図解入門ビジネス ソフトウエア契約の基本がよーくわかる本

概 要

ソフトウェア取引契約書作成のためのノウハウを基本からやさしく解説した手引き書です。ソフトウェアも商品であるため、取引においては契約を締結することが求められます。しかし、ソフトウェア取引の歴史が浅いこともあり、法的な整備が追いつかず、契約内容や契約の仕方が確立していないために曖昧な部分が多々あります。そこで本書では、ソフトウェア開発の特質を考慮した契約書の作成方法を具体例をあげて基礎から伝授。ソフトウェア開発委託取引、ソフトウェア使用許諾取引、保守取引、情報処理取引など、さまざまな形態にあわせた契約書の例を紹介します。各種契約書ひな形ダウンロードサービス付き。

著者 谷口功
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-2943-6
発売日 2011/4/9
判型 A5
色数 2色
ページ数 272
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

ソフトウェア取引契約の基礎知識

1-1 ソフトウェア取引の類型

1-2 ソフトウェア取引と契約

1-3 契約と契約書

1-4 契約と法律の関係

1-5 契約と著作権

1-6 保証、責任と契約

ソフトウェア開発の特質

2-1 適切なソフトウェア開発委託契約の締結のために

2-2 ソフトウェア開発はどのように進められるのか

2-3 契約を特有のものにするソフトウェア開発の特質

2-4 アジャイル手法によるソフトウェア開発

ソフトウェア開発委託取引とその問題点

3-1 取引契約の形態

3-2 ソフトウェア開発委託取引の契約

3-3 アジャイル手法によるソフトウェア開発の契約

ソフトウェア開発委託契約の締結

4-1 基本契約と個別契約

4-2 ソフトウェア開発委託契約の基本契約書

4-3 ソフトウェア開発委託契約の個別契約書

4-4 基本契約書で定める事項

4-5 上流工程の個別契約書に定める事項

4-6 請負契約による上流工程の個別契約

4-7 下流工程の個別契約書で定める事項

4-8 移行工程の個別契約書に定める事項

ソフトウェア使用許諾契約の締結

5-1 ソフトウェア使用許諾契約とは

5-2 ソフトウェア使用許諾契約とソフトウェアの使用権

5-3 ソフトウェア使用許諾契約に盛り込む主な事項

5-4 ソフトウェア使用許諾契約

5-5 ソフトウェア使用許諾契約で定める事項

保守契約の締結

6-1 ソフトウェア開発委託契約後の保守

6-2 ソフトウェア開発委託契約後の保守契約

6-3 ソフトウェア開発委託契約後の保守契約書で定める事項

6-4 ソフトウェア使用許諾契約に伴う保守サービス

6-5 ソフトウェア使用許諾契約に伴う保守契約

6-6 ソフトウェア使用許諾契約に伴う保守契約で定める事項

情報処理委託契約

7-1 情報処理委託契約とは

7-2 ソフトウェア開発および情報処理委託契約の基本契約書

7-3 バッチ処理の個別契約書

7-4 リアルタイム処理の個別契約書

7-5 ソフトウェア開発および

情報処理委託基本契約書で定める事項

7-6 バッチ処理の個別契約書で定める事項

7-7 リアルタイム処理の個別契約書で定める事項

コラム

通常損害と特別事情による損害

瑕疵担保責任と債務不履行責任

委任契約と準委任契約

単価方式

当事者名の書き方

ユーザーによる保守

PR

秀和システム