図解入門 よくわかる 痛み・鎮痛の基本としくみ

概 要

体の痛みと鎮痛のしくみをイラストや図表を豊富に使ってわかりやすく解説した入門書です。病院を受診する動機で一番多い症状は「痛み」です。しかし、痛みは主観的な感覚であるため、説明が難しいものです。そこで本書では、痛みのしくみを基本から解説。痛みはどのように伝わるのか、痛みと天気・しびれの関係、内臓・関節・歯の痛みのしくみ、痛みを抑える物質、病院でもらう痛み止めの種類など、誰もが知りたい役立つテーマを幅広く取り上げました。ストレス鎮痛や内臓痛、トリガーポイントなど注目のトピックも満載。医療関係者からスポーツ愛好者や指導者、リハビリテーションを学びたい方まで役にたつ一冊です。

著者 伊藤和憲
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-2946-7
発売日 2011/4/22
判型 A5
色数 2色
ページ数 232
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 痛みのメカニズム

1痛みは人にとって必要か?

2痛みはどのように伝わるのか?

3痛みの発電所?受容器とは?

4痛みを感じるセンサー?受容体とは?

5痛みを伝える電線?神経とは?

6痛みの中継基地?後根神経節とは?

7痛みの変電所?脊髄のしくみ

8痛みを脳へ伝える第二の電線

9痛みセンター?脳のしくみ

10痛みを起こす悪者たち

11痛みを起こす悪者の共同作業

12痛みを伝えるだけじゃない!

13痛みを感じるだけじゃない!

14痛みストレスによって起こる様々な症状

15生活で感じる痛みの疑問(1) 痛みと天気

16生活で感じる痛みの疑問(2) 痛みと感情

17生活で感じる痛みの疑問(3) 痛みとかゆみ

18生活で感じる痛みの疑問(4) 痛みとしびれ

19生活で感じる痛みの疑問(5) 痛みと熱さ

20病態と痛み(1) アロディニアと痛覚過敏

21病態と痛み(2) 組織炎症

22病態と痛み(3) 神経損傷時の痛み

23病態と痛み(4) 神経再生時の痛み

24病態と痛み(5) NMDA受容体

25病態と痛み(6) BDNF

26病態と痛み(7) ミクログリア

27病態と痛み(8) 交感神経

28痛みは本当に共感できるのか?

29痛みを共感しよう(1) 痛みの測定

30痛みを共感しよう(2) 痛みの評価

31痛みを共感しよう(3) 動物の痛み

コラム 痛みの経済学

Chapter2 痛みの種類

1痛みは一言では語れない

2痛みを刺激の種類で分類する

3痛みを感覚で分類する

4痛みの時期でこんなに違う

5怪我をすると痛いのはなぜ?

6怪我が治っても痛いのはなぜ?

7痛みを原因で分類する

8侵害受容性慢性疼痛とは?

9神経障害性疼痛とは?

10心因性疼痛とは?

11慢性化のメカニズム

12痛みの起こる部位で痛みを考える

13皮膚の痛みとは?

14筋肉の痛みとは?

15内臓の痛みとは?

16関節の痛みとは?

17骨の痛みとは?

18歯の痛みとは?

19軟部組織の痛みとは?

コラム 痛み治療と現代の医学

Chapter 3 痛みを抑える色々な方法

1身体には痛みを抑える力がある!

2手でさすれば痛みが治まる!

3全身を刺激して痛みを抑える!

4痛みを調整する物質たち

5痛みを痛みで抑える!

6鎮痛システムはまだまだある!

7ストレスと痛みの関係

8痛みの治療

9お医者さんがくれる痛み止め(1) 抗炎症薬

10お医者さんがくれる痛み止め(2) ステロイド

11お医者さんがくれる痛み止め(3) オピオイド系鎮痛薬

12お医者さんがくれる痛み止め(4) 抗うつ薬

13お医者さんがくれる痛み止め(5) 抗てんかん薬

14お医者さんがくれる痛み止め(6) その他の鎮痛薬

15注射で痛みをとる!

16電気を流して痛みをとる!

17話を聞いて痛みを緩和する

18身体を動かして痛みをとる!

19薬草で痛みをとる!

20ツボを刺激して痛みをとる!

21身体をほぐして痛みをとる!

22食事で痛みをとる!

23まだまだ他にもある痛みの対処法

24どの治療をどの疾患に生かすのか?

コラム 痛みと生活習慣

Chapter4 痛みの診断

1痛みの原因を探る

2頭が痛い

3顔が痛い

4顎が痛い

5首が痛い(肩こり)

6肩が痛い

7手や腕が痛い

8胸が痛い

9お腹が痛い

10腰が痛い

11下肢が痛い

12膝が痛い

13足が痛い

14全身の痛み

15癌による痛み

16心の痛み

コラム 痛みの原因を見つけるよりも大切なもの

Chapter5 痛みの鉱脈を掘り当てる

1痛いところは本当に悪いのか?

2お腹を押して盲腸を見抜く?内臓痛と圧痛点

3どうやって内臓の病気を診断するの?

4どうやって内臓の病気を治すの?

5筋肉を押して肩こりを治す

6どうやって筋肉の病気を診断するの?

7どうやって筋肉の痛みを見つけるの?

8どうやって筋肉の痛みを治すの?

9筋肉の痛みが怖い本当の理由

10肩こりの見極め方

11五十肩の見極め方

12腰痛の見極め方

13膝痛の見極め方

参考資料

肩こり・五十肩の分析に使われる動作の基本的な動き

肩こり・五十肩が疑われる際に行う動作分析

腰痛・膝痛の分析に使われる動作の基本的な動き

腰痛・膝痛が疑われる際に行う動作分析

PR

秀和システム