図解入門よくわかる 最新パワー半導体の基本と仕組み

概 要

注目のテクノロジー「パワー半導体」の基本と仕組みを豊富なイラストを使ってわかりやすく解説した入門書です。半導体の基礎知識がある人を対象に、パワー半導体とはどういうものか、その歴史や動作の原理、産業界から一般家庭までパワー半導体がどのように使われているのかの事例、用途や材料による分類、パワー半導体の基板材料となるシリコンやSiCの特徴や課題、ウェーハの作製法、将来パワー半導体に期待される役割などを解説しています。パワー半導体に関するビジネスに携わりたい人、パワー半導体を学びたいと考えてる人向けの入門書として、浅く広く全体的な知識を俯瞰しています。

著者 佐藤淳一
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2924-5
発売日 2011/4/22
判型 A5
色数 2色
ページ数 176
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 パワー半導体の全貌を俯瞰する

1-1 電子部品の中の半導体デバイスの位置付け

1-2 半導体デバイスから見たパワー半導体

1-3 パワー半導体を人体にたとえると?

1-4 パワー半導体の歴史を振り返る

1-5 シリコンのバイポーラ型半導体の発展

1-6 パワーMOSFETの登場

1-7 バイポーラとMOSの融合体IGBTの登場

第2章 パワー半導体の原理と動作

2-1 一方通行のダイオード

2-2 大電流のバイポーラトランジスタ

2-3 双安定なサイリスタ

2-4 高速動作のパワーMOSFET

2-5 エコ時代のIGBT

2-6 パワー半導体の課題を探る

2-7 パワー半導体とMOS LSIの違い

2-8 ここが違うパワー半導体プロセス

第3章 パワー半導体の用途と市場

3-1 NANDフラッシュを越える市場規模

3-2 上流から下流で活躍するパワー半導体

3-3 交通インフラとパワー半導体

3-4 自動車用パワー半導体

3-5 情報・通信にも欠かせないパワー半導体

3-6 家電とパワー半導体

第4章 パワー半導体の分類

4-1 用途で分類したパワー半導体

4-2 材料で分類したパワー半導体

4-3 構造・原理で分類したパワー半導体

4-4 大容量から小容量までのパワー半導体

第5章 パワー半導体用ウェーハに切り込む

5-1 シリコンウェーハとは?

5-2 シリコンウェーハの作製法の違い

5-3 メモリやロジックと異なるFZ結晶

5-4 なぜFZ結晶が必要か?

5-5 6インチ径も出てきたSiCウェーハ

5-6 GaNウェーハ の難しさ―ヘテロエピとは?

5-7 ウェーハメーカの動向

第6章 新しいシリコンパワー半導体と世代交代

6-1 パワー半導体の世代とは?

6-2 パワーMOSFETからIGBTへの変換

6-3 パンチスルーとノンパンチスルー

6-4 フィールドストップ型の登場

6-5 IGBT型の発展形を探る

6-6 IPM化が進むパワー半導体

6-7 冷却とパワー半導体

第7章 シリコンの限界に挑むSiCとGaN

7-1 シリコンの限界とは?

7-2 SiCのメリットと課題とは?

7-3 実用化が進むSiCインバータ

7-4 GaNのメリットと課題

7-5 GaNでノーマリーオフへ挑戦!

第8章 パワー半導体が拓く未来予想図

8-1 グリーンディール政策とパワー半導体

8-2 スマートグリッドとパワー半導体

8-3 メガソーラに欠かせないパワー半導体

8-4 燃料電池とパワーデバイス

8-5 21世紀型交通インフラとパワー半導体

8-6 期待される横断的テクノロジーとしてのパワー半導体

PR

秀和システム