図解入門ビジネス 最新 企業価値評価の基本と仕組みがよーくわかる本 IFRS対応

概 要

IFRSに対応した、企業価値評価に関する手法や計算方法などを初心者にも理解できるようやさしく解説した入門書です。株価決定やM&A(企業の合併・買収)のほか、経営陣自らが自社株を買収するMBO(マネジメント・バイアウト)など、企業価値評価が必要とされる場面は数多くあります。また、日本でも適用が予定されているIFRS(国際財務報告基準)は従来会計の枠組みと異なるため、企業価値評価の手法や考え方はますます注目を浴びています。本書ではIFRSのフレームワークや無形資産の評価で用いられるPPA(パーチェス・プライス・アロケーション)などの最新情報を盛り込みながら、企業価値評価で用いられる各種アプローチをわかりやすく解き明かしました。

著者 笠原真人
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2925-2
発売日 2011/3/24
判型 A5
色数 2色
ページ数 248
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 企業価値とは?

1-1 ますます注目される企業価値

1-2 企業価値とは

1-3 企業とは?

1-4 企業価値と経営者の役割

コラム 企業の資金調達とMBO

第2章 IFRSとは

2-1 世界各国で適用が進むIFRS

2-2 IFRSとは何か?

2-3 IFRSの財務諸表の体系

2-4 IFRSにおけるM&Aの会計 企業結合会計

2-5 無形資産に関する規定

コラム 貸借対照表の位置づけに関する歴史的経緯

第3章 企業価値評価のための基礎知識

3-1 財務諸表の体系

3-2 貸借対照表

3-3 損益計算書

3-4 キャッシュ・フロー計算書

3-5 IFRSでキャッシュ・フローは変わる?

3-6 現在価値

3-7 収益性を示す指標 財務分析(1)

3-8 財務リスクを示す指標 財務分析(2)

3-9 資本効率を示す指標 財務分析(3)

第4章 企業価値の評価方法

4-1 企業価値の評価方法

4-2 コスト・アプローチ

4-3 インカム・アプローチ

4-4 マーケット・アプローチ

4-5 リアルオプション

4-6 企業価値の評価方法を選ぶには

コラム 含み損益と企業価値評価

第5章 財務諸表を再構成する

5-1 財務諸表を分析する

5-2 投下資本の状況を把握する 貸借対照表の再構成

5-3 正常収益力を把握する 損益計算書の再構成

5-4 事業キャッシュ・フローを把握する キャッシュ・フロー計算書の再構成

コラム 投資資産の取り扱い

第6章 将来の業績予想とキャッシュ・フロー

6-1 事業計画を策定する

6-2 売上高、営業利益を予想する

6-3 運転資本を予想する

6-4 減価償却費、設備投資を予想する

6-5 資金調達をどのように行うか?

6-6 法人税等の計画

6-7 配当はどのように決める?

6-8 事業計画の整合性チェック

コラム IFRSと財務分析

6-9 利益からキャッシュ・フローへ

6-10 キャッシュ・フローの創造プロセス

6-11 企業価値評価のための事業キャッシュ・フローの想定

コラム IRと企業価値

第7章 資本コストの推定

7-1 資本コストの概念

7-2 株式リスクと期待リターン

7-3 ベータ値の推定

7-4 株主資本コストの算定

7-5 負債コストの推定

7-6 財務レバレッジ 資本構成の想定とWACCの算定

7-7 資本構成と企業価値 MMの無関連命題

7-8 資本コストに影響を与える要因 資本構成の変化と加重平均資本コスト

コラム 売却目的で保有する非流動資産と非継続事業

第8章 インカム・アプローチによる企業価値評価

8-1 DCF方式による企業価値評価の手順

8-2 キャッシュ・フローを現在価値に割引く

8-3 残存価値の算定

8-4 事業価値の算定

8-5 非事業投下資本の価値を算定する

8-6 企業価値の算定

8-7 超過収益力に基づく企業価値の算定 残余利益方式による企業価値評価

コラム 企業価値の創造と投資

8-8 資本構成の変化と企業価値 調整現在価値方式による企業価値評価

第9章 類似会社比準方式による企業価値評価

9-1 類似会社比準方式による企業価値評価の手順

9-2 類似上場企業の選定と財務分析

9-3 比準倍率を計算する

9-4 類似会社比準方式による企業価値評価

9-5 類似会社比準方式による分析結果

コラム 企業価値と株式時価総額

第10章 M&Aと企業価値評価

10-1 株式買収と株主価値評価

10-2 事業買収と事業価値評価

10-3 MBOと株主価値評価

10-4 会社法における「公正な価格」

10-5 プレミアムとディスカウント

10-6 企業価値の評価結果の分析

コラム MBOでの利益相反関係の解消

第11章 IFRSと無形資産の評価

11-1 IFRSとPPA

11-2 無形資産の評価方法

11-3 インカム・アプローチによる無形資産の評価

11-4 無形資産からの期待リターンを測定する

11-5 キャピタル・チャージ

11-6 無形資産に対する期待収益率と割引率の関係

11-7 無形資産の償却に伴う節税効果

11-8 評価の前提 無形資産の評価(1)

11-9 割引率(期待リターン率)を算出する 無形資産の評価(2)

11-10 商標権の価値を算出する 無形資産の評価(3)

11-11 顧客関連からのリターンを算出する 無形資産の評価(4)

11-12 顧客関連のキャッシュ・フローを算出する 無形資産の評価(5)

11-13 顧客関連の無形資産を評価する 無形資産の評価(6)

11-14 のれんを算定する 無形資産の評価(7)

コラム 日本におけるPPA

PR

秀和システム