図解入門ビジネス ISO50001の基本と仕組みがよーくわかる本

概 要

省エネとCO2削減を実現する国際規格「ISO50001」の基本から導入・構築、認証審査などを解説した入門書です。ISO50001は、企業の省エネ化を推進するためのエネルギーマネジメントシステムの国際規格です。この認証を取得することで、省エネ化が進んでいるという客観的な評価を得ることができます。本書では、エネルギーマネジメントシステムの構築に携わる企業の担当者、環境関連のコンサルタントを対象に、エネルギー管理の基礎知識、ISO50001およびエネルギーマネジメントシステムの基礎知識、ISO14001との違い、要求事項、ISO50001に基づくエネルギーマネジメントシステムの構築、認証取得のために必要な事項を解説しています。

著者 打川和男(編著)、泉佳夫
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2901-6
発売日 2011/3/9
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 エネルギーの基本

1-1 エネルギーとは

1-2 エネルギー形態と変換

1-3 エネルギー資源

1-4 化石エネルギー

1-5 再生可能エネルギー

第2章 エネルギーを取り巻く情勢

2-1 世界のエネルギー情勢

2-2 国内のエネルギー需給の動向

2-3 国内の分野別エネルギー消費

2-4 国内のエネルギー政策

2-5 地方公共団体のエネルギー政策の動向

第3章 エネルギーと地球環境問題

3-1 エネルギーと大気汚染

3-2 エネルギーと地球温暖化

3-3 世界の二酸化炭素排出量

3-4 国内の二酸化炭素排出量

3-5 地球温暖化防止に向けた国内対策

第4章 エネルギー管理に関する法律

4-1 省エネルギー法の対象 省エネルギー法(1)

4-2 工場・事業場分野 省エネルギー法(2)

4-3 住宅・建築物分野 省エネルギー法(3)

4-4 輸送分野 省エネルギー法(4)

4-5 機械器具分野 省エネルギー法(5)

4-6 地球温暖化対策推進法

4-7 新エネルギー法

コラム 新エネルギーのコスト課題

第5章 エネルギー管理技術の概要

5-1 建築物の躯体性能 年間熱負荷係数(PAL)

5-2 建築物の各種建築設備性能 エネルギー消費係数(CEC)

5-3 空気調和設備

5-4 照明設備

5-5 給湯・蒸気発生設備

5-6 受変電・配電設備

5-7 新エネルギー技術

コラム エネルギーの歴史

第6章 ISOとマネジメントシステム

6-1 ISO(国際標準化機構)とは?

6-2 ISOマネジメントシステム規格

6-3 ISO14001 環境、エネルギー関連の規格(1)

6-4 ISO14005 環境、エネルギー関連の規格(2)

6-5 BS8901:2009 環境、エネルギー関連の規格(3)

6-6 BS16001:2009 環境、エネルギー関連の規格(4)

第7章 エネルギーマネジメントシステムISO50001

7-1 ISO50001発行の背景

7-2 ISO50001発行の経緯

7-3 ISO50001の構成

7-4 エネルギーマネジメントシステム

コラム ISO14001認証取得組織がISO50001を取得する場合

第8章 ISO50001が要求すること Plan(計画)

8-1 一般要求事項

8-2 経営層の責任

8-3 エネルギー方針

8-4 法的及びその他の要求事項 計画(1)

8-5 エネルギーレビュー、ベースライン、パフォ-マンスインディケータ 計画(2)

8-6 目的、目標及び行動計画 計画(3)

第9章 ISO50001が要求すること Do(実施と運用)

9-1 力量、教育訓練及び自覚 実施と運用(1)

9-2 文書 実施と運用(2)

9-3 運用管理 実施と運用(3)

9-4 コミュニケーション 実施と運用(4)

9-5 設計 実施と運用(5)

9-6 エネルギーサービス、機器及びエネルギーの調達 実施と運用(6)

第10章 ISO50001が要求すること Check & Act(監視と改善)

10-1 監視、測定及び分析 法的/その他の順守の評価 パフォーマンスの監視(1)

10-2 内部監査 パフォーマンスの監視(2)

10-3 不適合並びに是正、及び予防処置 パフォーマンスの監視(3)

10-4 記録の管理 パフォーマンスの監視(4)

10-5 マネジメントレビュー

第11章 EnMSを構築する

11-1 エネルギー方針の確立

11-2 エネルギーマネジメント体制を確立する

11-3 エネルギーレビューの実施

11-4 エネルギー目的/目標の設定

コラム 目標管理の統合

11-5 EnMS文書 EnMS の文書化(1)

11-6 文書化の成功のポイント EnMSの文書化(2)

11-7 文書の種類 EnMSの文書化(3)

11-8 EnMSの導入教育

第12章 EnMSをレビューする

12-1 EnMS内部監査とは

12-2 監査のガイドラインISO19011

12-3 EnMS内部監査体制の確立

12-4 内部監査員に必要な力量

12-5 EnMS内部監査の計画

12-6 個別スケジュール表 EnMS内部監査の準備(1)

12-7 内部監査チェックリスト EnMS内部監査の準備(2)

12-8 情報の収集 EnMS内部監査の実施(1)

12-9 インタビュー EnMS内部監査の実施(2)

12-10 EnMS内部監査の報告

12-11 EnMSのレビュー

第13章 ISO50001を認証取得するためには

13-1 ISO50001の認証取得のメリット

13-2 ISO50001を認証取得する方法

13-3 ISO50001の認証審査

第14章 エネルギー関連の資格

14-1 電気主任技術者

14-2 ボイラー技士

14-3 エネルギー管理士

PR

秀和システム