図解入門よくわかる 最新 断熱・気密の基本と仕組み

概 要

「断熱」と「気密」は、建物における"熱の出入り"をコントロールする大切な性能です。建物内における快適性・省エネ性・耐久性・シックハウス問題など、ランニングコストや住む人の健康に直結する問題をつかさどる機能を果たしています。本書では、断熱・機密の基本知識を解説するとともに、関連する用語や制度、設計方法や施工のポイントを図解でやさしく解説しています。さらに、断熱・気密と深く関係している建物内の「換気」と「結露」についても丁寧に解説しています。また、巻末資料として「断熱性能の地域区分一覧」「熱抵抗値を得るための断熱材の厚さ早見表」「各部位の熱貫流率の基準」など、設計に必要なデータを掲載。実務にスグに役立つ1冊です。

著者 堀清孝
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2965-8
発売日 2011/5/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 280
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 断熱を考える前に

1-1 日本は、暖かくなっているのか?

1-2 熱帯夜はいつまで続く?

1-3 昔の家は暖かい?

1-4 都会の夏は床暖房仕様

1-5 太陽をあなどってはいけない

1-6 体感温度・表面温度・気温

1-7 住宅断熱の目的と効果

1-8 家計にやさしい断熱

コラム 右肩上がりの電力消費

第2章 断熱の基礎知識

2-1 先入観をなくそう

2-2 自然界の材料と特性

2-3 昔の知恵が生きている

2-4 近年の断熱性能の変遷

2-5 熱の逃げていく割合とその対策

2-6 窓とガラスの断熱性能比較

2-7 断熱材はどこに必要か

2-8 断熱材の種類と特性

2-9 断熱材の種類と注意点

2-10 内断熱と外断熱

2-11 熱橋とは?

コラム 使い分けようLow-Eガラス

第3章 断熱の用語と制度

3-1 熱伝導率と熱抵抗(R値)

3-2 熱貫流率(U値)

3-3 熱貫流率計算の実際

3-4 Excelを使った熱貫流率計算

3-5 熱損失係数(Q値)

3-6 Q値計算の概要

3-7 相当すき間面積(C値)

3-8 性能表示制度

3-9 長期優良住宅

3-10 フラット35、35S

コラム マンションと戸建て住宅の違い

第4章 断熱の計画と設計

4-1 断熱性能の基準

4-2 地域区分

4-3 省エネルギー法・改正概要

4-4 3つの設計方法

4-5 仕様規定で設計しよう

4-6 断熱材区分と適切な使用部位

4-7 早見表で調べる

4-8 熱抵抗値で調べる

4-9 窓とドアの選択(冬期対策)

4-10 日射侵入率、早見表

4-11 トレードオフ制度(屋根、天井)

4-12 トレードオフ制度(壁・床)

4-13 トレードオフ制度の留意点

4-14 結露に強い壁を作る(防露基準)

4-15 透湿抵抗比を使ってみよう

4-16 断熱とコスト

コラム 技術は止まっていない

第5章 断熱工事のポイント

5-1 断熱・気密・防湿の基本

5-2 マット状断熱材の施工ポイント

5-3 軸組工法・充填断熱のポイント

5-4 軸組工法・天井、外壁の注意点

5-5 軸組工法・間仕切り壁の注意点

5-6 すべての工法共通の注意点

5-7 床と天井、屋根の注意点

5-8 2×4工法・充填断熱のポイント

5-9 鉄骨造の断熱工法のポイント

5-10 RC造の断熱工事のポイント

5-11 外張断熱工法のポイント

5-12 正しい浴室断熱

5-13 基礎断熱のポイント

コラム マンションvs.戸建てQ値比較

第6章 注意していたつもりでも結露が発生

6-1 結露はなぜ起こる

6-2 飽和水蒸気曲線の見方

6-3 結露が窓下に起こる理由

6-4 ペアガラスだから結露しない

6-5 なぜ換気なの?

6-6 マンションの結露対策

6-7 戸建て住宅の結露対策

6-8 戸建て住宅、断熱の施工不良

6-9 カビの発生メカニズム

コラム よくある間違った通気解釈

第7章 内部結露の心配

7-1 内部結露と時代背景

7-2 材料の透湿抵抗

7-3 結露の怖さ、飽和水蒸気量を知れ

7-4 工事の現実

7-5 工法への疑問

7-6 均衡を保つ自然界

7-7 ビニールクロスという堤防

7-8 材料と気温の同化を忘れるな

7-9 内部結露-本当の怖さ・気化熱

7-10 道具を使った簡単チェック法

コラム 自然界の法則

第8章 遮熱材って何?

8-1 熱の移動3原則

8-2 遮熱とその効果

8-3 遮熱材の分かりにくさ

8-4 遮熱材に関するミニ実験

コラム 熱源-太陽と地球の恵み

第9章 換気計画

9-1 換気の種類と方法

9-2 機械換気のいろいろ

9-3 機械換気-比較

9-4 換気方式とコスト

9-5 熱交換器のメリット

9-6 特殊な換気扇

9-7 吸気口からの風が寒い

コラム 本当の快適さは湿度管理から

第10章 断熱の雑学

10-1 建物の中にある輻射熱源

10-2 やってみよう、全館冷暖房

10-3 エアコン配置の鉄則

10-4 隠蔽配管のメリット・デメリット

10-5 エアコンスリーブはあとか先か

10-6 窓は断熱カーテンとすだれがおすすめ

10-7 暑さ、寒さを防ぐカーテン技法

10-8 戸建て住宅特有の対策

10-9 古い家の断熱工事の不良箇所

10-10 やってみよう。断熱リフォーム

10-11 3階建ての断熱計画

10-12 エコラベルの話

コラム 省エネの行く先

巻末資料

資料1 次世代エネルギー基準の地域区分

資料2 新省エネルギー基準の地域区分

資料3 断熱材の熱伝導率と断熱材区分

資料4 熱抵抗値を得るための断熱材の厚さ早見表

資料5 地域別の必要な熱抵抗値(次世代省エネルギー)

資料6 地域別断熱材の必要厚(早見表)

資料7 各部位の熱貫流率の基準(次世代省エネルギー)

資料8 建具の基準

資料9 材料の透湿抵抗

資料10 材料の熱伝導率

資料11 飽和水蒸気曲線

PR

秀和システム