図解入門よくわかる 最新ベアリングの基本と仕組み

概 要

機械や装置の性能や耐久性に大きく影響する「ベアリング(軸受)」の基礎知識をビジュアルにわかりやすく解説した入門書です。紀元前から使われてきたベアリングが現在の転がり軸受に近い形に進化したのは、今から約120年前のことです。その後、特に自動車の発達とともに大きく進歩し、現在では転がり軸受なしでは鉄道、航空機、電気機器など多くの機械を動かすことができないほどになりました。本書では転がり軸受けの歴史から、メカニズム、製造工程、自動車用ベアリングの種類、用途、ベアリングの損傷と原因、対策までを解説しています。転がり軸受技術に興味を持つすべての人にオススメします!

著者 ジェイテクト「ベアリング入門書」編集委員会
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-2889-7
発売日 2011/2/23
判型 A5
色数 2色
ページ数 212
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ベアリングとは

1-1 ベアリングとは

コラム これからのベアリング

1-2 ベアリングの種類

コラム 風が吹けば

1-3 ベアリングの規格

コラム 軸受の助け合い

第2章 ベアリングの歴史

2-1 トライボロジーの歴史

2-2 日本におけるトライボロジーの源流

コラム 水車

2-3 海外のベアリングメーカー

2-4 日本のベアリングの歴史

コラム 車輪のない文明

コラム 火おこし

コラム ねらわれた外輪船

第3章 ベアリングのメカニズム

3-1 ベアリングの構造

3-2 ヘルツの接触理論

3-3 ベアリングの剛性と転動体荷重分布

コラム 失われた才能

3-4 転がり接触下の応力

3-5 ベアリングに求められる材料と熱処理

コラム コーティングが拓く未来

3-6 潤滑

コラム 運が悪いアモントン

コラム 鳴き砂

3-7 潤滑剤(油)

3-8 グリース

3-9 ベアリングの寿命

コラム ベアリングノート

3-10 ベアリングのはめあい

3-11 ベアリングの内部すきま

3-12 ベアリングの予圧

3-13 密封装置

コラム 才能豊かな潤滑油

3-14 保持器

コラム 夢が広がる極微小軸受

第4章 ベアリングを製造する

4-1 深溝玉軸受の製造工程

4-2 玉の製造工程

第5章 自動車用ベアリング

5-1 ディファレンシャル用軸受

5-2 トランスミッション用軸受

5-3 ホイール用軸受

5-4 オルタネータ用軸受

5-5 水ポンプ軸受

5-6 トランスミッション用軸受(2輪)

5-7 クランクシャフト用軸受(2輪)

5-8 ホイール用軸受(2輪)

コラム 摩擦と電気

第6章 多彩なベアリングの用途

6-1 鉄道車両用軸受(新幹線)

6-2 圧延機用ロールネック軸受

6-3 連続鋳造設備ロール用軸受

6-4 工作機械主軸用軸受

6-5 ファンモータ用軸受

6-6 風力発電装置用軸受

6-7 トンネル掘進機用軸受

6-8 特殊環境用軸受

コラム 軸受を探して

第7章 CAE解析事例

7-1 トランスミッション用軸受への活用

7-2 ホイール用軸受への活用

コラム 最良の軸受

コラム ベアリング

第8章 ベアリングの損傷とその原因・対策

8-1 損傷発生時期と原因

コラム 歴史から学ぶ

8-2 フレーキング(はく離)、ピッチング

8-3 摩耗、フレッチング

8-4 割れ、欠け

8-5 擦り傷、かじり

PR

秀和システム