図解入門 よくわかる 最新 音響の基本と応用

概 要

音の科学、技術、芸術を基礎からわかりやすく解説した入門書です。私たちの生活のなかには多くの「音」が溢れており、音から様々な情報を読み取っています。音楽の美しさを感じたり、危険を知らせてくれる音、自然を感じさせる音、テレビの効果音など、音は環境の構成要素でもあるのです。本書では、こうした「音」について、様々な観点から包括的に紹介しています。音の物理学、聴覚の仕組み、音の大きさや高さといった性質、オーディオ機器などに使われているテクノロジー、楽器、音楽製作の流れ、映画やテレビの演出として利用される音、さらに音のユニバーサルデザインまで、音のすべてがわかります。

著者 岩宮眞一郎
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-2921-4
発売日 2011/3/17
判型 A5
色数 2色
ページ数 304
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 音の物理学 ―音に関する基礎知識

1-1 音の正体

1-2 縦波と横波

1-3 純音

1-4 複合音

1-5 ノイズとインパルス

1-6 波長

1-7 屈折と回折

1-8 球面波と平面波

1-9 管の共鳴

1-10 ドップラー効果

1-11 うなり

第2章 聴覚の仕組み ―「聞く」ためのメカニズム

2-1 耳の構造

2-2 蝸牛の働き

2-3 聴覚情報の脳への伝達

2-4 聴覚フィルタ

2-5 難聴

第3章 音の大きさ ―音のチカラを伝える性質

3-1 音の大きさとデシベル

3-2 音の大きさの周波数依存性

3-3 マスキング

3-4 音の大きさとソーン

3-5 等価騒音レベル

第4章 音の高さ ―音楽を伝える性質

4-1 音の高さと周波数

4-2 場所説と時間説

4-3 変動音の高さ

4-4 音の高さの二面性

4-5 音階

4-6 音律

第5章 音色 ―音の感性を伝える性質

5-1 音色の特徴

5-2 音色因子

5-3 周波数スペクトル

5-4 協和と不協和

5-5 シャープネス

5-6 変動強度とラフネス

5-7 音声

5-8 擬音語

第6章 音の空間性 ―3D空間での音の機能

6-1 水平面の音の定位

6-2 正中面の音の定位

6-3 視覚の影響

6-4 コンサート・ホール

6-5 残響時間

6-6 両耳間相関度と拡がり感

6-7 コンサート・ホールのかたち

第7章 音のエンジニアリング ―テクノが担う音の伝達

7-1 オーディオ機器

7-2 スピーカの原理

7-3 オーディオ機器の特性

7-4 オーディオの歴史

7-5 デジタル・オーディオ

7-6 サラウンドの世界

7-7 圧縮技術とネット配信

第8章 環境の音 ―音がつくる環境、文化、社会

8-1 騒音

8-2 BGM

8-3 サウンドスケープ

8-4 音響生態学

8-5 音の環境教育

8-6 音楽と環境

第9章 楽器の音 ―音楽を作り出す道具

9-1 楽器の分類

9-2 エア・リード楽器―木管楽器(1)

9-3 リード楽器―木管楽器(2)

9-4 金管楽器

9-5 撥弦楽器

9-6 擦弦楽器

9-7 鍵盤楽器

9-8 打楽器

9-9 声楽

9-10 電気楽器、電子楽器

9-11 シンセサイザ

第10章 音楽制作 ―現代における音の錬金術

10-1 音楽制作

10-2 マルチトラック・レコーディング

10-3 PA

10-4 音楽制作に必要な音響機器

10-5 エフェクタ

10-6 音楽制作の現場

第11章 映画やテレビの音 ―画竜点睛は「音」だった

11-1 映像作品における音の役割

11-2 音の演出

11-3 音と映像の同期の効果

11-4 音楽のムードの利用

11-5 音のシンボリックな意味の利用

11-6 映像の世界で鳴っている音楽

第12章 音のデザイン ―音が支える豊かな社会

12-1 デザインと芸術

12-2 製品の音のデザイン

12-3 サイン音のデザイン

12-4 サウンドスケープ・デザイン

12-5 公共空間の音のデザイン

12-6 音のユニバーサル・デザイン

Column

ボイルの実験

音の速さ

三角関数

「音」で「音」を消す

フーリエの法則

叩けばわかる!

超音波とその応用

フォン・ベケシーとノーベル賞

人工内耳

モスキート音

ヘッドホン難聴

尺度の4水準

絶対音感

ピアノの音域

無限音階

音脈分疑

調性の崩壊

純正律のピュアな響きの秘密

音色の定義

SD法

共感覚

音色と音質

多次元尺度構成法

耳が二つある理由

腹話術効果

鳴き竜

「ワインヤード」は和製英語

位相スペクトルの違いが音色に影響を及ぼす

最初のフォーマット争い

ジューク・ボックス

カラヤンとCD

音響心理学とオーディオ

文化騒音

残したい音風景

鳴き砂

倍音構造の不規則な変動

サクソフォーンも木管楽器

さわり

エレキギター

名器「ストラディバリウス」の価値はいくら?

特徴的なビブラートを生み出す楽器もある

詩と音楽が結びついて「歌」は生れた

ボーカロイド

録音エンジニアの仕事

かぶり

THE LOVE ROCKS SPECIAL MAKING

サイレント映画でも「音」はあった

ナマオトの世界

ミッキーマウシング

ファンタジア

音の感性的側面と音のデザイン

機械音の快音化

ハーレー・ダビッドソンの挑戦

ハイファイなサウンドスケープ、ローファイなサウンドスケープ

PR

秀和システム