手軽に記述する

08 指定したフレームにジャンプして再生/停止する

09 ムービークリップのタイムラインをコントロールする

10 ムービークリップの位置や角度などのプロパティを変更する

11 ムービークリップを回転させる

12 ムービー上でムービークリップをドラッグして動かす

13 変数を利用する

14 条件によって実行する処理を変える

15 別のURLにジャンプする

16 外部の画像ファイルやSWFファイルを読み込む

17 外部のテキストファイルを読み込む

Technique 06 ボタンでムービーを再生する

Technique 07 ライブラリのシンボルをActionScriptでステージに呼び出す

第11章 ファイル操作とパブリッシュ

01 ムービーファイル(SWFファイル)を書き出す

02 ムービーのダウンロード時間をシミュレートする

03 イメージやアニメーションを外部ファイルに書き出す

04 FlashドキュメントをXML形式で保存する

05 ドキュメントファイルをテンプレートとして保存する

06 パブリッシュの設定を行う

07 Web配信用にHTMLファイルやSWFファイルを書き出す

DATA 巻末資料

01 モバイルコンテンツ用のドキュメントを作成する

02 モバイルコンテンツの動きや表示をテストする

03 待ち受け画面に時刻を表示する

04 Flash Professional CS5のツール/パネル一覧

PR

秀和システム