図解入門 よくわかる 精神医学の基本としくみ ――メディカルサイエンスシリーズ

概 要

認知症やうつ病の仕組みなど、心と身体の関係がやさしくわかる精神医学の入門書です。「なぜ心が病気になるんだろう? 」「精神と脳、身体の関係は?」などの疑問に答えます。本書では、精神医学の基本と医学的検査や疾患の分類法などを解説したうえで、意識障害、認知症、てんかん、統合失調症、気分障害(うつ病と躁うつ病)、神経性障害、睡眠障害のそれぞれについて症例をまじえつつ図解でやさしく解説しています。現役の医学生、患者さんとその家族、さらに医学系、看護系、薬学系、臨床心理系、社会福祉系、学校教育系の学問や職にすすもうとしている人におすすめします。

著者 武井茂樹
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-2928-3
発売日 2011/3/31
判型 A5
色数 2色
ページ数 296
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門メディカルサイエンス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 精神と脳、身体

1-1 精神と脳、身体

1-2 脳の発生と進化

1-3 脳の構造と機能

1-4 脳とその他の身体

1-5 分子~細胞レベルの脳

Chapter 2 医学的諸検査

2-1 さまざまな検査

2-2 脳形態検査

2-3 脳機能検査

2-4 ミクロの検査

Chapter 3 精神・神経疾患の分類と診断

3-1 精神・神経疾患の分類

3-2 器質障害

3-3 内因性障害と心因性障害

3-4 器質障害と非器質障害

3-5 ICD-10とDSM-IV-TR

Chapter 4 意識と意識障害

4-1 意識とは何だろう

4-2 意識障害症例とその原因

4-3 意識の脳内機構

4-4 意識障害の検査

4-5 意識の量的な障害

4-6 意識の質的な障害

4-7 亜急性、慢性の意識障害

4-8 脳死と個人の死

Chapter 5 認知症

5-1 認知症とは何だろう

5-2 アルツハイマー型認知症

5-3 脳血管性認知症

5-4 レビー小体型認知症

5-5 プリオン病

Chapter 6 てんかん

6-1 てんかんとは何だろう

6-2 てんかんの原因

6-3 てんかんの検査

6-4 てんかんの4大類型

6-5 症候性局在関連てんかん

6-6 潜因性あるいは症候性全般てんかん

6-7 特発性全般てんかんと特発性局在関連てんかん

6-8 てんかんにともなう精神症状

6-9 てんかんの治療

Chapter 7 統合失調症

7-1 統合失調症とは何だろう

7-2 統合失調症の歴史的背景

7-3 統合失調症の原因

7-4 統合失調症の主要な症状

7-5 統合失調症のさまざまな症状

7-6 統合失調症の治療

7-7 統合失調症の経過と寛解

Chapter 8 気分障害(うつ病と躁うつ病)

8-1 気分障害とは何だろう

8-2 うつ病と躁病の症状

8-3 気分障害の病型と経過

8-4 気分障害の原因

8-5 うつ病の治療

8-6 躁うつ病の治療

Chapter 9 神経症性障害

9-1 神経症性障害とは何だろう

9-2 パニック障害

9-3 全般性不安障害

9-4 恐怖症

9-5 強迫性障害

9-6 心的外傷後ストレス障害

9-7 解離性障害と転換性障害

9-8 離人神経症

9-9 心気神経症

9-10 神経症性障害の検査

9-11 神経症性障害の治療

Chapter 10 睡眠障害

10-1 睡眠障害にはどのような障害が含まれるか

10-2 不眠症

10-3 ナルコレプシー

10-4 特発性過眠症

10-5 概日リズム睡眠障害

10-6 睡眠時随伴症(パラソムニア)

10-7 むずむず脚症候群と周期性四肢運動障害

10-8 睡眠時無呼吸症候群

Chapter 11 未来へ

11-1 分子・細胞レベルの研究の進展

11-2 人工知能とロボット

11-3 人工感覚

11-4 脳機能の解読

PR

秀和システム